« 2012年2月まとめ | トップページ | 『ニーチェの馬』  »

『三月大歌舞伎』昼の部 新橋演舞場

実はそれほど期待してなかったのだけど、とても良かったので得した気分。

「荒川の佐吉」の染五郎が良かった〜。

 「荒川の佐吉」
私は仁左衛門ファンなんだが、仁左衛門の佐吉はあまり好きじゃなかった。格好良過ぎてあまり三下っぽくないし、他の役者との釣り合いが悪いというのも理由のひとつ。が、こういう泣かせる芝居の仁左衛門があまり好きじゃないのだ。分かりやすいといえばそーなんだが、その芝居を少々あざとく感じてしまうのだ。そりゃあ泣く。卯之吉は健気だし、辰五郎の律儀な友情には胸熱くなるし。染五郎が演る辰五郎とのコンビは、とても良かったけど。

で、その染五郎が、今月は佐吉。若々しくて、柄にあった三下の雰囲気がぴったりハマる。定職を捨ててヤクザ渡世に身を転じた男のあがきや、生来持ってる人の良さが素直に伝わってくる。親分のお嬢さんとのやり取りも無理なくて、お嬢さんのプライドを傷つけたの良く分かったし。(梅枝良かった。)
真山青果の台詞がすんなり腑に落ちて、素直に泣けた。

大事な弟分辰五郎は亀鶴だった。押さえるところはきっちり押さえた芝居で上手いんだが、もう少し前に出てきてもいいんじゃないか。

梅玉、福助も良かったし、とても面白かった。

荒川の佐吉:染五郎、丸総女房お新:福助、隅田の清五郎:高麗蔵、大工辰五郎:亀鶴、極楽徳兵衛:宗之助、お八重:梅枝、鍾馗の仁兵衛:錦吾、成川郷右衛門:梅玉、相模屋政五郎:幸四郎

「仮名手本忠臣蔵」九段目 山科閑居
藤十郎の戸無瀬と福助の小浪の組み合せが良かった。どちらもこってり系なので、相性良いのかも。気合いの入った2人組に対する時蔵のお石もきっぱりしてて良し。

最近、あまり配役とか気にしないで観てるので、「由良之助誰かな〜」とぼんやり考えてたら菊五郎が出てきたのでちょっとビックリ。染五郎が力弥。

戸無瀬:藤十郎、大星由良之助:菊五郎、小浪:福助、大星力弥:染五郎、お石:時蔵、加古川本蔵:幸四郎

2012.3.9 新橋演舞場にて

« 2012年2月まとめ | トップページ | 『ニーチェの馬』  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/54191170

この記事へのトラックバック一覧です: 『三月大歌舞伎』昼の部 新橋演舞場:

« 2012年2月まとめ | トップページ | 『ニーチェの馬』  »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ