« 『拘束のドローイング9』 | トップページ | 『ジャーヘッド』 »

『二月大歌舞伎』夜の部

jigutianndonn地口行灯が楽しい。(説明は、歌舞伎座サイト内こちら
←写真手前から
「ふのり一わでくいたらねど」
「忍び寄る老いは曲者」
と書いてある。
ちょっと腑抜けた絵も可笑しい。

一、「梶原平三誉石切(かじわらへいぞうほまれのいしきり)」
    鶴岡八幡宮社頭の場

それなりによくかかる演目なので、結構観ている気がする。幸四郎の梶原平三は多分初めて。
主人公梶原は、思慮深くて、すっきり爽やかな捌き役のはずだから、幸四郎はニンではない気がしてしまう。セリフ回しがねちっこい。六郎太夫と梢に情をみせる場面では、逆にデレデレしているように感じてしまった。
六郎太夫の歌六は、これからこういう老け役が回ってくるんだろうと思ってみていた。もう少し、枯れたかんじが良いかも。
配役を把握していなかったので、俣野五郎が愛之助だったのに驚いた。それほどニンではないと思われるのに、憎々しいかんじがなかなか。
この芝居、とても長く感じてしまった。
梶原平三景時:幸四郎/娘梢:芝雀/俣野五郎景久:愛之助/囚人剣菱呑助:秀調/青貝師六郎太夫:歌六/大庭三郎景親:彦三郎

二、「京鹿子娘二人道成寺(きょうかのこむすめににんどうじょうじ)」
    道行より鐘入りまで

女形舞踊の代表的演目「京鹿子娘道成寺」を、2人で踊る趣向。2人とも「花子」というのが、ちょっと変わっている。
二年前に、同じ玉三郎と菊之助の2人で踊った舞台の再演。
花道を菊之助が1人で歩いてきて、後から玉三郎がドロドロ〜とすっぽんから出てくる。1人よりも人間でないかんじが強く、シンクロして踊る姿がとても妖しい。
この2人は、中性的というかあまり生っぽくないところが合っていて、2人並んだ姿がとてもバランスが良いと思った。
そして、手を合わせたりして絡む時、とても妖しい雰囲気を作り出しいてうっとりとさせられる。
菊之助も綺麗だけど、やはり玉三郎が出てきた時にジワがくる。玉三郎のほうが鐘への執着を感じさせてくれて、やはり恐ろしかった。
とにかく、あっと言う間に終わってしまって、もう一度観たいと思わせられる夢のようなひととき。
白拍子花子:玉三郎/白拍子花子:菊之助

三、「人情噺小判一両(にんじょうばなしこばんいちりょう」
若い時に放蕩の限りを尽くして堅気になった笊屋が、浪人の息子を助けた。そして、浪人に同情して、父の形見の一両を渡す。その様子を見ていた侍は、その義心に感じ入り、笊屋を料亭でもてなす。侍が見て見ぬふりをしたことをなじる笊屋。
笊屋の意見を納得した侍は、2人で浪人を訪ねるが…

あらすじは、単純。でも、笊屋の気持ちと、侍の気持ちと、浪人の気持ち、全てが伝わってこないと納得しにくい芝居だから、演じる役者は難しいと思う。
笊屋は菊五郎、侍は吉右衛門、浪人は田之助。役者が揃って、悲劇ではあるが余韻を残す物語になっていた。
懐の深い侍と、酸いも甘いも噛み分けた町人。
吉右衛門と菊五郎の組み合わせが素晴らしかった。
笊屋安七:菊五郎/ 小森孫市:田之助/ 浅尾申三郎:吉右衛門

歌舞伎座にて

« 『拘束のドローイング9』 | トップページ | 『ジャーヘッド』 »

コメント

昨日、見てきました。
時間の都合で「二人道成寺」のみでしたけど、満足しています。
いわいさんのおっしゃる通り、鐘に対する怨念は、玉三郎さんの方が強く感じますよねぇ。
私も見ていて、「怖い」ってゾクゾクしました。
でも、菊ちゃんには今後も意欲的に頑張ってもらいたいです。

こんにちは♪
私は歌舞伎は二度目なんですけど、どちらも玉三郎の演目があってうれしかったです。
玉三郎が出てくると空気が変わると思います。
ところで一つ目の出し物の幸四郎さん、なんだか悪い意味で「他の人と違う」と感じてしまったのですが、それは現代物(テレビ、舞台)によく出ているから感じるだけなんでしょうか?ああいう芸風の方なんでしょうか?
こう申してはなんですが、華があまり感じられなかったような・・・・生意気言ってすみません(汗)

ゆっこさん、こんにちは♪
昼の部の「浮塒鷗」では、色っぽくないよな〜と思っていた菊之助ですが、
「道成寺」では、とても可憐なかんじで良かったです。
玉三郎とのコンビネーションがいいんでしょうね。
菊之助には、もっと色っぽくなってほしいですわ。

ミチさん、こんにちは♪
歌舞伎の舞台での幸四郎については、歌舞伎仲間の間でもかなり話題になっています。ミチさんのおっしゃる通り、悪目立ちしていますよね。
以前から、歌舞伎ではなんかヘン?と感じています。
最近は、「自分なりの工夫」で、セリフや演出などをかなり変更しているみたいで、それが逆に浮いてしまっているという印象があります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/8804325

この記事へのトラックバック一覧です: 『二月大歌舞伎』夜の部:

» 京鹿子娘二人道成寺〜二月大歌舞伎 [まったりインドア系]
歌舞伎にハマったのは、玉三郎さんと勘三郎さんという二人の名役者のおかげ。映画や演劇やバレエは前々から大好きだったけれど、なぜか伝統芸能にはさっぱり興味がわかず、歌舞伎好きの友達に連れられて何度か挑戦しても、退屈して爆睡するばかり。そんな私の歌舞伎に対する苦手意識を一瞬で払拭してくれたのが、数年前に目にした玉三郎さんの『京鹿子娘道成寺』だった。以来、玉三郎さんの『道成寺』は欠かさず見ることにしている。『道成寺』は... [続きを読む]

» 二月大歌舞伎 [ミチの雑記帳]
歌舞伎座で二月大歌舞伎を見てきました。 夜の部の出し物は 「梶原平三誉石切(かじわらへいぞうほまれのいしきり)」 「京鹿子娘二人道成寺(きょうかのこむすめににんどうじょうじ)」 「人情噺小判一両(にんじょうばなしこばんいちりょう)} 一番観たかったのが「娘二人道成寺」 菊之助と玉三郎が二人で白拍子花子を踊るというなんとも豪華な演目。 二人の花子が陰になり陽になり、時には姉妹のようになり踊る様がなんとも素晴らしい! 菊之助の可憐さ、玉三郎のろうたけ... [続きを読む]

« 『拘束のドローイング9』 | トップページ | 『ジャーヘッド』 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ