« 『THE 有頂天ホテル』 | トップページ | 『ナイト・オブ・ザ・スカイ』 »

『エリ・エリ・レマ・サバクタニ』

絶望を変えることができるのは轟音だけ。
圧倒的な音と美しい映像に身を委ねる映画。

elieli2015年。世界中に蔓延する正体不明の致死ウィルス。そのウィルスは視覚映像によって感染し、感染者は<自殺>という方法で死に至る。メディアはそれを“レミング病”と呼んだ。
富豪のミヤギは、感染した孫を救おうと、発病を抑制する方法を必死に探す。探し当てたその方法は、ある2人の男が演奏する“音”を聴くこと。

浅野忠信と中原昌也が演じるミュージシャンが、音を採集する場面から映画は始まる。風の音、波の音など、自然の中に存在する音を採集し、掃除機のホースなど、モノから音をつくる。彼らがつくりだす音楽は、轟音のノイズ。
希望の象徴であるその“音”をつくり、演奏する彼らの確かな存在感。実際にミュージシャンでもある彼らならではの迫力があった。
ビートがないから乗ることを許さない、ただただ圧倒的なノイズに包まれる。

未来の物語なのに、ちょっと懐かしいようなくすんだ色の美しい映像。
そして、鼓膜が痙攣し、体全体が包まれるような轟音体験。
映画館で体験するべき映画。

シネセゾン渋谷にて(公式サイト

監督・脚本:青山真治
撮影:たむらまさき
美術:清水剛
音楽:長蔦寛幸
出演:浅野忠信、宮崎あおい、中原昌也、筒井康隆、岡田茉莉子、戸田昌宏

Eli,Eli,Lema Sabachthani?  2005 日本

« 『THE 有頂天ホテル』 | トップページ | 『ナイト・オブ・ザ・スカイ』 »

コメント

コメントTBありがとうございました!
これはビデオやDVDで見てしまったら全然あかん作品ですね。
美しい色彩の風景とノイズがこれほど合うとは。
途中で眠くなっちゃったんですけどねw
しかし青山真治も轟音ノイズは眠気を誘うそうで、
これは共感覚なのか知らんと、そう捉えることにしました。

現象さん、こんにちは♪
トランス系の轟音には眠気を誘われるわたしですが、
この映画では、鼓膜が痙攣を起こしてしまって寝るどころではありませんでした。
眠くなる気持ちはよくわかります。
音楽というよりは、ノイズでしたね。
サックスの枯れた音に救われる思いがしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/8858210

この記事へのトラックバック一覧です: 『エリ・エリ・レマ・サバクタニ』:

» エリ・エリ・レマ・サバクタニ@テアトル新宿 [ソウウツおかげでFLASHBACK現象]
自殺願望が湧くウィルスが蔓延した近未来、二人のミュージシャンが奏でる音だけが、発病抑制に繋がる。映像も発想もいかにも青山真治らしい、たむらまさきと仙頭武則とのトリオ5作目。あうんの呼吸だと思われる。 様々な音に音楽を見出す二人。彼らのノイズ、世界を救うと... [続きを読む]

» エリ・エリ・レマ・サバクタニ [オイラの妄想感想日記]
青山真司って面白いものを創る気無いのかね。 語るべきストーリーもほぼ無い。 ネタバレ有りです。 [続きを読む]

» エリ・エリ・レマ・サバクタニ [泥海ニ爆ゼル]
「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」 最近邦画を観ていない。味のある俳優を見たい。一癖ありそうな映画を観たい。そんなマイナー作品欠乏症にかかっていた時にすっ飛んで観にいった作品。浅野忠信を見るのは、「乱歩地獄」以来。「誰がために」観たかった~。監督は「EUREKA」の青山真治。 2015年、世界中に人を自殺に追い込むレミング病という奇病が蔓延していた。ミヤギ(筒井康隆)はレミング病に罹ったハナ(宮﨑あおい)を救うべく、症状を抑制する音楽を作るミュージシャン、ミズイ(浅野忠信)とアスハ... [続きを読む]

« 『THE 有頂天ホテル』 | トップページ | 『ナイト・オブ・ザ・スカイ』 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ