« 11月のまとめ | トップページ | 『ルナシー』 »

『シュヴァンクマイエルのアリス』展 

Embassy11/4から 12/4までチェコセンターで開催されていた、『シュヴァンクマイエルのアリス』展へ行きました。

広尾からテクテクと坂を上り、地図を確認しながらなんとかたどり着いた建物は、なんとなくこじんまりとした雰囲気。


Czechcentres
入り口はこんなかんじ。

シュヴァンクマイエルがイラストを手がけた『不思議の国のアリス』(発売中)と『鏡の国のアリス』(12月上旬発売予定)の原画が展示されるとのこと。

地下の展示室のそれほど大きくないスペースに20点。
全て『鏡の国のアリス』の原画でした。11/20で『不思議の国のアリス』から『鏡の国のアリス』に展示替えがあったらしいです。

今年のGWには《UNDERCOVER MEETS SVANKMAJER》(感想はこちら)という企画で、『不思議の国のアリス』の原画は見ていたので、ちょうど良かったかも。

原画といっても、写真や絵を切り貼りしたコラージュでした。既に存在する素材を組み合わせているのに、とんでもないものが出来上がっているその不思議。
オリジナルなので、切り貼りした痕がバッチリわかって、製作の過程を想像させられます。
しばらく一人きりで独占状態だったので、じっくりと観ることができました。
グロテスクなのだけれど、クスリと笑ってしまうユーモアもあって、見れば見るほど引き込まれます。

帰宅したら、注文した『不思議の国のアリス』の本が届いていました。『ルナシー』も公開されているし、しばらくシュヴァンクマイエルの世界に浸れそうです。

Czechcentres_wall 左は、チェコセンターの入り口脇の壁にあった、レリーフ。
チェコっぽい雰囲気で、素敵ー。

12/1 チェコセンターにて

« 11月のまとめ | トップページ | 『ルナシー』 »

コメント

ドモドモ-♪

素敵な一日を過ごされましたねーー
チェコセンター、ワタクシ、まだ行ったことがないんです。
↑のフォトを見ると、小さくこじんまりした建物なんですね。
パッと見た感じが何だか小さな美術館みたいな・・・

ワタクシ、浅草のも行きそびれちゃったんです。
>グロテスクなのだけれど、クスリと笑ってしまうユーモア
ですよね!
老いてなお、ますます頑張って欲しいものです☆

Puffさん、こんばんは♪コメントありがとうございますー。
チェコセンター、わたしも初めてでしたのです。駅からは結構歩くので不安になる道のりでした。
本当に、小さいスペースでした。それほど大きくないサイズの作品だし、20点なんて少ないと思いましたけれど、静かに一人で観ることができたので満足でした。(無料だし、文句はいえませぬ)

この日は映画の日だったので、この後『上海の伯爵夫人』と『ホステル』の2本を観たのですー。
全然違うタイプの作品たちを楽しんで、充実した一日でした。

チェコってあるので、あれ、今狂言のお相手してくれてる方チェコの方だ!この方です(^^ゞ。狂言の宣伝に参りましたm(__)m。チェコってカフカの国でもあるし。
ttp://www.kcif.or.jp/en/newsletter/lik/archives/0503/03_2005jp.htm

悠さん、こんばんは♪ コメントありがとうございます。お返事が遅れて申し訳ありませんでした。
チェコの方と狂言をなさっているのですねー。ご紹介ありがとうございました。
茂山家の狂言はまだ観たことがないのでした。来年は機会を逃さないようにします。

シュヴァンクマイエル監督の国というだけでなく、チェコにはとても興味を持っております。古い街が残っているし、食べ物も飲み物もおいしそうだし。
行きたい国リストのトップかも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/12969567

この記事へのトラックバック一覧です: 『シュヴァンクマイエルのアリス』展 :

« 11月のまとめ | トップページ | 『ルナシー』 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ