« 『壽 初春大歌舞伎』昼の部 | トップページ | 2012年1月まとめ »

2011年6月まとめ

2011年を思い出すのも、やっと半分まで。

シネマヴェーラ“加藤泰傑作選”で何本か観て、一番好きなのは『沓掛時次郎 遊侠一匹』だった。錦之助!ラストの余韻までの全てが心に残る。

ずっと観たかったエレム・クリモフ監督『炎628』。やっぱりソ連映画好きだ。幻想的でもあり、生々しくもあり。

イメージフォーラム“クロード・シャブロル未公開傑作選”の三本はどれも素敵だったけど、『悪の華』の軽やかな不穏さにクラクラ。『甘い罠』のイザベル・ユペールにクラクラ。

女子高演劇部の清々しい情熱に胸熱くなった長崎俊一監督『少女たちの羅針盤』。芝居の場面も上手くて、予想以上に引き込まれた。ミステリ仕立てがジュブナイルっぽく感じる世代。。

“パン・ホーチョン、お前は誰だ?”で2本。『ドリーム・ホーム』も面白かったけど、『ビヨンド・アワ・ケン』は、その捩れ具合にグッときた。

もうすぐ劇場公開されるオタール・イオセリアーニ監督『汽車はふたたび故郷へ』。子供時代から青年時代へ繋がる後ろ姿。汽車。大好き。原題のCHANTRAPASを日本語で表すのは難しかったのかな。監督の素敵な歌声を聞くことができたし、幸せなトーク付き上映だった。

爆音映画祭で何本か。“ヘルツォーク傑作選”でも何本か。映画祭や特集上映や名画座とか、新作も観たいし。

☆☆☆☆☆(素晴らしい/ものすごーく好き/何回でも観たい)

沓掛時次郎 遊侠一匹
炎628
悪の華
甘い罠
少女たちの羅針盤
ビヨンド・アワ・ケン
汽車はふたたび故郷へ(原題:CHANTRAPAS)
エレメント・オブ・クライム
アギーレ/神の怒り
ミレニアム・マンボ
バラベント
武器庫

☆☆☆☆(良かったよー/とっても好きだ)

美しき棘
太陽を盗んだ男
瞼の母
ドリーム・ホーム
アリス・クリードの失踪
My Son,My Son,What Have Ye Done
マチェーテ
恐怖女子高校 暴行リンチ教室
母娘監禁 牝
荒木又右衛門 決闘鍵屋の辻
光のほうへ
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地大乱

☆☆☆(フツーに楽しめた+アルファ)

濡れた壷
男の顔は履歴書
愛する人
ソーシャル・ネットワーク
狂った野獣
右側に気をつけろ
レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー
処刑剣 14 BLADES
キンスキー、我が最愛の敵
死者との結婚
消えたシモン・ヴェルネール
風の武士
怪談
三つ首塔
AV
アイ・スピット・オン・ユア・グレイウ゛
七発目の銃弾
ジプシーは空にきえる

☆☆○(楽しめた/でもイロイロ文句あり)

マーラー 君に捧げるアダージョ
吸血蛾
軽蔑
ショパン 愛と哀しみの旋律

★再見作&ワタクシ的殿堂入りな作品なので、番外。大好きー。

ゴジラ
ブロンド少女は過激に美しく
夜よ、こんにちは

(2012年1月9日)

« 『壽 初春大歌舞伎』昼の部 | トップページ | 2012年1月まとめ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/53690584

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年6月まとめ:

« 『壽 初春大歌舞伎』昼の部 | トップページ | 2012年1月まとめ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ