« 『サンシャイン2057』 | トップページ | 4月24日 チェックいろいろ »

『四月大歌舞伎』昼の部

2007aprilkabuki

四月の歌舞伎座は、中村信二郎改め二代目中村錦之助襲名披露。

一、「當年祝春駒(あたるとしいわうはるこま)」
曽我五郎・十郎兄弟が登場する、お目出度い曽我物舞踊。
確かに若々しい顔合わせなのだけれど、今ひとつ勢いが感じられなかった。
特に、花道から登場する曽我兄弟のうち五郎。荒事の力強さがなくて、全然でっかくない。十郎のほうがどっしり大きく感じてしまった。ま、獅童のことを苦手に思っているせいもあるかもしれないけど。一所懸命なのは伝わってきた。

曽我五郎:獅童、曽我十郎:勘太郎、小林舞鶴:七之助、茶道珍斎:種太郎、工藤祐経:歌 六

二、「頼朝の死(よりとものし)」

真山青果作。
源頼朝の三回忌供養の日。頼朝の死の真相をめぐる人間模様。
偉大な父・頼朝への想いや、無力な自分に悩む将軍頼家。
息子の想いよりも幕府を優先させて口を閉ざす、母親としては冷たい女、尼御台政子。
頼朝の死に関わったことにより、自責の念に駆られている、重保。
事の成り行きを冷静に見守る、幕府の重鎮大江広元。
頼朝が死ぬことになった遠因である小周防。

真相を知る人々が口を閉ざしていることで、頼家の気持ちは乱れ、将軍である自分の無力を思い知らされる。
小周防は重保のことを慕い、重保も小周防を思っているが、頼朝の死が2人の愛を阻む、悲劇。

悩む将軍といった役は梅玉に似合うし、冷たい女傑の芝翫など、配役はばっちり。
それぞれの立場がわかる台詞劇で見応えはあるのだけど、尼御台政子が、頼家に真相を教えない理由が、今ひとつ伝わらず。

将軍源頼家:梅玉、畠山重保:歌昇、小周防:福助、小笠原弥太郎:家橘、別当定海:亀蔵、別当慈円坊祐玄:錦吾、藤沢清親:松江、榛谷重朝:門之助、大江広元:歌六、中野五郎:東蔵、尼御台政子:芝翫

三、「男女道成寺(めおとどうじょうじ)」
女方舞踊の「京鹿子娘道成寺」を男と女で踊る趣向。

白拍子桜子として登場する仁左衛門は、でかかった。
三階からだと、カツラを替えているのがマル分かり。
狂言師左近になってからは、スッキリ二枚目で、素敵。
勘三郎の花子との共演も楽しく。

白拍子桜子実は狂言師左近:仁左衛門、所化:獅童、七之助、種太郎、宗之助、猿弥、勘太郎、白拍子花子:勘三郎

四、鬼一法眼三略巻「菊畑(きくばたけ)」
今回は「劇中にて襲名口上申し上げ候」ということで、中村錦之助襲名口上つき。

花道から腰元白菊役の隼人が出てきたところで、富十郎が、「それでは、ご挨拶を」と皆で並ぶ。新・錦之助、富十郎、吉右衛門、歌昇、隼人、時蔵。
「初代の錦之助が歌舞伎界を離れる時に、「菊畑」の虎蔵を務めた。縁の深い演目。その時に共演したのが、初代の吉右衛門で、襲名披露で二代目通しが共演するのもなにかのご縁。」てなことを話していた。
劇中口上でお決まりの「これだけお願いしておけば大丈夫」で、口上は締め。芝居に戻る。

いつもよくわからないまま終わってしまう演目なので、口上で分断されてもあまり関係なし。
菊が咲き乱れる舞台は美しいし、幕切れの見得もあって、歌舞伎を観た気はするのだけど。

虎蔵実は牛若丸:信二郎改め錦之助、智恵内実は鬼三太:吉右衛門、笠原湛海:歌昇、腰元白菊:隼人、皆鶴姫:時蔵、吉岡鬼一法眼:富十郎

平日とはいえ、ちょっと空席が目につくのがさみしい。
襲名披露もこう続くとありがたみが無い気がしちゃうし、値段も高いし。ってところなのだろうか。

2007.4.5 歌舞伎座にて

« 『サンシャイン2057』 | トップページ | 4月24日 チェックいろいろ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/14803697

この記事へのトラックバック一覧です: 『四月大歌舞伎』昼の部:

« 『サンシャイン2057』 | トップページ | 4月24日 チェックいろいろ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ