« 『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』 | トップページ | 2011年1月まとめ »

『イップ・マン 葉問』を観なければ

新宿武蔵野館で『ラスト・ソルジャー』観たついでに、『イップ・マン 葉問』の前売り券を買った。劇場で買うとイップ師匠キューピーかホン師匠キューピーが付いてる。レッド・クリフの時も、キューピーだったよな。孔ピーとか周ピーとか。その時は早々に売り切れてもらえなかったのだけど。

ブルース・リーの師匠という、イップ・マンの人生を描く『イップ・マン 葉問』には、『イップ・マン 序章』という前作がある。今年の東京国際映画祭では2作品とも上映されて、序章のほうが面白いという評判もチラホラ。
なんだけど、2作品とも公開されるんではなくて、『イップ・マン 葉問』の動員が5000人を超えたら、『イップ・マン 序章』が公開される、んですと。
新宿武蔵野館は、公開後すぐに観ないと小さいスクリーンになってしまうので、早めに観よう。
公開は、2011年1月22日。

公開熱烈希望!!というわけで、久しぶりにブログ書いてみたり。

とにかく、ドニー・イェンとサモ・ハンの共演は楽しみ。サモ・ハンは、1949年生まれですと。

新宿武蔵野館のサイトは、ここ。

公式サイトは、ここ。

Ip_man

« 『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』 | トップページ | 2011年1月まとめ »

コメント

1月22日(土)より、映画「イップ・マン」が公開されることとなった。全国ロードショーって言ったって東京と大阪の2館のみの上映です。激ショボ!

実はこの映画香港では「葉問2」なのだ!

東京は新宿武蔵野館
大阪はシネマート心斎橋

観客が5000人を越えたら「イップ・マン序章」つまり1作目の「葉問」を公開するらしい。

というわけで香港では空前の詠春拳ブームです。

詠春拳ならこの話題…

2010年9月、鳴り物入りで刊行された話題の「眞傳 詠春拳教本」に待望の最新号となる第2号が刊行された。今号では第1号に続いて更に詠春拳が詳細に解説される。これを読めば詠春拳の全てが分かるマニア垂涎の一冊である!

http://miruhon.net/news/2010/12/post_759.html

http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=519

各方面に大好評であった「眞傳 詠春拳教本」第1号の刊行から3ヶ月―遂にその続編となる「眞傳 詠春拳教本」第2号が刊行された。今号では第1号で紹介された基本套路、小念頭第1節に続いて第2号第3章小念頭套路では、小念頭第2節を紹介する。

黄淳樑派詠春拳において小念頭第2節の多くは力業である剛法中心の構成となっている。剛法で相手をねじ伏せる為には詠春拳の基本に忠実に実行する必要がある。今回強調される剛法を実行するためには「一攤三伏」と呼ばれる訓練を継続実施する事で達成される。よって第4章小念頭講解では剛法のためには必須となる「一攤三伏」の訓練法の詳細が明らかにされる。

また、今号の特徴は対比として洪拳の姿勢や訓練法が紹介されている。詠春拳の場合と洪拳の場合がつまびらかに解説されており詠春拳だけに留まらず、広東系南派少林拳の全体像にも迫る内容となっている。是非洪拳と比較・検討してその違いを理解してもらいたいと考える。表紙の巻頭コピーはそんな意味である。


遂に出来ました。お知らせいたします。

また、無料のお試し版もありますのでダウンロードしてお楽しみ下さい。

http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=495

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/50279676

この記事へのトラックバック一覧です: 『イップ・マン 葉問』を観なければ:

« 『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』 | トップページ | 2011年1月まとめ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ