« 『七月大歌舞伎』昼の部 | トップページ | 『リブ・フリーキー!ダイ・フリーキー!』 »

『レイヤー・ケーキ』

Layercake主人公の麻薬ディーラのキャラクタがユニークで面白い。
ボスから下っ端のチンピラまで、ケーキのように階層のある裏社会を舞台に、それぞれの思惑が複雑に絡み合うさまをテンポよく描いている。

麻薬ディーラとしてロンドンの裏社会で確実に財をなしてきた名もなき一人の男。好調なうちに引退しようと決意を固めた矢先、ボスから舞い込んだ、新たな仕事の依頼。それは、大物エディ・テンプルの娘を探し出すことと、ギャングのデュークが手に入れた大量のエクスタシーを売り捌くというものだった。

次期ジェームズ・ボンドのダニエル・クレイグが主人公を演じている。
裏社会の一員のくせに、力ではなく頭を使い、自らが決めた厳格なルールに従って行動するクールな人物。レイヤーの上層に上り詰めることが目的ではなくて、裏社会が金儲けの手段であるところが面白い。
ボスから依頼された仕事なんて簡単に終わらせられるはずだったのに、目論見が破れて窮地に追い込まれていくのに、クールに乗り切っていくのが素敵。
“007”のようなガン・アクションも楽しめた。

マシュー・ヴォーン監督は、『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』のプロデューサ。それ系の、スタイリッシュな雰囲気。
突如出現する間の抜けたような場面があったり、バイオレンス場面が唐突に炸裂したり、リズムに変化をもたせて話が進む。

主人公に絡む女性役でシエナ・ミラー。『カサノバ』とはうってかわった色っぽさにびっくり。
ボスの右腕ジーンのコルム・ミーニィの顔が、右腕らしくて良かった。魚を捌く場面が、あのように繋がるとは。
裏社会の大物エディのマイケル・ガンボンが、さすがの存在感。すかしたかんじの英語を話す声が好き。
命をねらってくるのが指名手配中のセルビア人っていうのは、なんとなく不気味でリアリティある気がした。

ユーロスペースにて(公式サイト

監督:マシュー・ヴォーン
原作/脚本:J・J・コノリー
出演:ダニエル・クレイグ、コルム・ミーニイ、ケネス・クラナム、ジョージ・ハリス、ジェイミー・フォアマン、シエナ・ミラー、マイケル・ガンボン、マーセル・ユーレス

Layer Cake  2004  イギリス

« 『七月大歌舞伎』昼の部 | トップページ | 『リブ・フリーキー!ダイ・フリーキー!』 »

コメント

なかなか面白かったですよねー
題だけ見ると甘ーいケーキを連想させますが、中身はビターなクライム・ムービーでしたよね。
イギリスらしい、小気味良い小品的な味わいがありました。

そうそう、ダニエル・クレイグ!
ジェームズ・ボンド決定と聞いた時はとっても違和感アリアリだったのですけど、この映画を観たら「お!なかなかイケるじゃん!」と思いました。
「007」の前に観ておいて良かったです。ウフ

Puffさん、こんばんはー♪

>イギリスらしい、小気味良い小品的な味わいがありました。
そうでしたね。まさに“小品”だったけれど、面白かったです。

そして、ダニエル・クレイグですよ!
結構好きなタイプです。目の色薄くて。
実は、ジェームズ・ボンド決定と聞いた時から楽しみでした。知的なボンドになりそーだと思って。
今までの、ピアースのボンドも好きだったんですけどね。
とにかく、新しい「007」楽しみですねー。

おお!いわいさんもダニエルがお好きでしたか!
実はワタクシもお気に入りの俳優さんです。
あのブルーの瞳を見ているとうっとりして吸い込まれそうです。ウフフ
「エリザベス」や「トゥームレイダー 」の時はさして気にも留めなかったのですが、「10ミニッツ・オールダー/イデアの森」を観て、ビビビッと胸に刺さりました。
知的な雰囲気が素敵ですよねー・・・
次回の「007」では是非熱く語り合いましょう~~~♪

Puffさん、こんにちはー♪
Puffさんもお気に入りですか!
『10ミニッツ・オールダー/イデアの森』にも出ていましたか。覚えていませんです、、
わたしは、次のジェームズ・ボンドというニュースを聞いてから意識したので、『Jの悲劇』からでしょうか。それまで、全然チェックしていませんでした。。
『007』での語らいを楽しみにしています〜〜!

おおー、ダニエルのファンサイトですか??笑
もう一人、入れてちょ!爆
いやー、なんかカッコいいだけじゃないところが好きですー。
あまりにもカッコよすぎを連想させるボンドよりも、私はこういうちょっと間が抜けた役の方が断然魅力を感じちゃいますよょょ。
あの瞳にはクラクラきます。名前さえも劇中では明かされていない事を考えてもいなかったですよ。←アホ

charlotteさん、こんばんはー。
ダニエル・クレイグは、最近気になってますー。
ファンといえるほど、ハマってないんですがー。(きっぱり)
でも、ボンドは絶対に観に行きますよー。
不思議な魅力ありますよね。
最後に、「オレくらい切れ者だったら、オレの名前が言えるだろう」(だったかな?)と、注意深く観ていれば、名前が判るみたいに聞こえる発言をしたんですよね。
だからといって、もう一度は観ないんですけれど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/11471046

この記事へのトラックバック一覧です: 『レイヤー・ケーキ』:

» 「レイヤー・ケーキ」 [Puff's Cinema Cafe Diary]
公式サイト ユーロスペース、公開4日目初回です。 シアター2(145席)、1時間前に着いて5番目です。 入場者数は、3-4割といったところ。 今日の昼飯:「風来居」 しおラーメン 700円、 煮玉子 100円 「風来居」... [続きを読む]

» レイヤー・ケーキ [映画通の部屋]
「レイヤー・ケーキ」LAYER CAKE/製作:2004年、イギリス 105分 [続きを読む]

» レイヤーケーキ [シャーロットの涙]
全ては終わらせる為に始まった・・・ なかなか上手いキャッチコピー。 結構自前のルールが正統派。 決して目立つな。欲張りすぎるな。正当に稼げ。供給者にちゃんと金を払え。計画を立て、それに従え。好調なうちに引退しろ。 裏社会の階層(レイヤー)をケーキに例えた「レイヤーケーキ」 トップはボス。土台はチンピラ・・・ また、ケーキというものは土台を作り、中にも具をたっぷり詰め、さあデコレーションして終�... [続きを読む]

« 『七月大歌舞伎』昼の部 | トップページ | 『リブ・フリーキー!ダイ・フリーキー!』 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ