« 『僕のニューヨークライフ』 | トップページ | 『怪談 お岩の亡霊』 »

チェコアニメ映画祭2006 Bプログラム

Tylinekチェコアニメの特集上映。監督よりも美術を意識したプログラムだそう。
魅力的な4プログラム全てを観たかったけれど、ちょっと無理なので、とりあえずカバの可愛らしさに心惹かれてBプログラム。

「Repete/反復」94年/9分/カラー
監督:ミハエラ・パヴラートヴァー/美術:ミハエラ・パヴラートヴァー
男と女の間で繰り返される日常の風景のあれこれ。どれも幸せそうでないのは皮肉。ある時、男と女の組み合わせがシャッフルされて、幸せになりそうにみえたけれど、やはり幸せそうでない日常の繰り返しになってしまうのは、更に皮肉。

「Reci, reci, reci /ことば、ことば、ことば」91年/8分/カラー
監督:ミハエラ・パヴラートヴァー/美術:ミハエラ・パヴラートヴァー
カフェに集う人々の会話を視覚化。吹き出しに、色とりどりの言葉のイメージが面白い。形や色に持つ印象って、世界共通のものなのだろう。

「Az na veky /永遠に…」98年/15分/カラー
監督:ミハエラ・パヴラートヴァー、パヴェル・コウツキー/美術:ミハエラ・パヴラートヴァー、ヤン・ティップマン
幸せそうなカップルの結婚式を実写で、結婚後の生活をアニメーションでと、対照的に描いている。う〜ん、複雑ですな。

「Etuda z alba/夫婦生活」87年/4分/カラー
監督:ミハエラ・パヴラートヴァー/美術:ミハエラ・パヴラートヴァー

夫婦生活も、ちょっとしたコツでうまくいきますー。

「Kirzovka/クロスワード」88年/5分/カラー
監督:ミハエラ・パヴラートヴァー/美術:ミハエラ・パヴラートヴァー
クロスワードに夢中な夫と、ベッドで夫を待つ妻。妻のあの手この手の色気攻撃に目もくれない夫がおかしい。

「40 dedecku/おじいさんは40人」62年/8分/カラー
監督:ヴァーツラフ・ベドジフ/美術:ミロスラフ・シュチェパーネク
魔法のポットに入ってしまって、40人に増えたおじいさん。40人という人数で、同じ行動をするというところが笑える。おばあさんにお休みのキスをするのも、40人。いびきをかくのも40人。

ここまでは、セリフがないアニメーション。人生の皮肉をたっぷりと味わうことができた。

「Tulacka pohadka/宿なしルンペンくんの話」72年/13分/カラー
監督:エドゥアルト・ホフマン/美術:ヨゼフ・チャペック(原画)
大金が入ったスーツケースの見張りをフランチシェクに頼んで、自分の帽子を追いかける男。世界中を旅する帽子が、面白い。それにしても、フランチシェクは、人が良すぎる。大金を持っているフランチシェクを疑って、死刑にしようとする裁判所。まぁ、間違いをきっちり謝って終わりなので、よいのだけれど。

「Symbioza/共存」67年/6分/カラー
監督:ズデネック・スメタナ/美術:ズデネック・スメタナ
編み物に没頭する妻に、夫は次第に不満がたまっていくけれど。。編み物のレースが使われているのが印象的。

「Rikadla/わらべ歌」49年/7分/カラー
監督:エドゥアルト・ホフマン/美術:ヨゼフ・ラダ
絵本のページをめくると、歌がはじまって絵が動き出す。チェコのわらべ歌を知ることができるのも、楽しい。

 

「Tylinek /カバのティリーネック」77年/11分/カラー
原案・脚本・監督:リブシェ・パレチュコヴァー/美術:ヨゼフ・パレチェク
カバが可愛いー。川に住んでいるティリーネックは、ボートで通りかかった人間がカバのことを「足が短くて、大きなお腹で、ヴオーヴオーと鳴いているだけ」と言っているの聞いて、カバであることがいやになってしまう。可愛いです。
それで、バラの島に住んでいる《魔法の花》に、違う生き物になる願いをかなえてもらう。魔法をかける時に、《魔法の花》がひらいて、そのの香りを嗅がせるのだけれど、そのひらく様にうっとり〜。香りを嗅ぐティリーネックが、これまた可愛い。蝶になって、鳥になって、魚になって、そして、やっぱりカバがいいや!と思うティリーネック。もう、本当に可愛いのでした。

「Rikani o vile Amalce/アマールカ 森番をやっつけた日」74年/7分/カラー
監督:ヴァーツラフ・ベドジフ/美術:ヴァーツラフ・ベドジフ、ボフミル・シシュカ
森に住む妖精の少女アマールカが、森番に狙われた子鹿を助ける。ラヴリィな童話。

K's cinemaにて(映画情報

REN CORPORATION のサイト

« 『僕のニューヨークライフ』 | トップページ | 『怪談 お岩の亡霊』 »

コメント

こちらはTBが入りませんでしたよ・・・・涙・・・

前半は特に夫婦間の歪を描いたものが多かったですね。
結構、過激?なのもあるけれど、全然嫌らしくないのよね。
アート性が高いからかしらん・・・・・!?

「カバのティリーネック」
ホント、可愛いのよねー・・・
思わずぎゅーーっと抱きしめたくなっちゃうです。ウフッ
カバなんだけど、お顔が何となく人のようでもあったりして、そこがまたイイですね。笑

Puffさん。トラックバックは何なのでしょう!ココログは最近重くて、トラックバックが入りにくいかもしれないみたいです。

カバの可愛さには、まいりましたですよ。
確かに、何となく人みたいでしたね。
カラフルで、可愛い模様が入っていて、本当にキュート!
絵本を買ってしまうかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/10037457

この記事へのトラックバック一覧です: チェコアニメ映画祭2006 Bプログラム:

« 『僕のニューヨークライフ』 | トップページ | 『怪談 お岩の亡霊』 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ