« 『カリスマ』『ワタナベ』『ココロ、オドル」 | トップページ | 『四畳半襖の裏張り』『黒薔薇昇天』 »

『リトル・ランナー』

Stralph 母のために奇跡を起こそうと、少年は走る。
思春期の少年が持つ真っすぐな思いと、走ることによる高揚感を感じることができて、素直に感動。

1953年のカナダ。ラルフは、カトリックの私立学校に通う14歳の少年。戦争で父を亡くしたラルフの唯一の肉親である母は入院中で、ある日昏睡状態に陥ってしまう。
「奇跡でも起こらないかぎり目覚めない」と言われたラルフは、ボストンマラソン優勝という奇跡を目指し、猛練習を開始する。

ラルフ少年の思春期らしい明るさが微笑ましい。女の子やタバコに興味を持ったりして、決して優等生ではない。けれど、校長先生の秘書に「ブラウスの色が目の色を引き立てている」などと言うことのできる気配りが、単なるませガキなのではなくて、入院した母親に対する気遣いとリンクするところが泣かせる。治療のせいなのか頭を布で覆っている母親に、キレイなスカーフをプレゼントしたり。

“奇跡”を起こすことを決意したラルフは、自己流のトレーニングを黙々と続ける。
コーチを引き受けることになる元オリンピック選手のヒバート神父や、看護婦のアリス、親友のチェスター、初恋の少女クレアたちのような協力者も現われるが、彼の行動を快く思わない人もいる。
校長先生のフィッツパトリック神父は「身の程を知ることが大切」と、彼のボストンマラソン参加に断固反対し、コーチをするヒバート神父の修道会追放も示唆する。校長の反対は宗教の教義に基づいているらしく、“奇跡”という言葉の持つ重さは、カトリック信者ではないわたしにとってあまりピンとこないものではあるけれど、興味深くもあった。ヒバート神父は、ニーチェを語るような進歩的(?)な人物だったり。走ることを禁じる会派があるなんて。

ボストンマラソンに参加するラルフをラジオ放送を通じて応援する人々と一緒にレースの成り行きに興奮した。
放送室を占拠したチェスターの行動や、その放送を聞いて校長先生の漏らした一言にはやられたし。
ハレルヤの歌が、感動を広げた。

映画のラストで、列聖された“Saint Ralph”。これが、映画の原題。

ボストンマラソンを目指す話なのに、ずっとイギリスを舞台にした映画だと思っていた。なぜだろう。クラシックな雰囲気の街並と、美しい風景が印象的だったからか。

予告編を観る度いつも泣かされていたので、逆に観るのを躊躇していた。けれど、そんなお涙頂戴な話ではなかったのだった。観て良かった。

ギンレイホールにて(公式サイト

監督/脚本:マイケル・マッゴーワン
撮影:ルネ・オーハシ
音楽:アンドリュー・ロッキングトン
出演:アダム・プッシャー、キャンベル・スコット、ジェニファー・ティリー、ゴードン・ピンセント、タマラ・ホープ、ショーナ・マクドナルド

SAINT RALPH  2004  カナダ

« 『カリスマ』『ワタナベ』『ココロ、オドル」 | トップページ | 『四畳半襖の裏張り』『黒薔薇昇天』 »

コメント

こんにちは♪
そうそう、私もイギリス映画だと思ってました(笑)
お涙頂戴モノじゃなかったのも良かったです。
厳格な学校にいても思春期の男の子はやっぱりあーなっちゃうのも面白かった~。
スポーツの大会目指して徐々に盛り上がるのはベタだけど、やっぱり気分は高揚するし、いいものですよね~。

こんにちはー。
私は映像の雰囲気でイタリア映画かと思っていました。
カナダだったとはー。
マラソンで優勝することを目指して、友達の応援を得られるなどなどの第一目的以外の効果がまた感動的でした。
日本は「奇跡」とか「聖なる」とかいう言葉を気軽に使いすぎですよね。
それをいったら、「愛」などもそうだな・・・。

ミチさん、こんばんは♪
おっ、ミチさんもイギリス映画だと思っていましたか!
ずっとそう思っていて、映画が始まって、ボストンマラソンだからアメリカかぁと思い直し、そしたらカナダでした。
お涙頂戴じゃないのは、本当に良かったです。泣かされたのは泣かされたのですけれど、気持ちよい涙でした。
思春期の男の子っぽさ全開で楽しかったです。

かえるさん、こんにちは♪
かえるさんは、イタリア映画だと思っていたのですね。
カナダの風景は美しいけれど、何となくイメージが固まっていないということでしょうか?
日本には、宗教的なタブーがほとんどありませんよね。
「愛」もなー。確かにそうですね。言葉が安く使われるとありがたみが薄れますよね。

こんばんは☆
神父さん役のキャンベル・スコットってカナダの方ですよね。というよりカナダでは有名な俳優さん達が多いのかと。
映画の雰囲気としてはヨーロッパ的だなあとは思っていました・・・

リトルダンサーと混同しちゃいますが(汗)、とても一途な想いを貫いて精一杯頑張ることが涙を誘いました~泣

ブッチャー君、可笑しすぎプププ…

charlotteさん、こんにちは。
キャンベル・スコットは、アメリカ出身だったように思います。
話されている英語がアメリカン・イングリッシュではないように思えたのと、街並がクラシックで美しかったこともあって、ヨーロッパな雰囲気を感じたんだと思います。
タイトルは、『リトルダンサー』を意識していますねー。あれはイギリスだったから、タイトルから連想したのかも。
主人公のひたむきさにも泣きましたが、周囲の人々が応援する姿にも泣かされました。
ブッチャー君、素敵に笑えましたー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/10876208

この記事へのトラックバック一覧です: 『リトル・ランナー』:

» リトル・ランナー [映画通の部屋]
「リトル・ランナー」SAINT RALPH / 製作:2004年、カナダ 98分 [続きを読む]

» 映画「リトル・ランナー」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「リトル・ランナー」 病気のお母さんのために奇跡を起こそうとボストンマラソンに挑戦する少年の物語。 どんなに泣かせる物語だろうと思っていたら、これが全然予想と違っていた。厳格なカトリック学校に通うラルフ(アダム・ブッチャー)は問題児。女子更衣室を覗いたり、校長室行きの常習犯にしてなかなかのオマセさん。そんな彼の有り余る若きエネルギーを昇華させようと、先生はクロスカントリーを勧める。 そんな時、入院している母が昏�... [続きを読む]

» 『リトル・ランナー』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
しめっぽくないのがいい。すがすがしい感動。 不屈のユーモアにスポ根プラス信仰、愛、希望の力あり。 1953年、カナダのハミルトン。カトリックの私立校に通う14歳の問題児のラルフは、病気で昏睡状態に陥ってしまった母のために奇蹟を起こそうとボストンマラソン参加を決意する。予告の病気のお母さんの印象が強かったので、典型的なお涙頂戴系なのかと思っていた。母親思いの息子が一生懸命走る良い子の泣かせる物語なのかなぁと。ところが、主人公ラルフは、お坊ちゃん風味の顔立ちに反して、素行は全くよろしくないのあっ... [続きを読む]

» リトルランナー [シャーロットの涙]
マラソンというのは一種独特の精神世界的なものを感じるけど… この作品はコメディのようなサクセスストーリー的な作品。 思春期の男の子達ってこんな感じなんだ〜とちょっとお勉強した気分。笑 規律正しい私学では、もちろんタバコも禁止。 でも全く規則を守らないラルフ(アダム・ブッチャー)。親友のチェスターと共にプールの女子更衣室をのぞきに行って失態を犯しクロスカントリー部に入部させられてしまう。いわゆる問題児なんだけど�... [続きを読む]

« 『カリスマ』『ワタナベ』『ココロ、オドル」 | トップページ | 『四畳半襖の裏張り』『黒薔薇昇天』 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ