« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

10月のまとめ

10月に観たものの一覧です。
旅行から帰って、感想もきちんと書いていません。旅行前に書いた、覚え書きで終わってしまいそう。

映画は、6本。
日本、台湾、韓国と、アジアの映画ばかり。新作の3本は、強烈な監督たちの作品。それぞれを堪能できました。なかでは、『西瓜』が気に入りました。

西瓜

LOFT/ロフト

鴛鴦(おしどり)歌合戦 東京国際映画祭 「ニッポン・シネマ・クラシック」
赤線地帯
決闘高田馬場 東京国際映画祭 「ニッポン・シネマ・クラシック」

帰国後、歌舞伎を鑑賞して、舞台って良いなーと思いました。

獅童流 森の石松
芸術祭十月大歌舞伎 昼の部
「芦屋道満大内鑑」葛の葉
「寿曽我対面」
「一谷嫩軍記」熊谷陣屋
「お祭り」
芸術祭十月大歌舞伎 夜の部
「仮名手本忠臣蔵」
  五段目 「山崎街道鉄砲渡しの場/二つ玉の場」
  六段目 「与市兵衛内勘平腹切の場」

「梅雨小袖昔八丈」髪結新三

来月は、芝居の予定が多数あり。体調管理に気をつけなければ。

“ニッポン・シネマ・クラシック”に行きました

東京国際映画祭”に行くことができるか微妙だと思いつつ、旅行前にチケットを確保しておきました。特集「ニッポン・シネマ・クラシック」のテーマを、“時代劇スペシャル〜名優伝説〜”と銘打っての特集上映。

『鴛鴦(おしどり)歌合戦』は69分、『決闘高田馬場』は50分。どちらも短い作品だし、何も考えずに楽しめそうだったので、旅行ボケの頭でも大丈夫だろうと思いました。なので、同日の2本を続けて観ることにしました。
多分予想以上に面白かったです。特に、『鴛鴦歌合戦』には、声を出して笑っちゃいました。

続きを読む "“ニッポン・シネマ・クラシック”に行きました" »

一日目:ヴェネツィア到着

10月9日(月)晴れ

成田空港を13時頃、ほぼ定刻に出発。
ミラノのマルペンサ空港で、しばし休憩。初ユーロ!水を買った。
ヴェネツィアへは、20:35出発。席が自由席だったことには、びっくり。
ミラノからヴェネツィアまでは、ため息がでるくらいに素晴らしい夜景が続く。
うっとり。ほぅ。

続きを読む "一日目:ヴェネツィア到着" »

帰国しました

お昼頃、自宅に帰り着きました。
Veneziaに5泊、Firenzeに5泊。ずーっと晴れていて、陽のあたる場所は暑いのに、日陰は涼しくて、素晴らしい旅をすることができました。
ヨーロッパは、オフシーズンの冬しか旅したことがなかったので、あまりの人の多さに驚きながらも、楽しかったーー!!

ヴェネツィアからラヴェンナにも足を伸ばそうと思っていたのですが、ヴェネツィアで観るべきものの多さに断念。またの機会を楽しみに。

時差ぼけでもの凄く眠いなか、荷物と写真の整理中。
とりあえず写真を貼付けておきます。

続きを読む "帰国しました" »

旅立ちます

10月9日から、イタリア旅行に行ってきます。
目的地は、ヴェネツィアとフィレンツェ。
帰国予定は、10月20日です。

帰国後、上映していたら観たいものをメモしておきます。上映していると良いけれど。

『LOFT/ロフト』『記憶の棘』『カポーティ』『フラガール』『レディ・イン・ザ・ウォーター』『セレブの種』『マーダーボール』『パビリオン山椒魚』『紙屋悦子の青春』

これらは、多分見逃すでしょう。新文芸坐あたりに期待。
『マイアミ・バイス』『X−MEN:ファイナル ディシジョン』『ファイナル・デッドコースター』『46億年の恋』『40歳の童貞男』(せっかくシネマGAGA!で上映されるのにー)

これらは、まさか終わってないと思いますが。
『ブラック・ダリア』『ドラゴン・スクワッド』

シネマヴェーラ渋谷で上映中の“百年恋歌・侯孝賢(ホウ・シャオシエン)特集”に行くことができないのは、残念。帰国後は、“鈴木清順48本勝負”。これは、通う決意満々です。
新文芸坐で特集する増村保造監督作品も観たいです。

一番の心残りは、野田地図第12回公演『ロープ』の先行予約期間に、日本にいないこと。残念無念。

いろいろありますが、とにかく行ってきます。

10月8日の覚え書き

明日から旅行なので、10月分の感想をメモしておきます。

続きを読む "10月8日の覚え書き" »

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ