« 『隠された記憶』 | トップページ | 『夜よ、こんにちは』 »

『六月大歌舞伎』昼の部

今月の歌舞伎座は、片岡仁左衛門サマがご出演。
気合いをいれて、観劇します。

一、「君が代松竹梅(きみがよしょうちくばい)」長唄囃子連中
最初は、おめでたい舞い。
平安朝の装束が美しくて、優雅だけれど、あっと言う間に終わってしまった。
長唄の歌詞をきちんと聞き取ることができたら、もっと楽しいんだろうけど。

松の君:翫雀、梅の君:愛之助、竹の姫:孝太郎

二、「双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき)」
   角力場
大人気の大関濡髪長五郎と放駒長吉の対戦は、放駒の勝ちとなった。
放駒をひいきにする侍が、身請けしようとしている遊女吾妻は、濡髪びいきの若旦那・与五郎の恋人。放駒を勝たせて、侍の身請けを諦めてもらうというのが、濡髪の考えだった。

八百長で勝たせて、それでお願いを聞いてもらおうという気持ちが、やっぱり良くわからない。放駒のことをよく知らないので、見くびっていたのだろうけれど、伸び盛りの若手力士だったら、それは怒るだろうという展開。

幸四郎の濡髪が堂々としていて、とても立派だった。対する放駒は、染五郎。素人出身ということらしいけれど、一本気の初々しさが濡髪と対照的で、面白く観ることができた。

染五郎は、若旦那の与五郎を早替わりで演じている。「つっころばし」のやさ男はどうしても仁左衛門っぽくみえてしまうけれど、可愛らしいのでマル。

濡髪長五郎:幸四郎、吾妻:高麗蔵、放駒長吉/与五郎:染五郎

三、昇龍哀別瀬戸内「藤戸(ふじと)」松貫四構成 川崎哲男脚本
能の「藤戸」を素材にして、吉右衛門が構成した舞踊劇。
前半の老婆、後半の悪龍となった漁夫の霊を吉右衛門。
老婆の嘆きを聞いているうちに睡魔に襲われ、気がついたら悪龍になってた。
頭につけている龍が立派。引っ込みで場内が沸いていたが、三階だったのでよく見えず。

老母藤波/藤戸の悪龍:吉右衛門、浜の男磯七:歌昇、郎党長井景忠:松江、郎党和比八郎:鶴亀、郎党小林三郎:種太郎、郎党黒田源太:吉之助、浜の女おしほ:福助、佐々木盛綱:梅玉

四、江戸絵両国八景「荒川の佐吉(あらかわのさきち)」真山青果作、真山美保演出
腕のいい大工だった佐吉は、やくざの世界に憧れ、両国界隈を縄張りにする親分鍾馗(しょうき)の仁兵衛の子分になっている。仁兵衛は浪人成川郷右衛門に斬られて縄張りを奪われ、一家は離散してしまう。
佐吉は、仁兵衛の娘が産んだ盲目の卯之吉を預かり、友だちの大工の辰五郎の助けを借りて、卯之吉を育てる。

三下奴だった佐吉が、親分になれるだけの男に成長するという物語と、卯之吉を懸命に育て深く結びつきながら、別れを迎えるという物語が絡み合う。

前回観た時には、仁左衛門が格好良過ぎてちんぴらに見えなかったのと、卯之吉とのやり取りが泣かせ過ぎな気がして、それほど乗れなかったのだけれど、今回は良かった。

三下奴のがむしゃらさが、青々しくて良い。仁兵衛親分の仇を討つ決心をしてからの格好良さは当然のこと。
卯之吉とのやり取りは、程よくしんみりさせられる。
幕切れの別れにも、余韻が残った。

弟分の大工辰五郎が染五郎なので、バランスが良いと思う。軽くて情があって、佐吉への思いも伝わってきて、辰五郎に泣かされた。昼の部は、角力場といい、染五郎が印象に残った。

相模屋政五郎の菊五郎は、さすがの貫禄。別れの場面での大親分らしい心遣いも泣かせる。

通常ではやらない、成川が仁兵衛のところへお見舞いに来る場面を一場増やしている。兄貴分の隅田の清五郎はもうけ役なのだろうけれど、愛之助は線が細いかんじで今ひとつ。

荒川の佐吉:仁左衛門、丸総女房お新:時蔵、仁兵衛娘お八重:孝太郎、大工辰五郎:染五郎、隅田の清五郎:愛之助、あごの権六:由次郎、極楽徳兵衛:権十郎、白熊の忠助、鍾馗の仁兵衛:芦燕、成川郷衛門:段四郎、相模屋政五郎:菊五郎

« 『隠された記憶』 | トップページ | 『夜よ、こんにちは』 »

コメント

最後の引き込みよかったですよ。ゆきつ、もどりつ、後ろむきに幕にはいるってな演出でした。恨みはふかいぞ。
能の藤戸は、後場の漁師の霊は、やせ男の面で、漁師姿で、殺されるところを語るのですが、左手で、首をもり、もった杖で、刺し殺されるとこをしかたで、演じますが、ここはぞっ〜としますけど。歌舞伎は、龍になってスッポンからでてきるんですね。(でも、初演のときは、どうされてたんだろうと気になるところです。厳島神社にスッポンないですもんね。)。

悠さん、こんばんは。
後ろ向きに幕に入ったとは、珍しい。
能だと、猟師姿なのですね。猟師が悪龍になるというのが立派すぎるという気もしてしまいます。
1階でもう1回観るので、今度はしっかりと鑑賞します。
確かにスッポンはありませんよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/10609066

この記事へのトラックバック一覧です: 『六月大歌舞伎』昼の部:

» 春の港の夕暮れ♪藤戸のあたり~♪ [こ・と・ば・言葉]
「藤戸」@歌舞伎 (初演は、平成10年5月 厳島神社とあった) 物語は、最後にか [続きを読む]

» 六月大歌舞伎(昼の部) [Peaceful Easy Feeling]
六月大歌舞伎(昼の部) 歌舞伎座 2006年6月4日(日)11時00分開演 1階18列10番 1.君が代松竹梅  長唄囃子連中 10分程度の短い長唄舞踊だが、幕が上がると松竹梅の書き割りに長唄囃子連中が並び、松の君(翫雀)、竹の姫(孝太郎)、梅の君(愛之助)が舞台中央にせり上がる。松嶋屋二人と上方成駒屋という顔ぶれは、大阪松竹座ならともかく、また昼の部の幕開けとは言え歌舞伎座では珍しいのではないか。三人とも行儀良くおっとりとした雰囲気でまずまずだが、翫雀がいつもよりすっきりと見... [続きを読む]

« 『隠された記憶』 | トップページ | 『夜よ、こんにちは』 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ