« 『二月大歌舞伎』昼の部 | トップページ | 『モーツァルトは子守唄を歌わない』 »

『キング・コング』

ピーター・ジャクソン監督のキング・コングへの愛があふれている。
“美女と野獣”のラヴストーリィ映画。

kingkong3時間を超える長さだけど、さすがに飽きさせない。けど、やっぱりちょっと辛かった。(お尻が)
映画は、3つに分かれている。“航海編”、“髑髏島死闘編”、“NY上陸編”。
“航海編”が案外長い。人物紹介だから仕方ないのか。
主要と思われる人物がたくさんいる。映画監督カール・デナム(ジャック・ブラック)、女優アン・ダロウ(ナオミ・ワッツ)、脚本家ジャック・ドリスコル(エイドリアン・ブロディ)、共演する二枚目男優、監督助手、撮影技師、録音技師など、映画のスタッフたち。そして、船長エングルホーン(トマス・クレッチマン)をはじめとするベンチャー号の船員たち。
債権者に追われながらも、髑髏島での撮影という危険に賭ける監督の理由が、「秘密の地図」1枚というのは、ちょっとどうなの?ではあるけれど。

“髑髏島死闘編”。上陸した島の雰囲気が異常に邪悪。そこかしこに、死体の干物がぶら下がってたり、串刺しになってたり。不気味な遺跡群に圧倒されているうちに、原住民が現れる。これがまた、もの凄く邪悪なヴィジュアル。子供たちは夢に出ちゃうかも。真っ黒に塗られた全身、ほとんど言葉にならないうめき声。

コングの見せる男気が泣ける。自分のところから逃げた女が、三匹の恐竜(「T-REX」が進化した「V-REX」なのだそう)に襲われているところを助け、黙って背中を見せるコング。アンじゃなくても「待って〜!」って言うと思う。そして、自分の孤独な住処へ連れて行き、美しい夕陽をじっと眺めるコング。横顔と背中が男の哀愁を語ってます。これは、女が男に惚れてしまうシチュエイションでは?

一方、アンを助けるために捜索しているドリスコル一行も大変。
ここで、出てくるクリーチャたちが気持ち悪い。巨大な昆虫がぞろぞろ、巨大な芋虫はエイリアンの幼虫みたいだし。そんなのと命がけで戦っているけど、アンは知らないから、ドリスコルは不利だ。

そして、ラスト“NY上陸編”だ。見せ物になっているコングは、逃げ出してアンと再会する。アンに捧げる純情〜!
そんな場合じゃないだろうってくらいに、盛り上がる2人。
美しい朝焼けを眺める2人。そして、訪れる悲しい幕切れ。

アンは、コングを愛したんだろうか?
少なくとも、コングは愛されてると思っただろうから、幸せな結末なのかも。

それにしても、長かった。
意味ありげな船員たちは、あっけなく死んでしまうし。
(ジェイミー・ベルが読んでいた本は、「闇の奥」(コンラッド著)だった。)
でも、コング役にクレジットされたアンディ・サーキスは人間の役もやってて良かったね、と思った。
絶体絶命のピンチを2度も救ってくれる船長も、それだけだったし。
もしや、これもSEE版作るのかしら。

新宿プラザにて(公式サイト

監督/脚本/製作:ピーター・ジャクソン
出演:ナオミ・ワッツ、ジャック・ブラック、エイドリアン・ブロディ、トーマス・クレッチマン、コリン・ハンクス、ジェイミー・ベル、アンディ・サーキス

KING KONG  2005  アメリカ

« 『二月大歌舞伎』昼の部 | トップページ | 『モーツァルトは子守唄を歌わない』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/8584035

この記事へのトラックバック一覧です: 『キング・コング』:

« 『二月大歌舞伎』昼の部 | トップページ | 『モーツァルトは子守唄を歌わない』 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ