« 『マサイ』 | トップページ | 1月のまとめ »

『SAYURI』

ハリウッドが全世界に贈る、「豪華絢爛な芸者ファンタジー」だ。

現代の日本人は、多分、アメリカ人と同じように芸者のことを知らないと思う。
それでも、やっぱり何か違うっていいたくなるのは、日本が舞台だと思ってしまうからなんだろう。
おおむね日本が舞台の映画に思えなかったので、楽しくつっこみながら見ることができた。

sayuri冒頭の場面は、日本語で話しているので「もしや、吹替え版だった?」と一瞬びびる。すぐに、英語のナレーションがはいったので安心したけど。
全編セリフは英語といっているのに、時々日本語が使われてるのは、日本へのサービスなのか、“花街”では英語が公用語ってことなのか。戦後になってから、進駐軍の将校とも普通に話しているし。アメリカ人はどう思うのだろう。

ライヴァル芸者初桃のコン・リーが、いきなりコワい。襟抜きすぎっていうにもほどがあるほどに抜いている。肩甲骨が見えてます。この初桃さんは、売れっ子芸者というわりには、退廃的かんじを漂わせていて、なんだか女郎っぽい。女の情念全開といった演技はさすがだけど。芸者の悲哀を感じさせたのは、彼女だけだったかも。

主人公さゆりのチャン・ツィイー。
さゆりの見せ場“華をどり”での踊りは、外国人の持つ美しい日本舞踊のイメージなのだろうか。メイクは真っ白でコワいし、照明が暗くて雪を降らせ過ぎるので、誰だか分からないから、さゆりを“競ろう”としている男たちにアピールしないように思う。体を反らせばいいってもんじゃないだろうに。
好色な男爵に騙されて着物を脱がされちゃう場面は、エロかったかも。着物を脱がせる時の「シュッ」っていう音を効果的に使っていた。

芸者の師匠、豆葉のミシェル・ヨーは、きっぷの良い姐御のおいしい役。
着物も案外似合っていて、格好良い。

これは、女の映画だから、日本人でも目立っているのは女性キャスト。
置屋のおかあさん、桃井かおりはやはり“桃井かおり”。英語でも、桃井かおり節なのがステキ。
工藤夕貴も、終盤のおいしいところをさらっていた。
それにしても、“パンプキン”って名前はありなの?しかも、字幕では“おカボ”だし。爆笑。

オスカーノミネート俳優渡辺謙よりも、役所広司のほうが英語がうまく聞こえるのはなぜなんだろう。
渡辺謙は、ラストサムライと演技が同じように感じてしまった。

多分、これがアメリカ人が考えている“日本の美”なんだろう、と思ってみてた。
着物の着方が腰のところを絞り過ぎのせいか中国っぽくみえてしまうことがあるのは、仕方ないのね。長襦袢でも、色っぽく見えないのはちょっと悲しい。

関係ないけど、エンドクレジットで、チャン・ツィイーは“ Ziyi Zhang”となっていたけど、コン・リーは“Gong Li”になってた。
コンが姓だと思ってたけど、違うの?

新宿ジョイシネマ2にて(公式サイト

監督:ロブ・マーシャル
出演:チャン・ツィイー、渡辺謙、ミシェル・ヨー、役所広司、桃井かおり、工藤夕貴、コン・リー

Memoirs of a Geisha  2005  アメリカ

« 『マサイ』 | トップページ | 1月のまとめ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/8474181

この記事へのトラックバック一覧です: 『SAYURI』:

» 「SAYURI」 [映画通の部屋]
「SAYURI」MEMOIRS OF GEISHA / 製作:2005年、アメリ [続きを読む]

» 『SAYURI』 [京の昼寝〜♪]
不思議な瞳によって、伝説の運命を背負った少女・・・・・・“SAYURI”。 ■監督 ロブ・マーシャル■原作 アーサー・ゴールデン(「Memoirs of a Geisha」)■キャスト チャン・ツィイー、渡辺謙、ミシェル・ヨー、桃井かおり、役所広司、コン・リー、大後寿々花、工藤夕貴□オフィシャルサイト  『SAYURI』 9歳で花街の置屋へ売られた千代は、下女として働いていた。... [続きを読む]

« 『マサイ』 | トップページ | 1月のまとめ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ