« 『サマータイムマシンブルース』 | トップページ | 『うつせみ』 »

『リンダリンダリンダ』

やっぱ青春っていいよねっ!と素直に思える映画だった。

Linda3 文化祭前日なのに、空中分解寸前のバンド。残ったメンバで、ブルーハーツのコピィをすることにしたが、ヴォーカルがいない。
彼女たちが声をかけたのは、韓国からの留学生。本番に向けて、猛練習の3日が始まる。

文化祭前日のざわついた学校の雰囲気に、高校時代にタイムトリップしたような懐かしさを感じる。準備している時って楽しかったよな、とか思い出す。

で、女子高生たちがバンドをやる。
3日しかないから、「椎名林檎は?」「ムリ!」とか言いながら、ブルーハーツに決定。ヴォーカルいないけど、「ここを最初に通った人にしよう!」とか、結構てきとー。そうして決まったのが、ペ・ドゥナ演じる韓国からの留学生ソン。
言葉がわからないのに勢いでヴォーカルになることをOKしてしまったり、カラオケBOXでの店員とのやり取りなど、韓国人だからなのか、そういう性格だからなのか、ソンはちょっと不思議で面白い。
バンドと出会うことで、友人を持つことができたことを素直に喜んでいることが伝わってきて、かわいい。どうすんの?と思っていた歌も、最後は上手くなってたし。
ガンガンぶつかりながらも前向きな行動が、いいアクセントになっていた。

最初はヒドかった演奏がだんだん巧くなっていって、そして深まっていく絆。
そのあたりの描写が、適度な距離感を持っていて、そんなに甘ったるくないことに好感を持った。
スカートは短くなっても、高校生時代の青いかんじは変わらないと思えて、甘酸っぱい気持ちになれる。

最後は、お約束の試練と、感動のライブ。
ものスゴく上手くなっているのが映画的だけど、ブルーハーツの勢いにのって、「リンダリンダ」と「終わらない歌」を一緒に歌ってしまうエンディング。はっぴ〜!

ベースがなかなかだと思っていたら、"Base Ball Bear”というバンドのベースの子だった。演技もなかなか。淡々としていて良かった。

早稲田松竹にて(公式サイト

監督:山下敦弘
脚本:向井康介、宮下和雅子、山下敦弘
出演:ペ・ドゥナ、前田亜季、香椎由宇、関根史織

« 『サマータイムマシンブルース』 | トップページ | 『うつせみ』 »

コメント

女性の青春物は、結構、面白いですね、スウィングガール、シムソンズ等々。この映画、ドキュメンタリータッチのとこもよかったです。でも、なんといっても、ぺ・ドゥナのキャラがよかった。

昔、高田馬場にある専門学校に通っていて、
早稲田松竹の前もよく歩きました。
だけど1回も行かなかったんですよねぇ。
2番館の雰囲気は好きなんですが、
上映作品はこまめに変わり、
自分の見たいものとスケジュールがなかなか合いませんでした。
「リンダリンダリンダ」はさわやかな作品でしたね。
ペ・ドゥナってそこそこの年齢なのに「女子」を演じきって、
キャラがぴったりだと思えました。

悠さん、コメントありがとうございます。
この映画は、それほど甘ったるくなく女の子たちを撮っていたことに好感を持ちました。
それぞれのエピソードにオチを求めないところとか。
その辺は、ドキュメンタリータッチですよね。
で、わたしもペ・ドゥナが本当によかったと思います。
彼女の存在が、この映画のアクセントでした。

現象さん、こんにちは。いつもありがとうございます。
確かに、上映作品が1週間で変わるので、スケジュールあわせが大変です。早稲田松竹は、場所柄なのか学生っぽい人たちがチラホラ。そして名画座っぽく、おぢさんたちもチラホラ。ちょっと懐かしい雰囲気で鑑賞しました。
『リンダリンダリンダ』は、本当にさわやかでした。
ペ・ドゥナは、可愛かったですねー。ちょっとすっとぼけたような味がとてもよかったです。

なんだか感想がたまってしまっています。
『うつせみ』の感想もこれからです。
落ち着いたら、おじゃましますね。

そうそう、「甘ったるくない」ところに私も、とっても好感を覚えました。
ペ・ドゥナちゃんはホント芝居が上手いですよねぇ。
男の子に告白された時の、彼女の素朴な受け答えには爆笑。
思わず固まってしまった男の子もマヌケでヨカッタですよねぇ(笑)。
しかし関係ないですけど、相変わらずTBが出来ないのはなぜかしら??
この記事とサマータイムマシーンにTBしたいのにぃぃぃ(涙)

ゆっこさん、こちらにもコメントありがとうございます。
一所懸命に韓国語で告白したのに、あっさりと断られてしまって、しかも気づいてないのが、マヌケでかわいかったですね。あの男の子。
ガールズバンドが、ブルーハーツっていうのもなかなか気持ち良かったです。

トラックバックできないのは、どうしてでしょうか?
最近、ココログはメンテナンス後の状況がひどいことになっております。混雑して、記事を書き込むのも一苦労だし。
土、日の昼頃とか、空いてそうな時を狙ってトライしてみていただけますか?
混雑は関係ないかもしれませんけど。

あれれ「うつせみ」はTBできたのに…
記事によってできたりできなかったりするんですかね?
いや、それはないよなぁ。
僕も後日トライすることにします。

というか、できてたw
表示に時間がかかっただけでした。
スミマセン^^;

現象さん、トラックバックありがとうございます♪

トラックバックは、できない時があるみたいです。
どうしてなのか、Niftyに問い合わせてみましたが、
特に制限は設けていないという回答だったんです。
ココログのメンテナンス後、不具合があったり、アクセスしにくくなったりと、よくないことになっております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/9366390

この記事へのトラックバック一覧です: 『リンダリンダリンダ』:

» リンダ リンダ リンダ@シネセゾン渋谷 [ソウウツおかげでFLASHBACK現象]
軽音楽部の女子高生3人が、文化祭でブルーハーツをコピーすることになったがボーカルが見つからず、韓国からの留学生に白羽の矢を立てる。日もわずかとなった舞台に向けて奮闘する彼女たちを描いた、シンプル極まりない映画である。笑いの散りばめ方はさすが山下敦弘だが、カ... [続きを読む]

« 『サマータイムマシンブルース』 | トップページ | 『うつせみ』 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ