« 『倫敦から来た男』 | トップページ | 『カティンの森』 »

『二月大歌舞伎』昼の部

“十七代目中村勘三郎二十三回忌追善”です。

201002_kabukiza
一、「爪王(つめおう)」 長唄囃子連中 戸川幸夫作 平岩弓枝脚色
日本昔話ってかんじの美しい舞台だった。長唄も美しい。
鷹匠と白鷹。吹雪という名の美しい鷹は七之助。悪い赤狐を退治するよう頼まれて、戦うが、、というお話し。狐の勘太郎も美しげな拵えなものだから、戦う最中に恋が芽生えて禁断の恋に、、と勝手に思いながら観ていたんだが、そーではなくやはり昔話風。赤狐なんだから、衣裳も赤っぽくしたほうが良かったのでは。赤い狐って難しそうだけど。

二、平家女護島「俊寛(しゅんかん)」近松門左衛門作
俊寛は勘三郎。案外あっさりとした俊寛。ヨロヨロもわざとらしくないし。若い頼康や成経に慕われる情の深さも感じられ、自ら島に留まる決意をするのにも納得なんだが、船出前に全て諦めてるかんじがありあり。幕引きのタイミングが難しそう。
梅玉の丹左衛門はすっきり、良い。左團次の瀬尾はいつも通り憎々しい。七之助の千鳥は元気あり過ぎやり過ぎ気味。福助に教わったのかな?

さよなら公演で絶対に掛かると思ってた人気演目なんだが、でもやっぱり好きじゃないみたい。俊寛の心に寄り添って気持ちが上がったり下がったりすることができないので、ちょっと退屈気味。

三、十七代目中村勘三郎二十三回忌追善「口上(こうじょう)」
しばらく休演していたと聞いていた芝翫だが、先代との関わりとか当代が娘婿で云々とか孫も、、などなどたくさん語っていた。声は小さかったけどお元気そうで何より。仁左衛門、玉三郎、三津五郎と、いろいろなエピソードがたっぷりと語られ、先代が愛されていたことを実感。
前回の追善はいつだったか。当時は勘九郎だったと思う。

四、「ぢいさんばあさん」 森鴎外原作 宇野信夫作・演出
夫婦の情愛を描いてベッタベタの展開なんだが、だからこそ役者の芝居がものを言う。仁左衛門と玉三郎の夫婦に気持ちよく泣かされた。

一幕目でおしどり夫婦の甘い別れをみせ、二幕目では帰れなくなる事件が起き、三幕目で三十七年ぶりの再会となる。
伊織の鼻をさわるクセ。るんから渡されたお守り。坊やの死。三十七年という長い年月を経た二人を表す分かり易いあれこれに泣ける。

仁左衛門の伊織は可愛いく格好良く、るんの玉三郎も美しく、ベストな配役。年取った伊織も可愛らしい仁左衛門なんだが、玉三郎は老けメイクが凄過ぎでちょっと怖い。特殊メイクにし過ぎでは?
脇も充実。昼の部はこれで大満足。

美濃部伊織:仁左衛門、下嶋甚右衛門:勘三郎、宮重久弥:橋之助、妻きく:孝太郎、石井民之進:市蔵、戸谷主税:桂三、山田恵助:右之助、柳原小兵衛:秀調宮重久右衛門:翫雀、伊織妻るん:玉三郎

Kabukiza_74

あと74日の歌舞伎座。やっぱり名残惜しい気持ちが一杯。
今までは大千穐楽に興味なかったんだが、口上を聞いたりしているうちに気持ちが盛り上がってきた。とりあえず来月の発売日には取る努力だけでもしようと思う今日この頃。

2010.2.16 歌舞伎座

« 『倫敦から来た男』 | トップページ | 『カティンの森』 »

コメント

芝翫さん、復活されてたのですね。
私が見た7日はお休みでした。

伊織がなんとなくいつもと違うぞって感じを受けたのは
追善興行だから先代勘三郎写しになってたからなのか
と帰りの新幹線で番付のインタビュー読んで思ったことでした。

鷹の上臈と狐の貴公子、私も禁断の恋なのかなぁ
とちょっと期待しましたです。

ありのみさん、こんにちは。
遠征されていたのですね。お疲れさまです。
伊織いつもと違うと思われたんですね。
可愛さ増量なのは、仁左衛門さまが年取ったから?とか思ってたんですが。
筋書は最近買わないんですが、最後だし記念に買おうかな。

あの兄弟は美しげで良いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/47586199

この記事へのトラックバック一覧です: 『二月大歌舞伎』昼の部:

« 『倫敦から来た男』 | トップページ | 『カティンの森』 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ