« GWの予定をたてる | トップページ | ジャック・スミス »

大画面の醍醐味ーー『LIFE!』『オール・イズ・ロスト〜最後の手紙〜』

毎月14日はTOHOシネマズデイで、TOHO系の映画館は1100円(増税で100円上がった)で映画を観ることができる。
お得な時には効率よくハシゴしたいってことで、有楽町・日比谷にあるTOHO系9館のスケジュールをチェック!が、観たい映画がうまくハマらないの。どうしても間が1時間以上空いてしまって、出かけられる時間内で2本しか観られない。六本木とか日本橋まで射程にいれても、移動時間を考えるとどうしてもうまくハマらない。

しょうがないんで2本。TOHOシネマズ日劇3で『LIFE!』とTOHOシャンテ3で『オール・イズ・ロスト〜最後の手紙〜』。

『LIFE!』
予告編をチラ見する限りあまり好みではなさそうで観るのをためらってて、始まってしばらくはやっぱり苦手かもーと思いながら観てた。真顔のベン・スティラーの引き締まった体が動き出す瞬間が美しくて、だんだんハマる。すっきりさわやか不思議な手触りは、けっこう好きかも。むやみに感動を盛り上げないことが好ましく、そして、現実が妄想に勝っていくのにはやはり感動。

話し的にはほぼ最初の段階でオチまで分かってしまうようなものだけど、オールド・スクール(ヒロインの台詞にある)でいいじゃない。NYからグリーンランドへ。ヘリコプターで船へ。船からアイスランドへ。自転車、駆け足、スケボー。アイスランドの美しい景色をスケボーで滑走する場面の素晴らしさに、スクリーンで観る楽しさ満喫。音楽に詳しくない自分でも楽しい曲の数々。妄想と現実が溶け合った『スペース・オディティ』にグッときた。壮大な風景のギンギラ美しい色合いは愛用してたコダクロームを思い出して、それにもしんみり。フィルムで写真撮りたいなぁ。ショーン・ペンのカメラはF3/Tだった。

でも、25コマ目はあれでいいのかなぁ。普通であるからこそ、もの凄い感動にはならなくて(あのいけ好かない人たちが素直に表紙にするのもホントかなと思ったり)だからいいのかもしれないけど。

『オール・イズ・ロスト ~最後の手紙~』
たった一人の俳優を信頼した監督と、それに応えたロバート・レッドフォードと。どちらも凄い。ほとんど台詞なしのロバート・レッドフォードで106分。大海原とヨットと男。次々と襲って来る自然の猛威に、やるべきことをやるだけと、淡々と作業する、その積み重ねに引き込まれ、最後は自分と向き合わされてしまう。老いたロバート・レッドフォードのすこしおぼつかない、でも確実な手さばきに見入った。

大自然の猛威を表す、嵐、暴風、大波、浸水、ヨットの軋む音。疑似体験できるのは、大画面と大きな音に包まれて観なくちゃダメ。シャンテは小さめなので、物足りなくはあるけれど、やっぱり映画館で観たい映画。

遭難ものというだけじゃなく、孤独との闘いに『ライフ・オブ・パイ』を。波の音、ヨットの軋む音、風の音に『リヴァイアサン』を思い出した。

« GWの予定をたてる | トップページ | ジャック・スミス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/59519709

この記事へのトラックバック一覧です: 大画面の醍醐味ーー『LIFE!』『オール・イズ・ロスト〜最後の手紙〜』:

« GWの予定をたてる | トップページ | ジャック・スミス »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ