« 『オーロラ』 | トップページ | 2月4日 いろいろチェック »

1月のまとめ

Themoonontheafternooon

2007年も一月過ぎてしまいました。
今年は、観たもの全ての感想を残そうと思ってましたが、、無理っぽいです。
気に入った作品について書くのは思いがあればあるほど難しく。
反対に、気に入らなかった作品はどこが気に入らなかったのか明らかな場合も多くて、スラスラと書くことができちゃうのが皮肉です。

映画は21本。
なんといっても、バフマン・ゴバディ監督と出会えたことがうれしい。どうして今まで観ていなかったか不思議。
新文芸坐の同じ特集で、ジャ・ジャンクー監督も初体験。現代に生きる人が持つ閉塞感が静かに伝わってきた。絵的には好みではなかったけれど、個性ある作風は好き。『三峡好人』も楽しみ。
クリント・イーストウッド監督の硫黄島2部作もやっと観ることができました。

亀も空を飛ぶ
わが故郷の歌
世界
トランスアメリカ
父親たちの星条旗
硫黄島からの手紙
フランキー・ワイルドの素晴らしき世界
あるいは裏切りという名の犬
僕の恋、彼の秘密
青の稲妻
豚と軍艦
紀子の食卓
ポルノ時代劇 忘八武士道
スキャナー・ダークリー
靴に恋する人魚
みえない雲
犬神家の一族
シュヴァンクマイエルレトロスペクティブ Cプロ
オーロラ
キンキーブーツ
シネマ歌舞伎「京鹿子娘二人道成寺」

芝居は6本。なんといっても「ロープ」に圧倒されました。「朧の森に棲む鬼」の染五郎も格好良かったし。満足満足。

1月の歌舞伎は今ひとつだったかな。浅草には行ったのに、結局国立劇場には行かなかったのが心残り。国立劇場のチケットって、なんとなく取りそびれてしまうのでした。

壽初春大歌舞伎 昼の部
 「松竹梅(しょうちくばい)」
 平家女護島「俊寛(しゅんかん)」
 歌舞伎十八番の内「勧進帳(かんじんちょう)」
 六歌仙容彩「喜撰(きせん)」
壽初春大歌舞伎 夜の部
 「廓三番叟(くるわさんばそう)」
 祗園祭礼信仰記「金閣寺(きんかくじ)」
 新歌舞伎十八番の内「春興鏡獅子(しゅんきょうかがみじし)」
 処女翫浮名横櫛「切られお富(きられおとみ)」
新春浅草歌舞伎 1部
 義経千本桜「すし屋」
 新古演劇十種の内「身替座禅」
劇団☆新感線「朧の森に棲む鬼」
NODA・MAP第12回公演「ロープ」
劇団鹿殺し第十五回公演「僕を愛ちて。」



« 『オーロラ』 | トップページ | 2月4日 いろいろチェック »

コメント

こちらにも。
>気に入った作品について書くのは思いがあればあるほど難しく。
>反対に、気に入らなかった作品はどこが気に入らなかったのか明らかな場合も多くて、スラスラと書くことができちゃうのが皮肉です。
これ、すごいわかります~。
私も気に入った作品ほど、まとまりなく支離滅裂になり、記事をアップしてから落ち込んだりしてます。批判を書けば書いたで、落ち込んだり(笑)。

上記ラインナップで私が観ている中では、「僕の恋、彼の秘密」がなかなかの拾い物と思っています。この監督の新作は、日本公開されるかな(阿部君だし)と楽しみだったりしてます。

わかばさん、こんばんは。
わかっていただけますかー。
もの凄く気に入った時って、どうしてなのかわからないことも多いです。それがわかれば、観る映画を選ぶ時に苦労しないのだろうな、と思っているのですが。
『僕の恋、彼の秘密』は、可愛らしい作品でしたよね。
ダンカン・チョウのクールな雰囲気から滲み出るテレがツボでした。
少し、及川光博に似てませんか?

こんにちはー。
新文芸坐さまさまですよねー。
私も「世界」を再発見できてよかったですー。
「僕の恋」は私はDVDで観たのですが、私は「靴人魚」の方がツボでした。

トランスアメリカがよくって、キンキーがイマイチというのは私と同じですー。
世間ではどちらも好評だったのだけど・・・。
そして、同じく世間で好評だった裏切り犬にもあまりハマれず・・・。

「ロープ」は素晴らしいんですね?!
踊らない舞台演劇に数千円などを払う思い切りのない私ですが、NODA・MAPは以前から気になっていって、演劇見るならこのあたりと思っていますー。

かえるさん、こんばんは♪
新文芸座は、一番近い映画館だということもあり、これからも応援していくつもりですー。
「靴人魚」も可愛らしい作品でしたよね。ガーリーが苦手なわたしでも、楽しめました。
「トランス〜」と「キンキー〜」の2本立てだったのです。キンキーは、実話がベースなんだよねー、と心の中で確認しながら観てました。感動ものにしても、やり過ぎ感が強かったです。
ノワール好きなわたしですが、裏切り犬(この略し方面白いです)にはハマりませんでした。もの凄く混んでいましたけれど、アピールする力があったのでしょうかね。フランスらしい作品だなーとは思いました。

NODA・MAPに興味おありですかー!!野田秀樹は最も好きな劇作家です。演劇の醍醐味をたっぷりと味わわせてくれるのです。
「ロープ」の感動を忘れないうちに、感想を書きたいのですが、難しい。
チケット争奪戦はいつも激しいので大変なのですが、かえるさんにも体験していただきたいですー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/13756576

この記事へのトラックバック一覧です: 1月のまとめ:

« 『オーロラ』 | トップページ | 2月4日 いろいろチェック »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ