« 新感線☆RS『メタル マクベス』 | トップページ | 『トム・ヤム・クン!』 »

『かもめ食堂』

Ruokala_lokkiフィンランドの首都ヘルシンキの町角にある小さな食堂。
「かもめ食堂」(ruokala lokki)の看板メニューは、“おにぎり”。

かもめ食堂は、日本人女性サチエが経営している。わざわざフィンランドで食堂を開いたのは、「ここならできると思った」から。なかなかお客さんは来てくれないけれど、毎日まじめにやっていれば大丈夫だと思っている。
日本人女性のミドリがフィンランドに来た理由は、「眼をつぶって世界地図を指差したらフィンランドだった」から。
ミドリはサチエと出会い、かもめ食堂を手伝うことにする。
そして、更にもう1人の日本人女性マサコがやってくる。

小林聡美が演じるサチエは、きりりとしていて格好良い。フィンランドで開店した経緯をさらりと語ったけれど、開店までの道のりはそんなに簡単ではなかったはず。しっかりフィンランド語を話し、異国の町で一人暮らしをしている姿が、潔くて素敵だ。
ミドリは、いつもエキセントリックな役ばかりな気がする片桐はいりだけれど、この映画のなかでは一番普通の人だったかも。いろいろと悩んだり、寂しがったり、素直に感情を表す役回り。
マサコは、不思議な存在感のもたいまさこ。

3人の女性それぞれがいろいろと事情を背負っているみたいだけれど、その多くを語らずに、一緒にいる。それぞれがきちんと自分の足で立ちながら、相手のことを考えている、その距離感が良い。いつまでも一緒にいられるわけではないことを理解しているところが、切なくも良いのだ。

こんなに料理がおいしそうな映画って、そうそうないと思う
海外旅行をしていても、ご飯とか味噌汁とか日本食を恋しくなったことは今までに一度もないけれど、こんな食堂があったら入ってみたいよな、と思わせてくれる、料理場面の素晴らしさ。鮭がジリジリ、豚の生姜焼きがジュワ〜、トンカツもジュワ〜でサクサク。

そして、フィンランドの森。キノコはいらないけれど、森でぼ〜っとしてみたい。
マルック・ペルトラの出演もうれしかった。『過去のない男』でのピクニック場面も思い出したり。

Kamome_chirashiチラシの写真がとても好きだった。
森と湖と青い空。
写真のクレジットは、高橋ヨーコ。
こういう写真を撮りたいな〜。

フィンランドは、以前から行きたいと思っていた国だけれど、この映画を観たら、皆そう思ってしまうだろうから、ほとぼりが冷めるのを待つことにしよう。

銀座テアトルシネマにて(公式サイト

監督/脚本:荻上直子
原作:群ようこ
撮影:トゥオモ・ヴィルタネン
美術:アンニカ・ビョルクマン
出演:小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ、ヤルッコ・ニエミ、タリア・マルクス、マルック・ペルトラ

ROUKALA LOKKI  2005 日本

« 新感線☆RS『メタル マクベス』 | トップページ | 『トム・ヤム・クン!』 »

コメント

ぬおお、いわいさん今までご覧になってなかったのですね。
この鉄板作品をw
「過去のない男」のピクニックシーン…思い出せない!
1年位前に見て感想も書いたのに。
僕も海外旅行中に日本食が恋しくなることってあまりないんですよね。
ひどくお腹を壊した時にやさしいお粥と味噌汁と漬物を欲するぐらい。
でももし異国の地でおにぎりを出されたら、
その店がruokala lokkiだったら、
迷うことなくパクついてしまうと思われます。
ん?キノコお嫌いなんですか?

なんか、幸せ感にあふれてましたでしょ。お互いがレスペクトできて、互いに干渉しない、こんな人間関係っていいですよね、ほんと。

すみませぬ。TBいくつも送りました。消していただけると幸いです。お手間かけます。m(__)m。

現象さん、いつもありがとうございます♪
とても混んでいるという噂を聞いて、躊躇しているうちに今頃になってしまいました。
「過去のない男」のピクニック場面は、キノコ狩りだったと思います。イルマとハンニバルちゃんと一緒でした。
フィンランドの森にはキノコがたくさんあるのでしょうか。
キノコは好きだけれど、自分だけで採取したキノコは危険な気がして。大量のキノコでトリップしそう。
異国では必ずお腹を壊します。そういう時には、白湯に砂糖を溶かしたものですね。ぬるいコークでも可。

悠さん、こんばんは。
幸せ感ありましたね。
ベタベタしない人間関係って、理想です。

トラックバックの件は、ご心配なくです。
ココログの調子あまりよくないかんじですね。

ドモドモー♪
TB、今回は入りませんでした・・・涙

ロングランヒットですねー
この映画が愛されるのが分かる気がします。
いろんなところがツボだったけれど、彼女たちの距離感が良かったですね。
>いつまでも一緒にいられるわけではないことを理解しているところ
そーなんです。
とても居心地が良い状態だけれど何時かは別れが来る、でも、その時が来てもサラリ・・・と笑顔で別れられる。
心地良い人間関係においても学ぶことがありましたデスー

Puffさん、コメントありがとうございます♪
本当にロングランしていますね。
それも納得のチャーミングな作品でした。

本当に、学ぶことがありましたー。
サチエさんの凛々しい潔さには特に。
あんな風に背筋を伸ばして、生きて行きたいなーと思いました。

こんにちはー。
サチエさんのような人になりたーいと真剣に思いました。
でも、土台が違って無理なので、サチエさんに出会いたーい。
私はキノコもありで、森へ行きたいでっす♪

かえるさん、こんにちは。
サチエさんには、本当に憧れます。
わたしも、土台が違うから無理なので、サチエさんに出会いたーい。
森へ行きたいですよね。ホントに。
キノコはあってもなくても良いのです。
光を感じたい。木々のざわめきを感じたいです。

むむむ、TBがうまくお送りできなかったようです・・・。
いわいさん、こんばんは!
この映画、人間も風景もキリリと健気に美しく、これ以上ないフィンランドの宣伝になってましたね(笑)。
これを観てフィンランドに行きたくならない人がいるのでしょうか?
これからの季節、ホントに綺麗なんだろうなー。
全てを捨てて行っちゃいたいなー。
そんなことを考えてしまう、僕にとってはある意味危険な作品でした。

Kenさん、こんばんは♪
こんな素敵な宣伝をしてもらえて、フィンランド政府観光局もうれしいと思います。(にっこり)
以前は、冬のフィンランドにオーロラを見に行って、犬ぞり体験!、とか思っていたのです。
今は、夏の美しい季節の森に行きたーい、と熱望しています。
「行きたかったら行ったらよいのです。」と、サチエさんに言われそうですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/10297332

この記事へのトラックバック一覧です: 『かもめ食堂』:

» かもめ食堂@シネスイッチ銀座 [ソウウツおかげでFLASHBACK現象]
小林聡美は無粋に無縁。彼女が演じた主人公サチエもまた、いなせな女性だった。フィンランドでかもめ食堂を経営するサチエだが、客は一人も来なかった。それでも「毎日真面目にやっていればお客は来る」といって、いつしか食堂は満席になる。サチエの詳細は明かされない。なぜ... [続きを読む]

» 「やりたくないことはやらない」 [こ・と・ば・言葉]
「かもめ食堂」@映画の小林聡美の台詞。いいなぁ、この台詞。「やりたいことは、何が [続きを読む]

» かもめ食堂 [映画通の部屋]
「かもめ食堂」 製作:2005年、日本 102分 監督:荻上直子 出演:小林聡美 [続きを読む]

» 『かもめ食堂』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
ほのぼの優しく居心地のいい かもめ食堂。 食べることは生きること。 オリジナリティをもって、マイペースでいこう! フィンランドのヘルシンキに日本人のサチエがオープンした食堂の物語。アイドル映画もあふれ、メインに置かれるのはもっぱら華のある女優というのがスタンダードな中、片桐はいりや もたいまさこを準主役に据えての個性的な味わいがスバラシイ。 純愛!だとか泣ける!だとか、押しつけがましい邦画が多い中、このかもめ食堂の押しつけがましくないところは、ヒジョーに魅力的。 その魅力が凝縮され... [続きを読む]

« 新感線☆RS『メタル マクベス』 | トップページ | 『トム・ヤム・クン!』 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ