« 2008年1月 | トップページ | 2010年2月 »

『二月大歌舞伎』夜の部

当月は、“初代松本白鸚二十七回忌追善”でございます。

2008_feb_kabukiza

続きを読む "『二月大歌舞伎』夜の部" »

『レンブラントの夜警』

ピーター・グリーナウェイ監督8年ぶりの新作『レンブラントの夜警』。
何回も書いてしまうけど、わたしにとってグリーナウェイ監督は特別な存在。旧ユーロスペース(現在のシアターN渋谷。狭い方のスクリーンしかなかった頃)で『ZOO』を観てもの凄い衝撃を受けたことが、映画にハマり込むきっかけになったのだ。
シンメトリィにこだわった画面作り。生き物が腐っていく早回し映像のブラックなユーモア。グロテスクで美しい、それぞれの場面がうるさいほど主張してくる映画。作家主義ってこういうものだと納得した。
そして、もうひとつの主役というべき、マイケル・ナイマンの音楽にもハマり、撮影監督サッシャ・ヴィエルニという名前も覚えた。

それ以来ずっと追いかけている。前々作『ピーター・グリーナウェイの枕草子』と前作『8 1/2の女たち』には正直がっかりしたものだけど、やはり追いかけずにはいられない。
今回は17世紀のオランダが舞台のコスプレものということで、(少しだけ)期待していた。で、映画の感想は、、

続きを読む "『レンブラントの夜警』" »

« 2008年1月 | トップページ | 2010年2月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ