« 『四月大歌舞伎』夜の部 | トップページ | ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団『カフェ・ミュラー』『春の祭典』 »

『ライフ・イン・ザ・シアター』

Lifeinthetheater市村正親と藤原竜也が初共演。
2人の俳優が演じる、2人の俳優の物語。

劇場を舞台にしたふたり芝居。ベテラン俳優と若手俳優のみという登場人物。
劇場内のさまざまな場所ーー楽屋や舞台袖、舞台の上ーーで交わされる2人の会話。
いろいろな劇中劇をはさみながら、だんだんと変わっていく2人の関係を浮き彫りにしていく。

劇中劇は、舞台セットがそれぞれあるし、衣装もいちいち着替えたりと、かなり豪華。背景絵は世田谷パブリックシアターの客席だった。
舞台を裏側から覗いているということが面白い。セットの裏側で、出るきっかけのセリフを待ってたりとか。

ベテラン俳優ロバートと若手俳優ジョンの世代交代という話しなのかと思っていたけれど、そうでもなかった。

ジョンのロバートへの態度が変化するのは、ロバートが変わったからというよりも俳優としての自信の深さが表れているようだ。次第にロバートへの尊敬の気持ちが薄れ、態度が横柄になっていき、最終的には憐れみのような情をみせる。
ロバートは最初から自信たっぷりというわけではない。若手俳優の若さになんとなく焦りを感じて、自分の行く末を悲観していく。

ロバートは自分の過去、ジョンは自分の未来を、相手の姿に見ているようにも感じられた。俳優の過去と未来の姿を同じ舞台上にみる面白さ。

劇中劇は、この戯曲のオリジナルなのかしらん。これが2人の関係性を表すようなものだったら良かったのにと思う。(実はそうだけど、わたしがわからなかっただけか?)
舞台転換時には、芝居の一場面らしき英語の音声が流される。こちらも何の芝居なのかはわからず。

ラストシーン。誰もいない舞台でロバートが語るセリフの哀愁と寂しさが心にしみた。

チケット取りに乗り遅れ、半ば諦めていた公演。追加席を購入したら、1階最後列に設けられた補助席。
この劇場は、サイドブロックだと見にくいし、段差も少ないので前列に座った人の頭が気になったりもする。
補助椅子はクッションもそれなり。椅子の高さが通常よりも高いものだったし、中央ブロックだったのでとても見やすかった。

世田谷パブリックシアターにて(公演ブログ

作:デイヴィッド・マメット
翻訳:小田島恒志
演出:ポール・ミラー
美術:堀尾幸男
照明:沢田祐二
音響:高橋 巖
衣裳:小峰リリー

ヘアメイク:河村陽子
舞台監督:青木義博

« 『四月大歌舞伎』夜の部 | トップページ | ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団『カフェ・ミュラー』『春の祭典』 »

コメント

三軒茶屋に来られたのですね。
あそこの下のTSUTAYAによく出没しています。
パブリックシアターは一度だけ行ったことがあるのですが、
おもしろい造りをしているなぁと思いました。
ていうか他の劇場をあまり知らないのですがw

現象さん、こんにちは。
あのビルは、現象さんのテリトリィだったのですね。
かなり早く着いてしまったので、TSUTAYA(本屋)で時間をつぶしました。
TSUTAYAが本屋もやっているのを初めて知りました。
パブリックシアターは、奥行きと高さがある劇場だと思います。比較的新しいのに、段差が少なくて見にくい気がします。

テリトリィです。縄張りです。
びあんち号が止まっていたら要注意ですw
ちなみにあそこのレンタルCDは全品視聴ができて、
僕はノリノリで聞きつつ、借りないという。

現象さん、こんばんは。
びあんち号、要チェックですね。
チェレステ色のBianchiをみると現象さんでは?と思ってしまう今日この頃です。
昨日も渋谷でみつけて、しげしげと眺めてしまいました。

近所のレンタル屋は軒並みつぶれてしまいました。
レンタル屋に行く前に、買っただけのDVDやHDDに録画しっぱなしのあれこれを消化しなくては!という状態ではあるのですが、それでもちょっと寂しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/9782956

この記事へのトラックバック一覧です: 『ライフ・イン・ザ・シアター』:

« 『四月大歌舞伎』夜の部 | トップページ | ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団『カフェ・ミュラー』『春の祭典』 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ