« 『レンブラントの夜警』 | トップページ | 2010年1月のまとめ »

『二月大歌舞伎』夜の部

当月は、“初代松本白鸚二十七回忌追善”でございます。

2008_feb_kabukiza

一、「寿曽我対面(ことぶきそがのたいめん)」
華やかに役者たちが居並ぶゆったりとした一幕。
3階から観ているせいか、その場所まで行ってから台詞を言うのねーとか、あの人の動きを待っているのねーとか、段取りっぽい間の悪さが目についてかったるい。
何回か見ている演目だけど今回は特に気になったので、まだ初日から間がない(2/7観劇)せいなんだろう。
曽我兄弟が花道から登場。“大和屋””成駒屋”の掛声で想像していたのとは逆の配役。失礼しました。
実際に舞台に立ってしまえば、背の高さも実年齢も気にならないのが歌舞伎というもの。三津五郎は格好良かった。

二、初代松本白鸚二十七回忌追善 「口上(こうじょう)」
雀右衛門、幸四郎、吉右衛門、染五郎、松緑の五人だけ。
幸四郎がしゃべるしゃべる。こじんまりとした口上なのは、故人が派手派手しいことを嫌ったからとのこと。”ヴァレンタイン”と”手術”のエピソード。
雀右衛門を紹介して「87歳、、」などと言ったものだから、場内がざわつく。でもそのせいで「初代幸四郎」って言ったのも、無事スルーだった?
最後に、幸四郎が今月の演目について紹介。いつ初演しただの、父との所縁はどうだの、立て板に水とはこういうこと。「鏡獅子」は白鸚とは縁がないが、新しい高麗屋の門出を見守ってください、で締め。

三、一谷嫰軍記 「熊谷陣屋(くまがいじんや)」
幸四郎の歌舞伎は苦手だと思っていたけれど、すんなりと心に入ってきて感動。

主君の命に従って我が子の首を差し出すという、非情な話。
幸四郎の悲壮な様子は、恩義ある藤の方の子敦盛を討ったことによると見えて、実の子を殺めたためだった。

息子の初陣を心配して陣屋まで駆けつけた妻相模。息子を殺され、その首を見せられるまでそのことを知らず、しかも夫直実はそのまま出家してしまう。妻の気持ちを考えると、やりきれないよなと思って観ていたのものだけれど、そうしなければならなかった直実の無常の気持ちが伝わってきた本日。妻にも明かされぬ共有できない胸の内が無常。
「十六年は一昔」の台詞にはじんときた。3階からだったので、引っ込みが最後まで観られず残念。

おまけ)首実検のところで、相模がハッとした瞬間、隣に座っていたオネーサマが号泣。ハンカチを口にあてて嗚咽してました。凄い。でも、一瞬でそこまでいかれちゃうと、隣席のワタクシとしては冷静になってしまうのでした。

四、新歌舞伎十八番の内 「春興鏡獅子(しゅんきょうかがみじし)」
染五郎の女形姿を観るのは初めてだと思う。
もの凄ーく美しいのにびっくり。こんなに綺麗な女形は若手には少ないので、転向しちゃえば良いのにと一瞬思ったけど、声が今ひとつだからなー。
小姓弥生は、固いかんじが初々しくもあり、飽きずに鑑賞。
獅子の精は、若々しくて素敵。先月も「連獅子」で、先月から毛を振りっぱなしな染五郎。

あ、胡蝶の精が二人とも可愛らしかった。“高砂屋”“高麗屋”と声がかかっていたような気が。筋書き未購入なので確認できず。

2008.2.7 歌舞伎座にて(公演情報

さらにおまけ)対面の後で、後席の方。「けしょうざかのしょうしょうが、、」。えっ。結構大きな声でお話ししてて、歌舞伎に詳しいかんじだったけど。思わず、体が向いてしまうところ。

« 『レンブラントの夜警』 | トップページ | 2010年1月のまとめ »

コメント

染、きれいだったよネ。

胡蝶の一人は梅丸、梅玉の部屋子らしい。
もうひとりが、わたしもわかんない。
いわいさん同様、筋書き買わないもんで(^^;)

pyokoさん、こんばんは。

あら、pyokoさんも染をキレイだと思いましたのね。否定される人も多いかと思ってたので、うれしいです。
梅玉の部屋子なんですか。それが高砂屋ですね。
どこぞの御曹司なのか、それにしてはチラシに名前がないしな、と不思議に思っていたのでした。

筋書きは仁左衛門サマご出演の時だけ買います。整理が面倒くさいんですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/40193153

この記事へのトラックバック一覧です: 『二月大歌舞伎』夜の部:

« 『レンブラントの夜警』 | トップページ | 2010年1月のまとめ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ