« 『蛇の道』『大いなる幻影』 | トップページ | 『エンター・ザ・フェニックス』 »

『マジック・キッチン』

Magickitchen 初F4体験!といっても、ジェリー・イェンのみの出演だけどー。

母直伝のレシピにより、私房菜館を経営する、女性シェフ、ヨウ。彼女の家系は、代々女性がシェフとなり、愛する男性とは結ばれない、という呪いをかけられていた。

“F4 Film Collection 2005”で上映されたといっても、女性シェフのヨウを演じるサミー・チェンが主役の映画。
でも、“ジェリーの生声を聞ける!”のが売りなので、北京語ヴァージョンなのだった。ジェリー以外の声は、吹替えだそう。
ヨウのナレーションで物語が進み、それがまたもの凄い量。こんなに北京語を聞くことができたのは、久しぶりかも。圧倒される。

北京語だから台湾が舞台なのかと思って観ていたけれど、香港だったのね。

元カレ、といってもきちんと別れていなかったから心に残ったままの男(アンディ・ラウ)と出会って揺れたり、アシスタントをしてくれている年下の男の子(ジェリー・イェン)にしっかり見守られていたり、うらやましい設定。
その他にも、バーで可愛い男(ステーヴン・フォン)にナンパされたり、妻のいる男(ダニエル・ウー)と浮気をさせられそうになったり。

前半は、未練を持つのもわかるアンディ・ラウが目立って格好良い。
後半、付き合いだしたとたんに年下ならではの自信のなさを見せたりしていた、ジェリー・イェン。あまり感情を表に出さない役だったけど、たまに見せる笑顔が素敵だったので、もうすこし喜怒哀楽の表情を見たいと思った。

恋や仕事に悩みながらも、前に向かって一歩を踏み出すという、後味の良さ。
こういうロマンティック・コメディを観るのは久しぶりなので新鮮といえば新鮮。

ヨウの色っぽい友人役に、マギー・Q。雰囲気があって印象的だと思っていたら、『M:I:III』に出演しているのだった。楽しみ。

シネマート六本木にて(公式サイト

監督/脚本:リー・チーガイ
出演:サミー・チェン、ジェリー・イェン、アンディ・ラウ、マギー・Q

MAGIC KITCHEN/魔幻厨房  2004 香港

« 『蛇の道』『大いなる幻影』 | トップページ | 『エンター・ザ・フェニックス』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/10758995

この記事へのトラックバック一覧です: 『マジック・キッチン』:

« 『蛇の道』『大いなる幻影』 | トップページ | 『エンター・ザ・フェニックス』 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ