« 『星野道夫展「星のような物語」』 | トップページ | BOW30映画祭のまとめ »

Cocco 「Live Tour 2006 〜ザンサイアン〜」

Cocco CoccoのLiveに行ってきた。
活動中止前には行ったことがなかったので、初めてのCocco体験。

2階席なのでそれほど期待していなかったのだけれど、ほぼ正面で全体がよく見える良い席だった。前から4列目。

プロコフィエフの「ロメオとジュリエット」からの曲がオープニング。
1曲目は「音速パンチ」だった。なんとなく晴れやかで明るい表情のCocco。TV画面でみるよりも、のびのびしている気がする。
全体的に音圧はそれほど感じないで、聴きやすい。もう少し轟音を期待していたのだけれど、仕方ないか。ベースラインがよくわからないのがちょっと悲しかったけど。ドラムは、バシバシよく聞こえた。

「カウントダウン」「インディゴブルー」「暗黙情事」の流れには大興奮だった。
MCで「6年前は、こんなに楽しいことが続くわけがないと思って怖くて苦しかった。今日は、本当に楽しい。怖くないのってうれしい。」と言ってた。そうだったんだ、苦しかったのか。
今日は本当にうれしそうで、それがうれしい。
活動中止前の曲をやってくれて、それもうれしかった。
ずーっと休みなく歌い続けているのに、ドンドン迫力を増していく歌声が素晴らしかった。あんなに細い体のどこに、そんなパワーを秘めているのだろう。

軟弱なので、ずっと座って聴いていた。ゆっくりじっくり聴くことができて満足。
そして、前の列と後ろの列に、ズラッと空席が並んでいた。完売だろうに変だよな。

NHK総合で10月、NHK-BSで11月のオンエアが決定している。楽しみ。

武道館にて Cocco official site

 

セットリスト

1. 音速パンチ
2. 首。
3. 眠れる森の王子様〜春・夏・秋・冬〜
MC
4. Swinging Night
5. 夏色
6. blue bird
7. Drive you crazy
MC(野放しコーナ) 即興でギターを弾きながら歌ってた。
8. メンバーに向けて、弾き語り。
9. “バスタイム”っていう歌詞の入った歌。
10. 今日の唄 (神戸でできた歌だそう)
11. 強く儚い者たち
12. 愛うらら
13. 野火
14. カウントダウン
15. インディゴブルー
16. 暗黙情事
MC
17. 陽の照りながら雨の降る
18. 流星群
19. 焼け野が原
20. Happy Ending
21. 新曲

Drums:向山テツ Bass:根岸孝旨 Guitar:長田進、西川進 Keyboards:柴田俊文

Coccobudokan

« 『星野道夫展「星のような物語」』 | トップページ | BOW30映画祭のまとめ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/11765372

この記事へのトラックバック一覧です: Cocco 「Live Tour 2006 〜ザンサイアン〜」:

« 『星野道夫展「星のような物語」』 | トップページ | BOW30映画祭のまとめ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ