« 『カナリア』 | トップページ | 『四月大歌舞伎』夜の部 »

『南極物語』

8below1983年に制作された日本版の『南極物語』にSuggestされてディズニーが作った映画。

日本版『南極物語』は公開時に観た。さすがに詳細を覚えていなかったけれど、公開直前にフジテレビで放映されたので、再確認することができた。ヴァンゲリスの名曲とともに、寡黙な高倉健の立ち姿で雄弁に語る演技に泣かされた。
日本版は実話に基づいていて、犬たちも樺太犬だ。そもそも、日本の南極越冬隊だから、俳優は日本人。犬の自然な動きをドキュメンタリィ風に撮って、ナレーションをかぶせた日本版。そこがリアルで感動できた。

ディズニー版は、犬の演技バリバリだ。
でもでも、犬、特に大型犬は大好き。シベリアン・ハスキーとアラスカン・マラミュートが主演なのだ。観ないわけにはいかないでしょう。

冒頭、雪に埋もれて眠る犬たちが目覚めるシーンからノックアウト。ぶるぶるっと体をふるわせて雪を払う。むくむくの体がキュート。

犬たちの演技は、それは見事なものだった。犬だからセリフは当然ないのに、何を演技しているのかが明確にわかる。犬1頭あたりトレーナが2人ずつついているらしいけれど、トレーナがいる気配は感じられない。
「犬はそんなことやらないでしょ」と思うこともたまにあるけれど、でも、演技している(させられている?)いじらしさを思うと、顔がほころんでしまう。
8頭の犬それぞれを見間違えないようにキャスティングしていることも、さすが。
犬たちの顔や姿をすぐに覚えて、愛情がわいてくる。

南極に犬だけが8頭残される。残してきた人間の後悔の念と、残された犬たちの生き延びるための苦闘。そして、感動の再会という流れのお話。

流れは同じでも日本版とは印象がかなり違う。これくらい違うんだったら、いっそのことディズニーの希望通りに「残された犬の全てが生き残る」ということにしたってよかったのにな。

グリーンランドでロケしたという一面の銀世界。やはり、真っ白な世界をフィルムに閉じ込めることは難しいことが実感される映像。それでも、TV画面 で観た日本版『南極物語』よりは白かった。真っ白く撮ることって、大変なんだろう。青みがかかった氷の世界からは、過酷な眩しさが伝わってきた。

あぁ、やっぱり『スノー・ドッグ』も観ればよかった。

池袋HUMAXシネマズ4にて

監督:フランク・マーシャル
Suggested by the Film : 『南極物語』
出演:ポール・ウォーカー、ブルース・グリーンウッド、ムーン・ブラッドグッド、ジェイソン・ビッグス

EIGHT BELOW  2006  アメリカ

« 『カナリア』 | トップページ | 『四月大歌舞伎』夜の部 »

コメント

すごい、HP、見えているところは、すべて「続きを読む」にされたんですね。
ついでに、すごい、ゴールドなんですね、歌舞伎座カード。
(すいませぬ。本文と関係のない書き込みでm(__)m)

悠さん、こんにちは。
すごいと言っていただけて、やった甲斐がありました♪
試しにやってみたら、全部やらないとバランスが悪くなってしまったので、仕方なくという側面もありますけれど。

歌舞伎会のゴールド資格は、会費を多く払うのではなく、期間中に対象の公演を観た回数ポイントなのです。
結果的にお金を払わせられているので松竹の思うつぼなのですが、一等席とか三等席とかに関係なく回数なので、お得な気がします。どうせ毎月通っているので。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/9753886

この記事へのトラックバック一覧です: 『南極物語』:

« 『カナリア』 | トップページ | 『四月大歌舞伎』夜の部 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ