« 1月14日 いろいろチェック | トップページ | 『亀も空を飛ぶ』『わが故郷の歌』 »

『父親たちの星条旗』

今年最初に観た映画。

クリント・イーストウッド監督が、太平洋戦争最大の激戦だったといわれる“硫黄島の戦い” を日米双方の視点から描く2部作の第1弾。

Flagsofourfathers 硫黄島に星条旗を立てる兵士たちを撮った、有名な写真。
わたしは、アメリカが硫黄島征服した時の写真だと思っていた。

1枚の写真が歴史を変えることがある。この写真はそれだった。
そして、この写真によって英雄とされてしまった兵士たちの姿がリアルだった。

硫黄島での激戦、生き残った兵士たちのその後、そして、現在。3つの時間軸を移動する構成は、ドキュメンタリィのようでもあり。

硫黄島での戦闘は、『プライベート・ライアン』後の作品らしく、もの凄くリアルに迫ってくる。(スティーヴン・スピルバーグが製作にクレジットされてる。)
彩度を抑えてほとんど白黒のような映像。あちらこちらから聞こえてくる耳をつんざく爆発音や銃声。それら轟音の間に、命令の伝達や、兵士同士が安否を確認する怒声が響く。爆弾や銃撃によって攻撃され、ズタズタにされてしまう肉体。爆風によって撒き上がる土ぼこりや弾幕によって限定される視界。
敵である日本兵の姿が見えないところが更に恐怖を煽る。

硫黄島に建築物はない。上陸後、しばらくは敵である日本兵の姿は見えない。その見えない敵が襲ってくる。狭い穴のようなところから米兵を狙う画面に視点が変わって、日本兵が潜んでいることがわかる。
アメリカ側の視点で描いているから、どこから攻撃してくるかわからない日本兵は、不気味で恐ろしい存在だった。

兵士たちが「IWOJIMA」と口にし、字幕に“硫黄島”と出てくると、ちょっと微妙な心持ちになったのは、自分が日本人だからなのだろう。敵が日本人であるということは頭の片隅から離れなかったと思う。

生き残った兵士たちが戦時国債キャンペーンに駆り出された参加したセレモニィの場面からフラッシュバックで硫黄島の戦闘シーンに戻る、という繰り返し。彼らの心は、何回も戦場に引き戻される。
特に、花火の轟音が響くなか、写真の場面を再現させるという扇情的な感覚がグロテスク。兵士たちは、戦場で体も心も傷ついた人間なのに。

あれだけ、爆弾でちぎれた首や手足を映し、自決した日本兵の凄まじい姿を映しているというのに、それよりも恐ろしい姿だというイギーの最後は説明されない。そういう怖さがジワジワと滲みる。

最後のナレーションと、戦場ではあり得ないような平和な海辺が心に残る。

ライアン・フィリップの静かな佇まいが、とても良かった。『カオス』でも見せた、冷静な男の姿が、格好良い。

オリジナルタイトルでは、"Flags"と複数形になっているところがポイント。

ブッシュ大統領も、この写真のような起死回生の一枚を待っているのだろうな。

すっかり見逃していたけれど、『硫黄島からの手紙』を観る前に観られて良かった。もう少し音響が良いシネコンで観たら、臨場感が増しただろうけれど、この劇場もそこそこだった。

2007.1.4 シネセゾン渋谷にて(公式サイト

監督/製作/音楽:クリント・イーストウッド
製作:スティーヴン・スピルバーグ、ロバート・ローレンツ
脚本:ポール・ハギス、ウィリアム・ブロイレス・Jr.
原作:ジェームズ・ブラッドリー、ロン・パワーズ
撮影:トム・スターン
出演:ライアン・フィリップ、アダム・ビーチ、ジェシー・ブラッドフォード、バリー・ペッパー、ジェイミー・ベル

Flags of Our Fathers 2006 アメリカ

« 1月14日 いろいろチェック | トップページ | 『亀も空を飛ぶ』『わが故郷の歌』 »

コメント

ほほー、「プライベート・ライアン」後の戦闘だったんですか。
そういえば両方でバリー・ペッパーが死んでますねw

狂喜乱舞する、悪意のない残酷な民衆はなんともグロテスクでしたね。
イギーの最期もそうですし、
直接的な描写と間接的なそれと、
ミックスされて怖さは相乗効果を得たと思います。

>敵である日本兵の姿が見えない
まるで、穴倉に潜む、気味のわるい、敵で、気持ちわるいでしょうね。
戦闘意欲昂揚ではなく、国債募集に戦士を利用するってのがアメリカ的だな~と思いました(^^ゞ。

現象さん、こんにちは。
『プライベート・ライアン』後というのは、映像や音がリアルな残酷描写を踏襲しているというつもりでした。『プライベート〜』はノルマンディー上陸作戦から始まっていたから、確かにその後の戦闘ですね。

>ミックスされて怖さは相乗効果を得た
そうでしたよね。間接的な描写をいれることで、より心に残る作品になっていると思いました。
そこら辺りは、イーストウッド監督の技なのでしょうね。

悠さん、こんにちは。
まだ『硫黄島からの手紙』は観ていないのですが、この姿の見えない不気味な敵の姿を描こうと考えた監督は、凄いと思いました。

>戦闘意欲昂揚ではなく、国債募集に戦士を利用する
申し訳ありません、これちょっと分かりませんでした。
戦意高揚キャンペーンではなくて、国債募集キャンペーンを行ったということでしょうか?
アメリカも戦費の捻出に苦労していたというのは、初耳でした。

日本では、そもそも国民に協力を仰ぐ必要なんてなかったんだよなー、と思いました。国家総動員で、一億玉砕ですから。


>戦意高揚キャンペーンではなくて、国債募集キャンペーンを行った
そうです、言葉が足りませんでした\(__ ) ハンセィ

おいらの国は、昔、アメリカと闘ったことがあるんだ!!って、少年たちは思うんでしょうかね(^^ゞ

結果オーライということでw
あれ、時代設定すら違ったっけか?と、
wikiで調べちゃったりしてました。
この歴史認識の甘さ。

ところで今日もTBを送ってみたんですがやはりダメな模様です。
ちょっと前までは調子良かったのに、
また反映されたりされなかったりとぶり返しています。
ぐむー。

悠さん、こんばんは。
国債募集は、戦意を高揚させることと表裏な気もしますが、精神ではなくてお金だということを、ハッキリさせているところは、偉いのかも。
日本は、ずっと精神論で誤摩化されているのかもですね。

現象さん、こんばんは。
調べちゃいましたか。ウフ
戦争ものには興味がとてもあって、NHKのドキュメンタリィや「その時歴史が動いた」が戦争を扱う時は見るようにしてます。
第二次世界大戦は映像記録がたくさん残っているので、それを見るだけでも興味深いです。

遅レスですが、『プライベート・ライアン』にバリー・ペッパー出てましたね。彼の顔って印象的なはずなのですが、しっかり覚えたのは最近です。

トラックバックできないのですねー。すみません。
最近、ココログに変更はいったみたいですが、トラックバックの設定とかいじってないんですけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/13372141

この記事へのトラックバック一覧です: 『父親たちの星条旗』:

» 父親たちの星条旗@映画 [こ・と・ば・言葉]
硫黄島の戦いをアメリカ側からえがく映画。クリント・イーストウッド監督。低予算の「 [続きを読む]

« 1月14日 いろいろチェック | トップページ | 『亀も空を飛ぶ』『わが故郷の歌』 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ