« 6月のまとめ | トップページ | 『ココシリ』 »

2006年上半期映画ベスト10

2006年上半期に観た映画のベスト10を選んでみましたっ。
観た映画の本数は、92本。
名画座にも通ったりしたので、旧作も多いのですが。

公開期間がどんどん短くなって、公開される映画の数が増えている気がする今日この頃。観るペースをあげないと、すぐに終わってしまうから大変だー。
92本のうち、新作は61本。
今の気分で、えいやっと!

  1. ニュー・ワールド
  2. メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬
  3. 愛より強く
  4. アメリカ、家族のいる風景
  5. ぼくを葬(おく)る
  6. ナイロビの蜂
  7. クラッシュ
  8. 夜よ、こんにちは
  9. うつせみ
  10. ディバージェンス ー運命の交差点ー

次点) 

  • ククーシュカ ラップランドの妖精
  • ある子供
  • ファザー、サン

再上映で、スクリーンで出会えたことに感謝した作品も多数。

<リバイバル上映ありがとー賞>

  • ヤンヤン 夏の想い出
  • ふたりのベロニカ(ニュープリント版)
  • 蛇の道 
  • セブンス コンチネント
  • まぼろし
  • 四畳半襖の裏張り

動物には目がないので。

<動物の演技にやられたで賞>

  • 象:ポーヤイとコーン 「トム・ヤム・クン!」
  • 犬:マヤ、マックス他8頭 「南極物語(ディズニー版)」
  • 犬:ツォーホル 「天空の草原のナンサ」


ハズレだと思う映画にぶち当たると、気力萎えして、映画館に行くのがイヤになるものですが、今年はまだそれほどハズしていない気がします。観る本数が増えたのに、アタリが多かったのはうれしいなー。
下半期もどんな作品と出会えるのか、楽しみ〜。

« 6月のまとめ | トップページ | 『ココシリ』 »

コメント

メンテ、終わりましたねーー
何だか以前よりもサクサクとTB出来るような気がします。ウフ

でで、上半期映画ベスト10 ですが、、
おおっ、いわいさんは92本ですか!!多いですねー
ワタクシ、「ニュー・ワールド」「夜よ、こんにちは」は見逃してしまったのですよ、、これは是非ともDVDでチェックしてみないといけませんね。
2、3、4は、ホント、同感です!!
あ、、動物も3作品とも未見であります。
いわいさんは、観る幅が広いので何時も感心しておりますデスー

Puffさん、こんにちはーー♪
メンテナンス長かったですが、トラックバックがサクサクできるようになったのなら、オッケーですー。

「ニュー・ワールド」は、賛否両論みたいですけれど、ずっぽりと浸れたワタクシです。DVDで観る時には、是非とも集中してご覧くださいー。ストーリィというよりも、音とか映像とかに浸る映画だと思うのです。

2、3、4の順番は、ちょっと迷いました。
動物が出る映画は萌えながら観てしまうので、少々邪道な観客なワタクシなのですがー、、
観る幅が広いというか、欲張りなのです。
Puffさんも、幅広いですよね。わたしもホラーとかB級とか大好きなのですが、後回しになってしまいがちです。

いわいさん、こんにちわ。
TB&コメントありがとうございました。
終わりましたねぇ、48時間メンテナンス!待った甲斐ありました。TB早くなってますね。

ベスト10つ作ったのですね。数本かぶっておりますわ。いわいさんが挙げた中では、未見のものがあります。「アメリカ、家族のいる風景」と「夜よ、こんにちわ」は見逃したものですから。益々見たくなりました。「ククラーシュカ」も気になりますです。

おおっ。『ニュー・ワールド』ですね!
カメラワーク主義な私は浮遊感のある『ファザー、サン』派なんですがー。
2位以下はかなりかなりかぶっていますね♪
そして、『ディバージェンス ー運命の交差点ー』というのがとても気になり・・・。
『ヤンヤン 夏の想い出』 なども大好きですー。
ナンサのワンちゃんはかわいかったですよねー。
あと、サージェント・ペッパーもすごく演技派でしたよ!

隣の評論家さん、こんばんは♪
オールタイムベスト10的なものは、結構考えるのですが、限定した期間で考えたことがありませんでした。
時間が経過すると感じ方が変わったりと、結構悩みました。
『アメリカ、家族のいる風景』も『夜よ、こんにちは』も素敵な作品でした。隣の評論家さんの感想もお聞きしたいです。

かえるさん、こんばんは♪
かえるさんは、『ファザー、サン』派ですか。わたしは、『ニュー・ワールド』にやられたその日の夜に観たのです。別の日に観れば良かったなー、と後悔しています。
『ディバージェンス ー運命の交差点ー』は、香港ノワールにメランコリックさが程よくマッチしている作品でした。最近、香港ノワールにハマりはじめたことを記念して、ベスト10にいれてみました。
サージェント・ペッパー!気にはなっていたのですけど、見逃しています。これは、2番館で上映されなさそうですねー。

今日はいっぱいお邪魔しますです(*^_^*)
ニューワールド、私も惚れましたー!
愛より強く・・・見逃しちゃいましたよ。見たかったなあ。
やはり単館系作品強し!色々教えてください!
今後も良き作品との出会いを期待しましょうね。
また今後もどうぞよろしくお願いします。

charlotteさん、ようこそー♪
『ニュー・ワールド』は多分今年いっぱい不動です。
どうして感動したのか、まだよくわかっていないくらいなのです。
『愛より強く』はお薦めですー。ぜひぜひー。
今年は、前半から良い作品に出会えることが多くて、映画館に通う回数がどんどん増えている気がしますー。
これからもがんばりましょー。

こんばんわ、こちらにもTBさせていただきました。
いわいさんほど本数観ていないので、あまり比較できませんが、やはり「愛より強く」は同感です。
あと、何人かの方の上半期ベストで、「アメリカ・家族のいる風景」「夜よ、こんにちわ」が入っているので、これはぜひ観たいなーと思っています。
「ニュー・ワールド」は、コリン・ファレルが苦手という理由だけで避けたのですが(私好き嫌いが異常に激しいんです。よくないとは思うのですが。。)作品としては気になっていました。
ちなみに私は、いい映画を観た後ほど、しばらく何も観たくない(=記憶を上書きしたくない)という気分になり、ハズレたときほど早く口直ししなくっちゃ!という気分になり勢いこんで本数観たりします(笑)そこはいわいさんと逆だなーと思いました。

わかばさん、こんにちは♪
『愛より強く』の強烈さは特別だと思います。映像と音楽と、そして俳優の魅力。もう少し大きいスクリーンで再上映してほしいです。
『ニュー・ワールド』のコリン・ファレルは良かったと思います。濃い俳優だから好き嫌い別れそうですよね。わたしは今のところ、ニュートラルな気持ちです。
『ニュー・ワールド』は、物語としてはどうってことないのに、どうして感動したのか自分でもよくわかっていません。何かサブリミナルな仕掛けでもやっていたのでは?と思ってしまうくらいにハマりました。
普段がんばって映画を観に行っているので(それが間違い?)、ハズしたりすると「どうしてこんなに一所懸命観ているんだろ、バカみたい」という内省的な気持ちになってしまうみたいです。映画に行くのもパワーがいりますよね。
「記憶を上書きしたくない」というはわかりますー。余韻にも浸りたいですよね。そういう時もあります。
でも、良い映画にパワーをもらって、更なる出会いを求める気持ちが沸き上がってくることも多いです。
鎮静剤も映画、起爆剤も映画。麻薬的ですね。(にっこり)

再びお邪魔します。TB送り直させていただきました。
「愛より強く」は私も本当にやられてしまったので、それこそ「上書きしたくない」気分に強く陥りました。私はヘンなところがあって、同じ映画でも上書きしたくなくなるときがあるんです。これはもう一回観たいと同時に、観るのが少しだけ怖いんです。つまり、最初に観たときの衝撃が、二度目観て失われたらどうしよう、と思ってしまったりするんです。自分でも変だと思うんですが、それくらい衝撃が大きかったんです(ちなみにすぐにもう一回観て補填?したくなる作品もあるのですが)。
コリン・ファレルを毛嫌いしないで、機会があればチャレンジします「ニュー・ワールド」。でも本当に、なぜ?ってくらいすーって入っていける作品てありますよね。そのときの自分の何かと響きあうんでしょうね。
映画に行くのもパワー、いりますね。だから私の場合は(体力的に)本数はムリと思ってます。逆に本数観ないからこそ、選ぶのに慎重になりますし、選ぶ時間も結構楽しかったりします。それでハズすと、精神より体力的にどーーっと疲れが出てぐったり。なのに気分は早く上書き!みたいな(笑)でも基本的には、素晴らしい映画に出会ったときの高揚感が一番嬉しいですね。まさしく麻薬的です。

わかばさん、こんばんはー♪
あぁ、もの凄くよくわかります。
衝撃を受けると同時に、2回目でそれが失われるかもという危惧を抱くことって、稀にあります。良い映画を観た後は、また観たいと思う時、時間を置いてから観たい時、これほどの衝撃は2度と受けられないかもしれないから封印したいと思う時、などなど、いろいろな感慨を持ちます。
わたしは、『愛より強く』を観た後は、また観たいと思いました。物語に惹き込まれ過ぎて、見落としたところがたくさんあるような気がしたからです。でも、とんでもないことに同日『ドッグ・デイズ』なんて観てしまいました。(今気づいたけれど、両方ドイツ語の映画でした。)全く違う系統の映画だったので、それぞれの記憶領域を浸食することは無かったみたいです。

たびたびお邪魔します。もう一言だけ。
共感していただいて嬉しいです♪
観終わってすぐもう一度観たいもの、封印したいもの、どこに違いがあるのかは自分でもわかりませんが、確かにありますよね。でも封印したいくらい衝撃を受けたものを恐る恐る見返すと、やっぱり大丈夫だった!ということも多いです(^^)「愛より強く」はびくびくしつつも見返したいと思っています。
「ドッグ・デイズ」は未見ですが、こちらも結構皆さんの評判が高いので、DVDでトライしたいなーと思ってます。映画館行きはビビってやめてしまったので。

わかばさん、どうもー♪
>でも封印したいくらい衝撃を受けたものを恐る恐る見返すと、やっぱり大丈夫だった!
なるほど。そういうものかもしれませんね。
封印したものを見返したことは多分ないと思います。
あまり何度も同じ映画を観ない性格なもので、、
『ドッグ・デイズ』は、DVD出るんでしょうか?結構ヤバい作品(映倫通っていないような?)だったから、発売されないかも。どうなんでしょう。
DVDになったら、ぼかしバリバリだと思われます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/10910208

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年上半期映画ベスト10 :

» 2006年上半期間マイベスト10 [Puff's Cinema Cafe Diary]
1-6月において、劇場で観た映画は、58本でした。 最近映画を観る時間を減らしているので、観たかった映画や貴重な映画を見逃しているような気がします。 お馬鹿映画もたくさん流しているのが残念! 注:「ある子供」... [続きを読む]

» 2006年上半期ベスト10 [映画通の部屋]
発表!ドラム・ロール♪♪♪2006年上半期に劇場公開された作品の中から、隣の評論 [続きを読む]

» 2006上半期☆myベスト・シネマ [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
2006年上半期に劇場鑑賞作品数は100本超えましたっ。 これは記録だ。観過ぎー で、特集上映ものなどの旧作を除いての90本弱の中から、 恒例の上半期myベストシネマ選出をいたしまーす。 例によって、個人的に気に入ったもの、心に響いたものというのがポイント。 例によって、雰囲気重視、演出・映像重視の傾向がありまっす。では、2006年上半期☆myベスト・シネマを今の気分で発表! <作品賞> 1.キングス&クイーン 2.太陽に恋して 3.愛より強く 4.アメリカ,家族のいる風景 ... [続きを読む]

» 2006年映画鑑賞上半期ベスト10 [シャーロットの涙]
今年ももう半分たちました。かなり見てます。自分でもこんなに見たかと驚いてますが。 79本鑑賞。整理がてらベスト10にまとめてみました。 普段、点数や星の数等で評価してない私ですが・・・ 今回は独自に涙映画10本の選考と総合評価ベスト10を作ってみました。 まずはマイ涙映画を10本{/star/} 邦画でよく泣かされましたね{/namida/} リアルにリンクしちゃうからでしょうか… 「タイヨウのう... [続きを読む]

» 2006前半の総括。 [working title -annex-]
 総括といっても当たり前なことで個人的なものです。映画界を総括したりはできませんです。  ものすごく観てる人よりは全然観てないし、でも映画鑑賞が一番の趣味じゃない人よりは全然観てると思うし。個人的には、年に1,2本しか観てない年もあったので、それと比べたら死ぬほど見てますが(笑)。  というわけで、あくまで私が観た中での総括です。(順番は各グループ内で見た順番です)    【とりあえず文句なし!第一グループ5本】 ★君とボクの虹色の世界  とにかく好き!リアリティがあるのにトリップ感もあ... [続きを読む]

« 6月のまとめ | トップページ | 『ココシリ』 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ