« 『四畳半襖の裏張り』『黒薔薇昇天』 | トップページ | 2006年上半期映画ベスト10 »

6月のまとめ

6月にみたもののまとめ。

映画は、新旧あわせて25本。6月はシネマヴェーラなどの名画座に通ったので、旧作が多い。
新作では、『愛より強く』は印象深い。物語にも音楽にも、そして、俳優ビロル・ユーネルにもしびれた。
そして、『ナイロビの蜂』のアフリカにも、心を動かされた。

愛より強く
ナイロビの蜂
夜よ、こんにちは
ディバージェンス ー運命の交差点ー
ダック・シーズン
隠された記憶
リトル・ランナー
ドラゴン・プロジェクト
エンター・ザ・フェニックス
アンリ・カルティエ=ブレッソン 瞬間の記憶
ドッグ・デイズ
ブギーマン
寝ずの番

旧作では、『蛇の道』の恐ろしさにゾッとさせられた。ハネケの作品も同様に、人間の闇を浮き彫りにするような作品たちが、印象深い。
『四畳半襖の裏張り』の美しくも艶めかしい映像は素晴らしかった。

蛇の道“黒沢清による「絶対に成熟しない」KUROSAWA映画まつり”
ベニーズ ビデオ “これが最後だ!!ハネケ映画祭”
カリスマ“黒沢清による「絶対に成熟しない」KUROSAWA映画まつり”
四畳半襖の裏張り “脇役列伝 脇役で輝いた名優たち”
蟲たちの家“黒沢清による「絶対に成熟しない」KUROSAWA映画まつり”
71フラグメンツ “これが最後だ!!ハネケ映画祭”
アカルイミライ“黒沢清による「絶対に成熟しない」KUROSAWA映画まつり”
黒薔薇昇天 “脇役列伝 脇役で輝いた名優たち”
マジック・キッチン
大いなる幻影 Barren Illusion“黒沢清による「絶対に成熟しない」KUROSAWA映画まつり”
ココロ、オドルワタナベ“黒沢清による「絶対に成熟しない」KUROSAWA映画まつり”

芝居は、4本と少なめ。歌舞伎座の昼の部には2回通ったけれど、期待以上ではなかった。
『和宮様御留』は、時代に翻弄される少女の悲劇に涙した。

和宮様御留
Studio Life 「トーマの心臓」
六月大歌舞伎 昼の部
 「君が代松竹梅(きみがよしょうちくばい)」
 「双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき)」角力場
 昇龍哀別瀬戸内「藤戸(ふじと)」松貫四構成 川崎哲男脚本
 江戸絵両国八景「荒川の佐吉(あらかわのさきち)」真山青果作、真山美保演出
六月大歌舞伎 夜の部 
 「暗闇の丑松(くらやみのうしまつ)」長谷川伸作
 新古演劇十種の内「身替座禅(みがわりざぜん)」
 「二人夕霧(ににんゆうぎり)」傾城買指南所

« 『四畳半襖の裏張り』『黒薔薇昇天』 | トップページ | 2006年上半期映画ベスト10 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/10895578

この記事へのトラックバック一覧です: 6月のまとめ:

« 『四畳半襖の裏張り』『黒薔薇昇天』 | トップページ | 2006年上半期映画ベスト10 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ