« 『デッドマン』ーBOW30映画祭ー | トップページ | 『ミュンヘン』 »

『ホテル・ルワンダ』

Hotelrwanda今年の始めに公開され、とても話題になっていた作品。

1994年、アフリカのルワンダで民族対立が原因により大量虐殺が発生した。

事態が悪化するなか、ベルギー系高級ホテル“ミル・コリン”の有能な支配人ポール・ルセサバギナが、家族を救うことを心に決め、結果として1200人もの命を救うことになる過程を描く実話。

植民地支配に利用されたフツ族とツチ族という区別。外国人の目からは民族の差はよく解らない。ルワンダ人ですら、IDカードで確認しなければ解らないようなその差によって、大虐殺が発生するという構図。
国連の平和維持軍が駐在していても、この悲劇を止めることができない。現場に派遣された兵士は何かをやらなければという気持ちを持つが、国連上層部の不介入判断により何もすることができないというのは、『ノー・マンズ・ランド』も思い出させて、国連の限界を痛感する。

虐殺の現場を取材した報道カメラマンの「世界の人々はあの映像を見て、怖いねと言うだけで、そのまま食事を続ける」という言葉は、観客にも突きつけられる。

どうにもならないような状況を丁寧に描いてやりきれない気持ちにさせられるけれど、ポールの行動は、それでも何かできるということを教えてくれた。

彼は、高級な酒やハバナ産の葉巻や金などの賄賂を駆使し、嘘も方便の話術を使って、虐殺者を懐柔し脅迫し、身を守る。それは、ホテルマンとして培った技術だ。
ホテルの難民たちへも、外国の知人への“電話作戦”を伝授する。

ポールの行動は、とにかく“家族を救う”という動機に始まっているのが、とても純粋で心に響いた。そして、微かだけれど希望を感じさせてくれる。

話題沸騰公開時には、なんとなーく気後れして観に行かなかった。
シアターN渋谷よりもスクリーンが大きい新文芸坐で観ることができて良かった。

新文芸坐にて(公式サイト

監督/脚本:テリー・ジョージ
脚本:ケア・ピアソン
撮影:ロベール・フレース
出演:ドン・チードル、、ソフィー・オコネドー、ニック・ノルティ、ホアキン・フェニックス

HOTEL RWANDA  2004  イギリス=イタリア=南アフリカ

« 『デッドマン』ーBOW30映画祭ー | トップページ | 『ミュンヘン』 »

コメント

ああ、いわいさんは公開時は観に行かれなかったのですねー
ワタクシ、超混雑のシアターN渋谷で観たのですけど、2週間後位に近くのシネコンに来たのでガックシしたのでした・・・・・フ・・・

>怖いねと言うだけで、そのまま食事を続ける
この言葉は強烈でした。
まるで自分自身に向かって言われているような気がして。
その当時、新聞で読んだ記憶はあるのですが、数日後にはすっかり忘却の彼方だったワタクシ・・・・・
さまざまな問題を提示してくれた映画でした。

Puffさん、こんにちは♪
公開前は行く気満々だったのですけれど、予告編で感動を盛り上げられ過ぎたのがマイナスに作用してしまった、天の邪鬼なのでした。混雑しているなら行かなくてもいいかなー、なんて思ったり。

でも、観て良かったと思いました。
俳優たちの力のこもった演技に引込まれました。ニック・ノルティが良かった。
民族紛争って、平和な日本からでは想像もつかないですよね。
こういう映画を観る度に、いろいろと考えさせられます。

いわいさん、こんにちわ。
ご覧になりましたかー!私は2回観ました。2回目は、テアトル銀座でした。シアターN渋谷のスクリーンは幾分小さいから、大きいスクリーンだと印象も少し違ってくる部分もあった気がします。
>「世界の人々はあの映像を見て、怖いねと言うだけで、そのまま食事を続ける」
このセリフ。とても心に突き刺さるシーンでした。だからと言って自分に出来る事って...と、深く考えさせられました。
>ポールの行動は、それでも何かできるということを教えてくれた。
最初は家族の為という想いだったにしても、彼の取った行動は胸を打ちました。
そろそろDVD化するハズなんですが。勿論、購入する気は満々です。

隣の評論家さん、こんばんは。

隣の評論家さんの上半期のベスト1にあげてらしゃいましたよね。確かに、力のこもった映画だったと思います。

アフリカにある遠い国で起こっている惨劇について、ポールさんという素晴らしい人の行動を通して知るというのは、得難い体験でした。
彼のように行動できる人が1人でも増えることを願ってしまいます。
アフリカは他民族が集まった国が多いし、植民地支配の歴史も長いから、問題も多いことは知ってはいても、このように映画で見せられると、胸に迫ります。

シアターNで見るよりも文芸坐で見るほうが正解ですね。
スクリーンのでかさ、居心地、かなり好きです。
男トイレのほうが混むという不思議な現象もまた良し!
家族を救うという、根底の概念からぶれることはなく、
ポールはまさしくヒーローだったと思います。
観客である僕らも突きつけられて、
なんだか恥ずかしい気持ちになりつつ、
「知らない」とか「対岸の火事」とかじゃ情けないと感じました。

現象さん、こんばんは。
今頃観ているのでした。フフ
コメントありがとうございますー♪
文芸座って、男トイレはいつも並んでいるし、男率高いですよねー。名画座は、男のもの?

この種の映画を観ると、何ができるのだろうと思ってしまうことも多いですが、この映画は、ポールさんの行動を通して、結構冷静に観られた気がします。
こういう状況になった時に、ポールさんのように行動できる強さを持ちたいものですね。
アフリカは遠いし、ルワンダの場所もよく知らないのです。そのまま食事を続けるのは、仕方ないことだとも思います。
“知っている”と”知らない”では、雲泥の差があると思いたいですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/11501641

この記事へのトラックバック一覧です: 『ホテル・ルワンダ』:

» 「ホテル・ルワンダ」 [Puff's Cinema Cafe Diary]
公式サイト シアターN、公開4日目初回です。 余裕を持って25分前に到着。 しかーーーし!既に長蛇の列が並んでいるではありませぬか!! 全員入れましたが満席となりました。 上映開始時間に間に合わず、やや遅れて... [続きを読む]

» ホテル・ルワンダ [映画通の部屋]
「ホテル・ルワンダ」HOTEL RWANDA / 製作:2004年、カナダ=イギ [続きを読む]

» ホテル・ルワンダ@シアターN渋谷 [ソウウツおかげでFLASHBACK現象]
実話を基にしているといってもそれはピンからキリまであり、脚色が甚だしいものでも、そう謳われることがある。本作は事実に対して忠実に作られたと感じた。物語のリアリティは、主人公ポール・ルセサバギナの人間性にもある。 1994年、アフリカのルワンダにてフツ族とツチ... [続きを読む]

» 『ホテル・ルワンダ』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
署名運動の末、一般公開にいたったことを嬉しく思う。 1人ひとりがポール・ルセサバギナのような行動をとることは難しいだろうけど、ポールの行動を正しいと思う人が大多数である世ならば捨てたものじゃないかもしれない。 1994年、アフリカのルワンダで多数派フツ族による少数派ツチ族の80万人もの大量虐殺が起きた際、外資系高級ホテル「ミル・コリン・ホテル」支配人のポール・ルセサバギナが、ツチ族の妻や友人たち、命の危険にさらされた人たちを救うために奮闘した実話に基づいた物語。16世紀に北方からやって来た遊... [続きを読む]

« 『デッドマン』ーBOW30映画祭ー | トップページ | 『ミュンヘン』 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ