« 一角座へ | トップページ | 『シュヴァンクマイエルのアリス』展  »

11月のまとめ

11月も終わり、少しずつPCに向かうペースが戻りつつありますが、そしたらPCの調子が悪くなってきちゃいました。新しいの買いたいなー。
というわけで、全然感想を書いていませんが、11月に観たものの一覧です。時間ができたら、感想を書きたいけれど、、

映画は、16本でした。
後半はフィルメックスに通って、普段あまり観ることができない国の映画を観ることができました。
一番好きだったのは、『エコール』。不穏な雰囲気とか、ねっとりとした森の映像がツボ。音楽の使い方とか、女の子の写し方も好みでした。
フィルメックスで観た『黒眼圏』『エレクション』は、期待通り(以上?)の素晴らしさ。来年の公開時にはもう一回観たいと思っております。
そして、ニコール・キッドマン主演『記憶の棘』。愛するということの不思議を感じさせてくれたし、何よりニコールの色っぽさにうっとりでした。

エコール
黒眼圏 ー東京フィルメックスー
エレクション ー東京フィルメックスー
記憶の棘
家の鍵
虹の女神
クロース・トゥ・ホーム ー東京フィルメックスー
ハンモック ー東京フィルメックスー
パビリオン山椒魚
ブラック・ダリア
レディ・イン・ザ・ウォーター
カオス
ゲルマニウムの夜
メン・アット・ワーク ー東京フィルメックスー
りんご、もうひとつある? ー東京フィルメックスー

『ツィゴイネルワイゼン』をスクリーンで再見できて、幸せでしたー。

芝居は、7本。

『タンゴ・冬の終わりに』に圧倒されました。素晴らしい舞台をたっぷり堪能できて、満足。

タンゴ・冬の終わりに
イヌの日
錦鯉

吉例顔見世大歌舞伎 昼の部
 「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」
 七枚續花の姿繪「源太」「願人坊主」
吉例顔見世大歌舞伎 夜の部
 「鶴亀」
 「良弁杉由来(ろうべんすぎのゆらい)」二月堂
 「雛助狂乱(ひなすけきょうらん)」「五條橋(ごじょうばし)」
 天衣紛上野初花「河内山(こうちやま)」
花形歌舞伎 昼の部
 「番長皿屋敷(ばんちょうさらやしき)」
 「勧進帳(かんじんちょう)」
 「弁天娘女男白浪(べんてんむすめめおのしらなみ)」
花形歌舞伎 夜の部
 「時今也桔梗旗揚(ときはいまききょうのはたあげ)」
 「船弁慶(ふなべんけい)」
 「義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)」川連法眼館

愛する自転車が壊れてしまい、足がなくて困っています。修理に出しているので、引きこもり気味。

« 一角座へ | トップページ | 『シュヴァンクマイエルのアリス』展  »

コメント

「ブラック・ダリヤ」と、「冬タン」が、かぶりました(^^ゞ。冬タンは、清水邦夫さんに引かれてって観たのですが。私は、演劇、意識してみはじめたころ、「狂人なおもて往生をとぐ」(清水作、原田芳雄他)、「マラー/サド」(正式名はながい^_^;これ、いまだに、どこがやった劇なのかわかんないですけど)がとくによくってなんです。

悠さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
ココログのメンテナンス期間にはいってしまったので、お返事遅くなって申し訳ありませんでした。
悠さんが名前をあげてらっしゃる作品、面白そうです。
原田芳雄さんが、舞台に出ていたのは知りませんでした。
「マラー/サド」って、どんなんでしょう?ものすごーく興味あります。

興味をもっていただいてありがとうございます。『マルキ・ド・サドの演出により、シャラントン精
神病院の患者たちによって演じられた、ジャン=ポール・マラーの迫害と暗殺』なんて長い題名なんですよ。「殺害直後のマラーの肖像画」を昨年京都でみて、感慨でした。

こんにちはー。
いやいやよかったですよねぇ。黒眼圏!
わたし的にはぶっちぎりTOP1でしたが、
いわいさん的にはエコールがさらに上なんですねー。
もちろんこちらも大好きです。
これらの作品で順位付けをしたら私の場合も
かなり似たような感じになると思えますー
『クロース・トゥ・ホーム』も観たかったなー。
というわけで、今年の最終月ですね。早っ
私も一度『ツィゴイネルワイゼン』を観たいかな。

悠さん、こんばんは♪
その題名は!
先日、シュヴァンクマイエル監督『ルナシー』という映画を観ましたが、それとかぶります。
サド侯爵を思わせる人物が出てきて、精神病院が舞台なのです。

関連本によると、その長い題名の演劇はペーター・ヴァイスの戯曲でピーター・ブルックによって映画化されているらしいです。ちょっと観てみたいかもです。

かえるさん、こんばんはー♪
『黒眼圏』がぶっちぎりTOP1なのですね。
わたしも、蔡明亮監督作品に、こんなふうに感動できるなんて思っていなかったので、かなりポイント高いのです。
でも、より『エコール』の不穏な雰囲気に心惹かれてしまうのでした。
本当に、あと一ヶ月なのですねー。早ーい。

『ツィゴイネルワイゼン』は是非是非。好き嫌いは分かれる作品だと思いますが、1度体験していただきたいですー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/12924988

この記事へのトラックバック一覧です: 11月のまとめ:

« 一角座へ | トップページ | 『シュヴァンクマイエルのアリス』展  »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ