« 『ドッグ・デイズ』 | トップページ | 『ベニーズ ビデオ』 »

『ディバージェンス ー運命の交差点ー』

Divergence オープニング・タイトルから格好良くて、ドキドキ。
刑事、弁護士、殺し屋。3人の男の運命が交差するサスペンスにどっぷりハマる。

10年前に失踪した恋人フォンを忘れられずに探し続ける刑事シュン。彼は、実業家イウのマネーロンダリング事件に係わった重要証人を護送中、殺し屋コークに射殺されてしまう。シュンはイウの会社に乗り込むが、イウの担当弁護士トウから冷静にたしなめられてしまうのだった。翌日、シュンは、トウの妻エイミーが、行方不明の恋人フォンと瓜二つであることを知り、激しく動揺する。

刑事シュンはアーロン・クォック、弁護士トウはイーキン・チェン、殺し屋はダニエル・ウー。魅力的な3人の男が、それぞれステキ。

オープニングで行われた殺人が、事件にどうかかわるのか?トウの妻エイミーは、シュンの元恋人フォンなのか?殺し屋コークが、刑事シュンに絡んでくる目的は?
などなど、たくさんの謎を抱えつつ、クライマックスになだれ込み、すっきりと決着をつける手腕がお見事。

そして、恋人を忘れられないシュンの回想シーンが、メロウなアクセントをつけている。
若い時のシュンはアーロン・クォックがかつらを被ってて、ちょっと笑えるけれど、メロドラマっぽい音楽と淡いエフェクトがついた画面が、幸せだった日々をひたすら甘く美しく表現する。
サスペンスに挿入されるラヴな要素は、間延びして感じられることも多いけれど、この映画では、とても効果的だった。
事件のことはそっちのけで、トウの妻エイミーを追いかけ、彼女の幸せそうな様子をみて、うれしそうに微笑むシュンの姿にもらい泣き。

シュンと殺し屋コークとが繰り広げる、高速道路から市場への追跡場面には、手に汗握った。道路を走るシュンの全力疾走とか、ビニール袋を被せられての息苦しいアクションとか。

殺し屋コークの仲介人ティンを、ニン・チン(寧静)がやっていた。久しぶりーと思っていたら、見事なスキンヘッドをみせてくれて、びっくり。

シネマート六本木にて(公式サイト

監督:ベニー・チャン
出演:アーロン・クォック、イーキン・チェン、ダニエル・ウー、アンジェリカ・リー、エリック・ツァン、ニン・チン

三岔口/DIVERGENCE  2005 香港

« 『ドッグ・デイズ』 | トップページ | 『ベニーズ ビデオ』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/10549822

この記事へのトラックバック一覧です: 『ディバージェンス ー運命の交差点ー』:

« 『ドッグ・デイズ』 | トップページ | 『ベニーズ ビデオ』 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ