« 『スキャナー・ダークリー』 | トップページ | 1月のまとめ »

『オーロラ』

Aurore“王によって踊りを禁じられた王国”の物語。
美しく幻想的なおとぎ話は大好きなのだけど、期待していたキラキラ〜☆は、あまり感じられなかったのが残念。

オーロラ姫だしバレエだし、「眠れる森の美女」をモティーフにしているのかと思ってたら、違ってた。

庭でこっそりと踊るオーロラ姫と、それをうっとり見つめる弟のソラル王子。美しい城と空を背景にオープンな場所で軽やかに踊る場面は美しくて、まだ幼くて可愛らしい王子と一緒に、うっとりと眺められた。
踊りを禁じた王が、その姿を双眼鏡で覗いている表情には複雑な思いを感じられて、お話の成り行きに期待が高まる。
国の財政を救うためという名目で、金持ちの王子との政略結婚を企む邪悪な側近が出てきて、お話は盛り上がる、かと思った。

オーロラ姫が恋する画家を演じるニコラ・ル・リッシュの登場する場面で、彼に踊って欲しかった。踊らないから、髪型が今ひとつの気が弱そうな男にしか見えないのだもの。そして、なかなか踊らないのは、もったいない。気をもたせといて、見せ場で爆発のつもりだったのか。
踊るから仕方ないのだろうけど、オーロラ姫はほとんどいつも下着姿。3回開かれる舞踏会の華麗なドレスは、いつも同じなのもつまらない。

舞踏会で各国の王子さまが披露する踊りの映像も今ひとつ。群舞を映像化するのは難しいとは思う。でもでも、せっかくトップ・ダンサーたちの踊りだというのに、残念。

2度目の舞踏会は、ジパンゴ王国の王子が主賓の時、披露したのは白塗りの舞踏。尺八など日本的な音をベースにした、ちょっと不穏な音楽。山海塾は好きだけど、舞踏系っぽい(?)この竹井豊というダンサーを知らなかった。バレエの中に混じると、かなり異質で笑っちゃいました。「恐ろしい踊り」とか言われちゃうし。

何度も口にされる”愛”という言葉がちょっと鼻についた。おとぎ話ではなくて、もう少し現実的な物語にしたいのか、と思っていたら、守護精霊が出てきちゃうし。う〜ん。ファンタジィの形を借りて、愛とか自立とかを描きたかったのだろうけど、あまり効果的とは思えず。

王妃を演じたキャロル・ブーケの貫禄ある美しさが際立ってた。
お城や森のロケーションが素晴らしいだけに、残念だ。

おとぎ話は、『ロバと王女』のように、残酷で少しインモラルな危うさをもっているもののほうが好きー。

2007.1.10  シャンテシネにて

監督/脚本:ニルス・タヴェルニエ
出演:マルゴ・シャトリエ、ニコラ・ル・リッシュ、キャロル・ブーケ、フランソワ・ベルレアン、アントニー・ムノ、マリ=アニエス・ジロ、ガデル・ベラルビ、ヤン・ブリダール、竹井豊

Aurore  2006  フランス

« 『スキャナー・ダークリー』 | トップページ | 1月のまとめ »

コメント

こんにちは。
素材はかなり魅力的だったのに、ちょいともったいない映画でしたよね。
私もニコラ・ル・リッシュの踊りがもっともっと観たかったー。
歌舞伎の美しさをわからない私も彼の舞踊には見とれました。

かえるさん、こんばんは♪
素材は魅力的なのですよねー。なのになのに、ホントもったいないと思います。
ニコラ・ル・リッシュは、雲の上で踊った時に、やっと素晴らしいと納得できました。早く踊れよー、と思いつつ観てた気がします。
オーロラと二人で踊った時には、やはり貫禄の違いが現れたようにも感じられました。さすが、エトワールのオーラは違います。
歌舞伎舞踊には、派手な跳躍とかありませんもの、映画向きではないのかもしれません。と、かばってみたり。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/13737327

この記事へのトラックバック一覧です: 『オーロラ』:

» 『オーロラ』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
おとぎ世界とバレエはステキ。物語はノーテンキな方が好き。 踊る才能に恵まれながら、踊ることを禁じられた国の王女であったオーロラ姫。ドキュメンタリーの『エトワール』ではオペラ座のダンサー達のバレエへのまっすぐな情熱に大きな感銘を受けたけれど、ほとんどインタビュー映画のようになっていて、バレエのステージやレッスンシーンが少なかったことが残念だった。そして、このたびはバレエシーンで彩られたおとぎの世界。 踊ることが禁じられている王国。『王は踊る』のブノワ・マジメル扮するルイ14世は、政治の実権... [続きを読む]

» オーロラ [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
踊る、ただ一度の恋のため。それは、踊りを禁じられた国の王女の切なくも美しい恋の物語。 踊ることを禁じられた王国に生まれながら、オーロラ姫は何よりも踊ることが大好き。父である王に咎められても、弟のソラル王子を唯一の観客に宮殿の庭や森で優雅に美しく踊り続け...... [続きを読む]

« 『スキャナー・ダークリー』 | トップページ | 1月のまとめ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ