« 『エレクション』ー第7回東京フィルメックスー | トップページ | 『クロース・トゥ・ホーム』ー第7回東京フィルメックスー »

『りんご、もうひとつある?』ー第7回東京フィルメックスー

Haveyouanotherapple  第7回東京フィルメックスで、バイラム・ファズィル監督『りんご、もうひとつある?』を観る。

“無国籍アクション”と紹介されたイラン映画に心惹かれたのだけれど、期待はずれだったかも。

どこかの砂漠地方で、ダスダランと呼ばれる黒装束の一団による無法が行われている時代。

ヒーローは、母親と兄(?)に追い出され、腹を空かせ、あてもなく彷徨うひとりの男。
村に行き着いては、お腹が空いたと食べ物を無心するのみだったどうしようもない男が、ある美しい女と出会い、人々のために立ち上がる姿を描いている、のだと思う。

砂漠の風景が美しい。白く乾いた砂、ちょっぴり生えている緑の草、そして、素晴らしく青い空と白い雲!そのなかを、主人公が走る。
オープニングで、黒装束の一団が馬とバイクに乗って駆け抜けるショットは疾走感があって、グッと心を掴まれはした。

主人公が立ち寄る村は、それぞれが何かヘン。村人たちの全てが眠り込んでいる村。理由は不明なのに人々が喧嘩し続ける村。村人の全てが物乞いの村。その行動をし続ける限りは、ダスダランに襲われないという約束事があるらしいのは、寓話的なのだけれど、意味不明。

喧嘩し続ける村人たちなんて、薄笑いを浮かべて不気味なのは演技が下手なせいに見えてしまって、微妙に気持ちが引いていく。

最後に、オープニングで提示された場面へと戻るのも、主人公の変化がわからないので、あまり効果的だとは思えなかった。う〜ん。

寓話的な物語なのだとは思うけれど、その意味するところがよくわからなかったので、モヤモヤが残った。寓話的というのは、考え過ぎなのかな。

一番の問題は、主人公に魅力を感じられなかったこと。アンチヒーローを狙っているのはわかる。でも、「腹が空いたー」と言って食べまくるだけなのだもの。

タイトルも謎。確かにこの台詞は映画の中で使われた。何か大事な意味を持つキィワードだったのだろうか??
今回はQ&Aがなかったのだけれど、別の回では予定されているので、そのレポートを待ちたい。

追記)第7回東京フィルメックス・デイリーニュースに、レポートがアップされた。リンク:『りんご、もうひとつある?』Q&A
撮影監督出身だというのは、納得。映像にはワクワクできたもの。
変わった形の映画にしたかった、という監督の意図は伝わったと思う。でも、わたしの好みではなかったということで。紹介文も写真もすっごく面白そうだっただけに、残念だった。

有楽町朝日ホールにて(10/20鑑賞)

第7回東京フィルメックス 

監督:バイラム・ファズィル

Have You Another Apple?  2006  イラン

« 『エレクション』ー第7回東京フィルメックスー | トップページ | 『クロース・トゥ・ホーム』ー第7回東京フィルメックスー »

コメント

こんばんは。
私もこれ、行きたいなーと思ってましたが、ちょっと時間が合わなくて断念。
でも、そうか、もうひとつな感じだったのですね。
映画祭は、ちょっぴりギャンブルですよね(笑)

わかばさん、こんばんはー。
そうなんですよ。もの凄ーく期待していたのだけに残念でした。
でも、自分が読み取れなかっただけかもしれない、と思ったりもするので、他の人の感想も聞いてみたい作品でした。
わかばさんも気になっていたのですね。
感想をお聞きしたかったです。
そう、ギャンブルだから、仕方ないです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/12764232

この記事へのトラックバック一覧です: 『りんご、もうひとつある?』ー第7回東京フィルメックスー:

« 『エレクション』ー第7回東京フィルメックスー | トップページ | 『クロース・トゥ・ホーム』ー第7回東京フィルメックスー »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ