« 『エレンディラ』のチラシ | トップページ | 『理想の女』 »

『灯台守の恋』

ブルターニュ地方の突端にあるウエッサン島の神秘的な美しさに魅せられた。
そして、その静かな風景を舞台に繰り広げられる、大人のラブストーリィにも。

lequipierフランスの“世界の果て”といわれる、ブルターニュ地方のウエッサン島にあるジュマン灯台。カミーユは灯台守だった父と、母と暮らした家を売却するために帰郷した。
そして、両親の秘密が隠された一冊の本を発見する。本のタイトルは「私の世界の果て」著者はアントワーヌ・カッサンディ——

とにかくウエッサン島の神秘的な風景が素晴らしい。広大な荒野、巨大な花崗岩の遺跡などの圧倒的な美しさに息をのむ。ケルト文化を色濃く残している風景は、ケルト人の末裔として結束が固い島民たちの姿に説得力をもたせている。
そして、大西洋の激しい波が荒れ狂い、強い風が吹き付けるジュマン灯台のシーンが凄まじく、そこで働く灯台守の過酷さがリアルに迫ってくる。

そんな風景のなかで展開する大人のラヴロマンスは、ため息がでるほどひっそりと静かなものだった。
1963年。灯台守のイヴォンと妻マベ。島にやってきて灯台守の仲間に加わるアントワーヌ。

無口で荒々しい灯台守イヴォンだけれど、よそ者として拒絶されるアントワーヌを受け入れる懐の深さを持ち、妻への深い愛も心に秘めていることが次第にわかってきて、とても魅力的。イヴォンは、マベのためにこの島へやってきて、過酷な灯台守の任務についたのだ。
そんな男の妻であるマベは、美しく知性的な女性だ。彼女の瞳は静かな情熱をたたえている。

「君は特別な女性だ」なんて言うアントワーヌの、静かな微笑み。彼がマベに向ける瞳は、諦めているようで切ないけれどとても強い。

恋に落ちたことをはっきりと語る台詞はないのに、見つめあう視線が雄弁に語っていた。

ギンレイホールにて(公式サイト

監督:フィリップ・リオレ
撮影:パトリック・ブロシェ
音楽:ニコラ・ピオヴァーニ
出演:サンドリーヌ・ボネール、フィリップ・トレトン、グレゴリ・デランジェール、エミリー・デュケンヌ

L'EQUIPIER  2005  フランス

« 『エレンディラ』のチラシ | トップページ | 『理想の女』 »

コメント

ドモドモー♪
ワタクシ、この映画のレヴューは古いブログの方にupしているので、
コメントのみ入れさせて貰いますね。

この映画、ワタクシ、大・大・大好きな映画なのです!!
古き良きフランス映画のかほりがしますよねー・・・
フィリップ・リオレ監督も好きだし、
サンドリーヌ・ボネールとグレゴリ・デランジェールも好きな俳優さんなのです。
灯台フェチ?でもあるので、あちらの灯台守の生活も興味深かったでした。
灯台、海の中にあってロープで渡して行くのねん・・・・・

Puffさん、こんにちはー♪
Profileで、お好きな映画にあげてらっしゃいましたね。
古いブログの方にupされていたのですね、後ほど読ませていただきます。

本当に、素敵な映画でしたねー。
わたしは、フィリップ・トレトンに持ってかれましたよ。渋かったです。
「灯台フェチ」なんですか? 灯台の映画って、珍しいですよね。
日本では、「喜びも悲しみも幾年月」くらいしか思いつきません。(みてませんが)
あんなに激しい業務だとは想像もつきませんでしたが、その凄まじい自然描写にも心引かれました。
ジュマン灯台に行きたくなってしまいます。

この作品は未見なのですが、
出演している女優エミリー・デュケンヌが強く印象に残っています。
ダルデンヌ兄弟の「ロゼッタ」でロゼッタを演じていました。
貧困や逆境に敢然と立ち向かう孤独な少女を真正面から捉える秀作で、
ガツンと響きました。

現象さん、コメントありがとうございます♪
エミリー・デュケンヌ、若くハツラツとした色っぽい女の子役でした。
この映画では、サンドリーヌ・ボネールの静かで大人な美しさとの対比として、とても魅力的でしたよ。
「ロゼッタ」観たいんですけれど。
上映してくれるのを待っております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/9038639

この記事へのトラックバック一覧です: 『灯台守の恋』:

« 『エレンディラ』のチラシ | トップページ | 『理想の女』 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ