« 『和宮様御留』 | トップページ | 『ナイロビの蜂』 »

『71フラグメンツ』

再追加上映 これが最後だ!!ハネケ映画祭」のユーロスペースへ。
ワタクシ的にも、これが最後。
短い期間にハネケ作品を5本!ハネケにどっぷりと浸かって、疲れ気味。

1993年12月23日。19歳の大学生が銀行で銃を乱射して、3人を撃ち殺した後、本人も自らの頭を打ち抜いて自殺する。

という事実を冒頭で提示して、映画は始まる。

『71フラグメンツ(偶然の時間序列における71の断片)』というタイトル通り、犠牲者と加害者となる人々が営む日常生活の断片を切り取って、事件の発生までの経過として並べてみせる。

銀行の窓口で働く女性には、独り暮らしの老いた父親がいる。
卓球のトレーニングをする大学生は、コンピュータを使ったパズルゲームソフトを作成して、友だちと遊ぶ。
銀行の警備員には、妻と赤ん坊がいて、子育てに苦労している。
ルーマニア難民の少年は、路上生活をしている。
子供のいない夫婦は、養子を迎えたいと思っている。

登場人物は、誰一人幸せそうではない。
軍から盗み出された銃は、巡り巡って大学生の手に渡るけれど、彼だって事件を起こそうと計画をしているわけではない。

“その時”は突然起こる。そして、あっけなく終わる。

誰もが、ちょっとした不満を抱えて生活している現代の社会では、この事件のようなことがいつ起こるか分からない。誰もが、加害者になる可能性があるのだ。

同じ2つのニュースが2回流される。ひとつ“戦闘状態のサラエボ市民のささやかな願い=クリスマスを和やかに過ごすこと”で、もうひとつは“マイケル・ジャクソンが疑惑への弁明を放送したということ”。
この2つのニュースが、続けて流れるのはある意味で滑稽なことだ。

それにしても、ピンポンマシーン(?)でひたすらピンポン球を打ち込み続けるシーンの息苦しさったらなかった。

ハネケ映画祭で4本プラス『隠された記憶』で合計5本。
まとめてハネケ作品に触れたことによって、傾向がつかめたような気はする。

何か起こるぞーと待ち構えている観客と勝負して、きっちりと満足させるハネケ監督は、やはり凄かった。

ユーロスペースにて

監督/脚本:ミヒャエル・ハネケ
出演:ガブリエル・コスミン・ウルデス、ルーカス・ミコ

71 FRAGMENTE EINER CHRONOLOGIE DES ZUFALLS/
71 FRAGMENTS OF A CHRONOLOGY OF CHANCE  1994  オーストリア

« 『和宮様御留』 | トップページ | 『ナイロビの蜂』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/10693855

この記事へのトラックバック一覧です: 『71フラグメンツ』:

» ミヒャエル・ハネケ映画祭のまとめ [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
今回観た過去4作品の感想とハネケ考私のミヒャエル・ハネケ初体験はカンヌ映画祭グランプリ作品の『ピアニスト』(01) イザベル・ユペールとブノワ・マジメルが抱き合うポスターのイメージを受けて、てっきりピアノ女教師と年下男子との甘くせつない恋愛映画だと思って観に行って突き落とされた。エリカの行動の数々に衝撃を受け、言いようのない不快さ痛さを感じつつも、すっかりその闇にハマってしまった。イェリネクの原作も読んでしまったし。 『ファニー・ゲーム』はその後にVIDEOで観たのかな。過激さにゾッとし、理... [続きを読む]

« 『和宮様御留』 | トップページ | 『ナイロビの蜂』 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ