« 『バッシング』 | トップページ | 『ジョルジュ・バタイユ ママン』 »

『カサノバ』

Casanovaカサノバが、美しいヴェネチアの街を縦横無尽に駆け巡る。

18世紀のヴェネチア。噂のプレイボーイ、カサノバは、フランチェスカと出会う。男勝りの剣の腕前と知性を持つ彼女は、カサノバの求愛を拒むが、、

“カサノバ”といえば、フェリーニ監督の凄ーい作品を思い出してしまうので、今更どうするの?と思っていた。
予告編を観て、軽やか〜で洒脱なラヴ・コメディなんだーと、ヴェネチアの風景も楽しみに観ること。

カサノバが屋根から屋根へと飛び移りながら逃げる冒頭の場面から、ヴェネチアの素晴らしい風景を満喫。
ヒース・レジャーのお茶目な笑顔とちょっと色っぽい流し目は、全然エロくなくて、さわやかな風味がいい感じの、好感度あるカサノバ。

カサノバが次々と名前を騙りつつ、複雑にもつれるかと思った物語は、すっきりと大団円に終わった。

仮面舞踏会やカーニバルの華麗さ、気球の上から眺めるヴェネツィアの街の美しさが、とっても素敵だった。

軽やかなバロック音楽も楽しく。

オリバー・プラットが演じるフランチェスカの婚約者パプリッツィオは、裕福で横柄な商人かと思いきや、コメディ部分をしっかり担当して笑わせてくれた。扱う商品(ラード!)の宣伝に自分の顔をつかってるくせに、ルックスに自信がないところがちょっと可愛かったし、その後の壮絶なエステや拷問も、なぜか笑えてしまう。彼が乗った乗り物の傾き具合ったら。
フランチェスカの母親役レナ・オリンは、色っぽさ健在で素敵。
そして、大好きなジェレミー・アイアンズ。教皇から派遣されたプッチ司教は、紫の装束も怪しくて、滑稽さ満点。
動物好きとしては、子ブタの出演も見逃せない。フランチェスカへの贈り物になったり、手紙を運んだり、とキュートな魅力。クレジットにBIMBAと名前があった。

今年の旅行はヴェネツィアにしようと思っていたので、ドンピシャリな映画だったかも。

テアトルタイムズスクエアにて(公式サイト

監督;ラッセ・ハルストレム
脚本:ジェフリー・ハッチャー、キンバリー・シミ
撮影監督:オリヴァー・ステイプルトン
衣裳:ジェニー・ビーヴァン
音楽:アレクサンドル・デプラ
出演:ヒース・レジャー、シエナ・ミラー、ジェレミー・アイアンズ、オリヴァー・プラット、レナ・オリン、オミッド・ジャリリ、チャーリー・コックス、ナタリー・ドーマー

Casanova  2005  アメリカ

« 『バッシング』 | トップページ | 『ジョルジュ・バタイユ ママン』 »

コメント

いわいさん、こんばんわ。
連投です、失礼いたします。
私は、本作はパプリッツィオの登場シーンが何とも印象深いです。ゴンドラ、思いっ切り傾いてましたよね!拷問を受けながら「こんな痛いエステは嫌だよぉー」と何ともオットリしたところとか。下手したら、カサノバさんより魅力的に見えていたかもです。
ところで。私も戌年なんですよー!ふっふっふ。

隣の評論家さん、こんばんはー。
こちらからの訪問が遅れて申し訳ありません。
コメントありがとうございますー。
パプリッツィオは、本当に印象的でしたよね。不適な面構えかと思いきや、可愛くて素直な性格でした。良い相手に巡り会えて良かったですよねぇ。
>カサノバさんより魅力的に見えていたかもです。
って、フランチェスカのお母さんと一緒ですね。彼女は一目惚れだったけど。
>私も戌年なんですよー!
あっ、誤解されているかも。今年が戌年ということで、わたしは戌年ではないのです。失礼しましたー。

むう、今日はTBが入りませんでした。かも。
また時間差でアレしてるかも。
ヴェネチア行くんですか?
いーなー水の都。
学生時代イタリアに行ったことがあって、
旅立つ前はヴェネチアにも寄るつもりだったんですが、
先に足を踏み入れたスペインが予想以上に楽しくて、
そちらに時間を割いた結果スルーせざるを得ない状況下に置かれました。
で、いわいさんの干支ってなんだろ…?

現象さん、こんにちはー。
トラックバックできなかったみたいですぅ。現象さんのところからの失敗は、珍しいですね。面倒くさくなかったら、またお願いしまーす。

旅行候補は、ヴェネチアとフィレンツェが濃厚!
ヴェネチアとローマには卒業旅行で行ったことがあるのですが、遥か昔だし。1999年にフィレンツェとローマに行った時には、ミレニアム前で改修中の教会が多かったのです。しかも、カメラの露出設定を間違えてて、うまく写真を撮れなかったという、大失敗もあり。リベンジも兼ねて、行きたいなーと思っております。
卒業旅行では、スペインにも行きました。スペインではモテモテだったので、良いのと悪いのと両方の想い出があります。イタリアでは全くモテなかったのですけど。
干支はー、ヒミツってことにしておきましょー。ウフ

こんばんはっ。
イタリア行きは決定ですかー。いいなぁ。
ヴェネチアはとにかく大好きで、私も卒業旅行で行ったキリですが、また行きたいですー。
映画も心に残るものが多いですよね。
フィギスの「HOTEL」すら好き。

かえるさん、こんばんはー。
ヴェネチアといえば、『ベニスに死す』が特に印象的です。フェリーニの『カサノバ』は、豪華絢爛なカーニバル。でもセットだったかな。
ゴンドラに乗って、ヴェネチア入りしたい野望があります。BGMは、マーラーで。
フィギスの『HOTEL』は、多分未見です。

こんばんは~♪ TB&コメント有難うございました!
ヒースのカサノバはチャーミングで好感度もとっても良かったですよね^^ キーファー父のカサノバは未見なのですが、そ、そんなに凄ーいんですか?笑
ヴェネチアに旅行されるんですね♪
今もイタリアはあちこち修復中でしたが、ヴェネチアは目立った”工事中”はなかったと思います。 ドゥカーレ宮殿内の裁判所では、ここでシャイロックやカサノバが裁かれたのね~とか、カフェ・フローリアンではここでお茶したのね?などと是非浸っていらして下さいませ!
旅行記楽しみにしておりまーす♪

いわいさん、再びこんにちは。
こちらの記事にもTB送らせていただきました。お暇な折にでもいらしていただけたら嬉しいです。それでは今度こそ失礼いたします。

いわいさん、こんばんは!
>“カサノバ”といえば、フェリーニ監督の凄ーい作品を思い出してしまう
おお、あれは強烈ですね!耽美を通り越してグロテスクにしか見えない強烈なビジュアルでありました。
こちらのカサノバは白い歯がキラリと光る爽やかさんで、フェリーニ版とはイメージが正反対なわけですが、実際のカサノバはどんな人だったんでしょうね?

マダムSさん、こんばんはー。
フェリーニの「カサノバ」は、かなーり前に観たので細部は忘れましたが、とにかくグロテスクだった、ということと映像の断片が頭に残っています。
それとは、正反対のさわやかなカサノバは、好感度高かったです。

ヴェネチア情報ありがとうございますー。
ヴェネチア以外にはどこへ行くか考え中です。
フィレンツェにも行きたいし。
イタリアの都市はどこも魅力的で迷ってしまいます。

かいろさん、こんばんはー。
こちらにもコメントありがとうございます。
後ほど、そちらにお伺いしますねー。
今後ともよろしくお願いします。

Kenさん、こんばんはー。
フェリーニ監督の『カサノバ』ご覧になってましたかー。
細部を覚えてはいないのですが、カサノバと聞くとドナルド・サザーランドの姿が思い浮かびます。
凄くグロテスクだった印象だけが残っています。
こちらのカサノバは、正反対ですよね。
コメディ風味だから、良かったと思います。
カサノバって、美男ではなかっという話を聞いたことがあるような。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/11170020

この記事へのトラックバック一覧です: 『カサノバ』:

» カサノバ [映画通の部屋]
「カサノバ」 CASANOVA/製作:2005年、アメリカ 112分 監督:ラッ [続きを読む]

» カサノバ@シネセゾン渋谷 [ソウウツおかげでFLASHBACK現象]
映画監督など十把一からげでエゴイスト、総じて性格が悪いとふんでいるが、ラッセ・ハルストレムは別だと思う。人の良さが作品ににじみ出ているように感じる。 18世紀イタリアの水の都ヴェネチアで繰り広げられる愛の物語、その中心には常にジャコモ・カサノバがいた。3桁に... [続きを読む]

» 『カサノバ』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
楽しくて美しくてロマンチック。 カサノバ様と一緒に気球に乗りたい。ゴンドラに乗いたーい。 18世紀、ヴェネチア。生涯に1,000人の女性とベッドを共にしたという伝説のプレイボーイ、カサノバの物語。え?ラッセ・ハルストレムがイタリア舞台でコスプレ時代劇?! え?ヒース・レジャーが名うてのプレイボーイ? ええ? それは違うでしょうとまず思いつつも心待ちにしていた。だって、ヴェネチアなんだもん。『ヴェニスの商人』をあまり楽しめなかった私は、今度のヴェネチアには期待。そして映画が公開され、漏れ聞えて... [続きを読む]

» 『カサノバ』 [Brilliant Days ]
ヴェネチアが生んだイタリア最高の伊達男#63903;カサノバ#63903; 彼は単なる女たらしのプレイボーイなのか!? それとも知性とウイットに富み、繊細な感性に溢れ真心こめて尽くすがゆえに おのずと多くの女性に愛された稀代の人物だったのか!? ... [続きを読む]

» カサノバ [カイロの紫のバラライカ]
やっと観ることができました、『カサノバ』。しかし、いきなり懺悔させていただきます [続きを読む]

» 【映画】カサノバ [セルロイドの英雄]
"Casanova" 2005年アメリカ監督)ラッセ・ハルストレム出演)ヒース・レジャー シエナ・ミラー ジェレミー・アイアンズ レナ・オリン オリヴァー・プラット チャーリー・コックス ナタリー・ドーマー オミッド・ジャリリ満足度)★★★★ (満点は★5つです)銀座テアトルシネマにて 18世紀のヴェネチア。女性との間で奔放な生活を繰り返す稀代のプレイボーイ、ジャコモ・カサノバ(ヒース�... [続きを読む]

« 『バッシング』 | トップページ | 『ジョルジュ・バタイユ ママン』 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ