« 『緑茶』 | トップページ | 『立喰師列伝』 »

新橋演舞場『五月大歌舞伎』昼の部

今月の新橋演舞場は、中村吉右衛門を中心にした歌舞伎公演。
吉右衛門が、新橋演舞場に歌舞伎で登場するのは、23年ぶりとのこと。
来年以降も、五月に吉右衛門中心の歌舞伎公演が恒例となる予定だそうだ。

一、「ひと夜(ひとよ)」
大正半ば、浅草の長屋が舞台。
日蓮宗の行者田口は、さえない独り者。土用の丑の日は書入れ時で、年に1度だけ酒を飲む日。酔っぱらって寝ている彼だったが、突然、夫の嫉妬に我慢できずに家を飛出して来たおとよという女性を泊めることになる。

女っけが全くないとはいえ、一人暮らしの男のところ女を連れて来た人から、「あいつだったら、大丈夫」と言われてしまうような、侘しい男の田口を歌昇。
芝雀がおとよ。色っぽくもあっけらかんとした女。2人きりで話しているうちに、ふと情が通い合って「連れて逃げて」と頼んでくるような、唐突な激しさもある。
おとよの夫は、活動館の下座をやっている松太郎。信二郎が、甘ったれでわがままなバカ男を、オネェ言葉でコミカルに演じていて面白い。

おとよと松太郎のお騒がせカップルのキャピキャピによって、田口の悲哀が浮き彫りになり、ちょっと切ない幕切れ。

おとよ:芝雀/松太郎:信二郎/田口義道:歌昇

二、「寿式三番叟(ことぶきしきさんばそう)」竹本連中/囃子連中
三番叟が2人というのは、初めて。
翁は歌六、千歳は種太郎。種太郎は、若くてきっちりと踊っている様が、さわやかでマル。

染五郎と亀治郎の三番叟には、眼が釘付けになった。
若さ溢れるという表現がぴったりの溌剌とした踊り。素人ながらも、リズムに乗っていることがわかる、切れのある動き。
2人の動きに乗せられてか、竹本連中たちの音楽も熱い。囃子連中も熱い。
そして、舞台から放出されるエネルギィのようなものに観客たちも巻き込まれて、熱くなっていくのがわかる。三階席だったのだけれど、下の方から、興奮の熱気が立ち上ってきたように感じた。
生の舞台の迫力を実感できて、幸せな気持ち

三番叟:染五郎/三番叟:亀治郎/千歳:種太郎/翁:歌六

三、「夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)」
   住吉鳥居前の場/難波三婦内の場/長町裏の場

盛夏の大阪を舞台に、恩人の息子とその恋人を守るために奔走する人々を描いている。

団七九郎兵衛は恩人への義理を立てるために、その息子の磯之丞と恋人琴浦をかくまっている。団七の舅義平次は、金に眼がくらんで琴浦をさらっていってしまい、追いかける団七と争うことになる。
吉右衛門の団七は、大きくて立派な男だ。そのせいか、舅にやりこめらそうになるところを、嘘をついて琴浦を取り戻し、その嘘をなじられて、最後には舅殺しという大罪を犯すような男にはあまり見えない。
見るからに貧相で卑しい老人の義平次くらい、舅とはいえそれなりにうまくあしらえそうに思えてしまうのだ。
義平次は歌六。イヤラシい老人をきっちり演じているけれど、吉右衛門と並ぶとバランスが悪いのかもしれない。
有名な殺しの場面での、様式的な立回り、さまざまな見得は、さすがに大きく格好よく決めてくれた。

一寸徳兵衛の男勝りの女房お辰の見せ場。釣舟の三婦の女房おつぎから、磯之丞を預かることになったのに、三婦から「色気がありすぎるから若い男を預けるわけにいかない」と断られてしまい、それならと自らの顔に真っ赤に焼けた鉄灸を当てる。これなら色気がなくなるだろうというお辰の侠気に感心した三婦は、お辰に磯之丞を預けることにするのだ。
この男勝りのお辰を福助。老けて作っているのか、出の時から若さも色気も感じられない。美しさが感じられないと、行動に説得力がない。妙に上方っぽい話し方にしているように聞こえて、他の役者たちから浮いているように感じられる。粋でないのだった。

釣舟の三婦の段四郎と、その女房おつぎの吉之丞。この夫婦が、とても良かった。

団七九郎兵衛:吉右衛門/お梶:芝雀/お辰:福助/一寸徳兵衛:信二郎/琴浦:宗之助/磯之丞:吉之助/おつぎ:吉之丞/義平次:歌六/釣舟三婦:段四郎

« 『緑茶』 | トップページ | 『立喰師列伝』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/10192456

この記事へのトラックバック一覧です: 新橋演舞場『五月大歌舞伎』昼の部:

« 『緑茶』 | トップページ | 『立喰師列伝』 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ