« チェコアニメ映画祭2006 Dプログラム | トップページ | 『リバティーン』 »

『好きだ、』

Sukida 17年間におよぶ、「好きだ、」という想い。

17歳のユウとヨースケ。
放課後の川辺で、毎日ギターを弾いているヨースケ。それを、そっと聴いているユウ。いつしか隣に座っている。2人の間の距離が縮まる。
なかなかそこから進まない2人の関係が、もどかしいような微笑ましいような。
下手なギターで繰り返し練習されている同じフレーズを口ずさむユウ。
近づいているような、すれ違っているような、惹かれ合っているような。微妙な関係は、ある出来事で断ち切れる。
そして、17年後。34歳のヨースケとユウは偶然に再会する。そして、また惹かれ合う。

キャスティングが絶妙だ。17歳のユウを演じる宮崎あおいの瑞々しい眼差しに耐えられる男の子がいるのだろうか。まぶしー。
でも、ユウの好意を素直に受け入れられないヨースケを演じるのが瑛太なので、納得。まさに無骨だけど格好良い男の子。
そして、17年後のヨースケとユウを、西島秀俊と永作博美だ。2人の間に流れる雰囲気が自然で、違和感なし。

セリフが極端に少ないなかで、2人の間に流れる微妙な空気を映像で表現している。空や川などの風景をインサートするタイミングや“間”など、繊細で詩情豊かな映像は、登場人物がすぐ側にいるような気持ちにさせてくれた。
監督の石川寛は、脚本も撮影も編集も自分でやっている。監督の感性に合わないと、つまらない映画だと思ってしまうんだろうけれど、わたしは好きだった。
菅野よう子による音楽も、耳に残って印象的。

タイトルの「好きだ、」は、やはりこの“、”が良い。
タイトルが中央ではなく、心持ち左寄りになっているところも、好ましい。

シネカノン有楽町にて(公式サイト

監督/脚本/撮影/編集:石川寛
出演:宮崎あおい、西島秀俊、永作博美、瑛太、小山田サユリ

2005  日本

« チェコアニメ映画祭2006 Dプログラム | トップページ | 『リバティーン』 »

コメント

 私も、この映画の、セリフが少ないところや、「間(ま)」が好きでした。
 エンドロールで、17歳の2人のシーンのロケ地が、私の出生地だった事を知り、驚きと縁を感じました。

瑞々しい眼差しに耐えられる男の子…
おらんでしょー。
ていうか見向きもされないと思われ。
悲しいかな。
人を選ぶ映画でしたね。
つまらないとかもどかしいとか、
そう感じる人の気持ちも分かるところです。
僕はその時の気分的にすーっと入ってきました。
あおいたんも永作たんも萌える…

あおいたんにもまじで萌えますわ。
でも、やっぱり私は西島っちと飲みに行きたいなー。
<かなり本気な妄想♪

とみさん、こんにちは♪
ロケ地が出生地だったんですか。そういうのって、映画をより身近に感じられて、うれしいですよね。
この映画は、「間」を受け入れることができるかどうかが、好き嫌いの分かれ目だと思いました。
わたしも、好きです。

現象さん、こんにちは♪
17歳のヨースケも耐えられなかったのかもしれませんね。
34歳になってから、「どうして逃げたんだろう」とか言っているし。耐えられなくて、逃げてしまったのかな。
こういう映画って、好きですー。
あおいたん萌え〜ですよね。
でも、西島秀俊にも萌えましたわ。

かえるさん、こんにちはー。
ホント、あおいたん萌えですねー。
17歳のヨースケもモテモテだろうなーと思うんですけど、野球部やめちゃったからダメなのかなぁ。

わたしも西島っちと飲みに行きたいですー。
うふ。映画館で西島秀俊に遭遇した仲間でしたね。
わたしも妄想してしまいます♪

こんばんは。深夜族です。(古っ!)
コメントをありがとうございました。トラックバックは、ココログの絶不調があるので、どうぞご放念くださいまし。(^^;)>自分は、すっかりあきらめてマス。
すてきな映画でしたねぇ。うーん。余韻が残ります。西島さん、格好良過ぎですわ。どきどきしましたね、久しぶりに。(爆)
自分は、耐えられなくて逃げた…側です。(^^;)
その彼が、新しい彼女を見つけて結婚した時には、なんとなく嬉しかった。でも、去年、その彼女は癌で亡くなってしまいました。その後の彼に会った時には…。巡り合わせって、不思議なものだと思います。(え? 何もなかったですよ。つまらない…とか、言わないでください)>いわいさん。。。

あかん隊さん、こんばんは。
確かにスゴい時間の書き込みですね。お忙しいのにありがとうございます。
素晴らしい余韻が残る映画でしたね。
西島さんにはそこはかとない色気を感じて、わたしもドキドキしました。この間、映画館で生の西島さんに遭遇して、どっきりしたワタクシです。同じ映画をみていただけなんですけれど、なんだかうれしかったです。

巡り合わせの不思議って。おぉーー!それって、衝撃の告白ではありませんか。
映画のようにドラマティックなことって、あるものですねぇ。うふ。
何もなかったということで、了解いたしましたー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/10117154

この記事へのトラックバック一覧です: 『好きだ、』:

» 映画「好きだ、」を観て [とみのひとりごと]
 私にとっては、画期的な映画だったと思う。  17歳のユウとヨースケのシーン。しばらく、言葉がなく、ユウの表情だけを映している時があった。その表情から、色んな事が読み取れた。恋、愛、好奇心、残酷、嫉妬、プライド、自惚れ、繊細、自信の無さ、もどかしさ、不安、期待など・・・。そして、私は、言葉を言わず、表情豊かなユウに、私の思いを重ね合わせた。そうか、この、セリフの無いシーンの心の中は、観る人が、心の中で好きなセリフを言っていいんだ、と思った。  余計な会話が無く、選ばれた言葉によって、物...... [続きを読む]

» 好きだ、@アミューズCQN [ソウウツおかげでFLASHBACK現象]
向き合ったり、同じ方向を見たり、少ないセリフは横顔が補完する。霞み、くすみがちの美しい空を随所に挿入して、雲も彼らの心情を語っているようだった。たとえ薄っぺらくても沁みる。17歳のユウとヨースケは「好きだ」と相手に伝えられなかった。そして17年の月日が流れて、... [続きを読む]

» 『好きだ、』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
瑞々しい独特のトーンが好み。 等身大の2人のキャラクターと会話に共感。 17歳高校生のユウとヨースケ。17年後に再会した34歳のユウとヨースケ。石川寛監督の前作 『tokyo.sora』 が好きだ、 なので、これも観てみた。 こういう日常を描いたシンプルな映画は好きだ、 主人公たちのリアルでナチュラルな話し方と間が好きだ、 ベラベラしゃべるんじゃなくて、こういうポツリポツリの会話が好きだ、 照れ屋さんなところが好きだ、 高校時代の描写が自然でとても瑞々しい。 毎日土... [続きを読む]

« チェコアニメ映画祭2006 Dプログラム | トップページ | 『リバティーン』 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ