« 『マンダレイ』 | トップページ | 『カラフルメリィでオハヨ』 »

『四月大歌舞伎』昼の部

April_kabukiバラエティに富んだ4演目。

今月は、空席が目立っている気がして少々さびしい。

一、「狐と笛吹き」北條秀司作・演出 「今昔物語」より
北條秀司の書くセリフが、現代的なのかもしれないけれど、ストレートで少々気恥ずかしい。特に、「愛している」の連発はいただけない。「〜だよ」という語尾も。以前、仁左衛門、玉三郎、勘九郎(当時)の組み合わせで「源氏物語 浮舟」を観た時にも、同じように感じたことを思い出した。

妻を亡くして落胆している笛の楽人・春方が、妻にそっくりな女性ともねに出会うが、実はともねは春方が助けた狐の化身だったという、異類婚姻譚。

福助のともねは出てきた時から色気があり過ぎで、生々しい。春方が忘れることができない妻の面影というなら、もう少し儚い風情であってほしい。自分が狐であることを告白する場面では場内大爆笑になってしまったり、セリフ回しがコミカルな感じがしてしまうのも今ひとつ。
本当の夫婦になってしまうと命を失ってしまうので、悩む2人。ちょっと生々しい濡れ場となって破滅に向かう流れは面白いと思ったけれど。。
梅玉のさっぱりと品の良いニンは春方に合っていて良かった。

春方:梅玉/ともね:福助/秀人:我當

二、「高尾(たかお)」

吉原の遊女を代表する高尾太夫の亡霊が語る、廓のありさまや地獄の責め苦。
荻江節は初めて聞くけれど、かなり静かで地味な印象。歌詞がよくわからなかった。雀右衛門も静かな動きで、あっという間に終わってしまった。

高尾:雀右衛門

三、「沓手鳥孤城落月(ほととぎすこじょうのらくげつ)」
     二の丸乱戦の場/城内山里糒庫階上の場
乱戦の場は、立ち回りが見所。国生が裸武者で、階段落ちをやっていた。小さくてムチムチで、とても目立っていた。
糒庫の場では、芝翫の淀の方が狂っていることがわかりやすい。でも、秀頼の苦悩がそれほど伝わってこなかったり、豊臣家滅亡に向かう緊迫感に薄い気がした。

淀の方:芝翫/豊臣秀頼:勘太郎/千姫:松也/石川銀八:国生/正栄尼:吉之丞/大住与左衛門:信二郎/大野修理之亮:東蔵/大蔵の局:秀太郎/氏家内膳:左團次

四、「関八州繋馬(かんはっしゅうつなぎうま)」近松門左衛門作
それほど期待していなかった演目だったけれど、仁左衛門ファンとしては大満足の華やかな舞踊劇だった。
平将門の遺児たちの怨念が、源頼信やその妻に仇をなすという物語。
魁春が如月姫として登場し、引き抜いて小蝶蜘の本性を現して、蜘蛛の糸を投げる投げる。これはとても盛り上がる。
そして、間狂言として村人たちが登場。玉太郎改め六代目松江の息子の五代目玉太郎が、初舞台のごあいさつ。なかなかしっかりとしていて可愛らしい。

そして、葛城山での大立ち回り。セリから仁左衛門と魁春登場。3階からだったのでセリが上がってくる前から、藍色の隈取りをした仁左衛門の顔を見ることができた。あまりの格好良さに目が釘付け。
立ち回りも大きくて、素敵。双眼鏡でそればかりを見てしまったので、それ以外が目にはいらなかったけれど、ファンなので。。

最後、豪華な出演陣がそれぞれ決まって幕。大満足〜。

如月姫実は小蝶蜘の精実は土蜘蛛の精:魁春/将軍太郎良門:仁左衛門/伊予の内侍:時蔵/源頼平:玉太郎改め松江/里の子梅松:玉太郎/渡辺綱:歌昇/坂田の金時:信二郎/碓氷貞光:松緑/卜部季武:権十郎/里の女小百合:東蔵/里の男荻作:梅玉/里の男藤内:吉右衛門/源頼信:菊五郎

« 『マンダレイ』 | トップページ | 『カラフルメリィでオハヨ』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/9853093

この記事へのトラックバック一覧です: 『四月大歌舞伎』昼の部:

« 『マンダレイ』 | トップページ | 『カラフルメリィでオハヨ』 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ