« 新しいユーロスペース | トップページ | 『壽 初春大歌舞伎』昼の部 »

『ブレイキング・ニュース』

ユーロスペースが移転して、その後にリニューアルオープンした映画館”シアターN渋谷”。
2005年7月に「香港ノワール・ナイト」で待望のジョニー・トゥ監督作品を観ることができた記念(?)に、大晦日にはこれを観ることにした。

breaking警察と強盗団との銃撃戦からはじまる。ワンカット、ワンシーンの映像は、何がどうなっているのかよくわからないけれど、その分、息詰る臨場感がある。
最近のアクションは、悪人側が持っている武器がものスゴいことになっていて、この映画でも、マシンガンでバスバスと撃たれた車の弾痕がスゴい迫力だし、ロケット砲をぶっ放して逃げて行ったり、もうたいへん。

そこから、マスメディアが絡んで、警察の威信を賭けたショウがはじまる。
ケリー・チャン演じる鼻っ柱が強い美人警視レベッカ。一般市民向けに、見栄えの良い派手な映像を提供する。作戦は強気の一手。命令に答える部下たちの「イエス、マダム!」も納得の太い眉。

対する強盗団のリーダ・ユアンを演じる、リッチー・レン。いつでも余裕を失わない表情が格好良い。

人質家族の部屋で、ユアンと殺し屋チュン(ユウ・ヨン)とが仲良く台所にたつシーンは、男臭さが漂ってステキ。二人の犯罪者が料理をするうちに心が通っていくさまが、さりげなく伝わってくる。
その後の食事シーンでは、人質である小さい息子の正義の眼差しが、犯罪者の哀しさを浮きあがらせる。

ユアンとチュンは、二人とも大陸からやってきた犯罪者という設定なんだけど、それには何か意図があるのかしら。
ユアンの言葉が違うことは何とかわかったけど、ネイティブの人には当然わかるんだろうから、それによって人物設定に何か加わるとか?(深読みかな?)
そのあたりは、外国人にはよくわからないところ。

指揮官の命令なんて完全無視のチョン警部補(ニック・チョン)の熱血には、最後には笑うしかないほど。ものすごい不死身ぶりです。

とにかく、たくさんの登場人物と、それにまつわるエピソードを混乱させることなく語る手腕には、「巧いっ」としか言いようがない。91分という短さも特筆もの。
その分、ちょっと薄いかんじがしてしまうといったら、贅沢なんだろうな。

シアターN渋谷にて(公式サイト

監督:ジョニー・トー
脚本:チャン・ヒンカイ、イップ・ティンシン
出演:ケリー・チャン、リッチー・レン、ニック・チョン、ラム・シュー、ユウ・ヨン、マギー・シュウ、サイモン・ヤム

大事件 2004  香港=中国

« 新しいユーロスペース | トップページ | 『壽 初春大歌舞伎』昼の部 »

コメント

TBありがとうございます。
とっても気に入った映画です。冒頭の市街地での銃撃戦、すごくスリルありましたね。リアルだった。
最近の映画は、長すぎて、だらだらしちゃうことがありますが、どこかの監督さんが「映画は90分じゃ」と言っていたのを思い出しました。(笑) ガッっと観客を掴んで、あれよあれよのうちに終了…というのは、そうめったにないのでは?

あかん隊さん、こんにちは♪
この映画、軽いタッチの割にリアル感ありなところがスゴいと思いました。

最近の映画は、本当に長いですよね。2時間は当たり前って、いつから何でしょう。
>ガッっと観客を掴んで、あれよあれよのうちに終了…というのは、そうめったにないのでは?
そうですよね。「えっ、もう終り?」って思ってしまうような映画って、なかなか出会えない気がします。

いわいさん、はじめまして。
TB&コメントまでいただき、ありがとうございました。
私も91分を最も評価しています(笑)

>チョン警部補(ニック・チョン)の熱血には、最後には笑うしかないほど。
笑えましたよね~
リッチー・レンのクールなかっこよさに隠れてしまいましたが、この彼は結構ツボでした。
結局からまわりで終わっちゃってましたしね!
ユアン、チュン、チョンのエレベーターのシーンも好きでした。

謹賀新年!
TB&コメントありがとうございました。
昨年の東京国際映画祭で観てから、ず〜っと公開を待ちわびていた作品です。今年も『黒社会』や『柔道龍虎榜』を楽しみにしております。
「大陸からやってきた犯罪者」については、現実を反映してのことなのかな? とも思いましたが、どうなんでしょう?

みほさん、こんにちは♪
コメントありがとうございます。
普段は、ニック・チョンみたいな場をかき回す存在は嫌いなんです。
でも、あまりにも一途な熱血に、負けてしまいました。
エレベータのシーンには、じわっときました。

重花丁子さん、あけましておめでとうございます♪
そう、大陸からやってきた犯罪者が香港には多いってことを反映しているのかな、と思いました。
その辺に詳しくないもので、そう考えて良いものなのかどうなのかがわからなかったんです。
一緒に行った人は、「殺し屋といえば大陸から来たっていうことなのかと思った」と、言ってました。(『ワンナイトインモンコック』でも、殺し屋を大陸から呼んでたし)
どうなんでしょうかね。

『黒社会』や『柔道龍虎榜』の公開も楽しみです。

いわいさん、こんばんは。
個人的には冒頭やラストの銃撃シーンよりも、ビル内での、犯人と警察の息詰まる攻防が、すごく印象に残ってます。
緊張感もすごかったですし。
強盗団と殺し屋が手を組むことにより、拡がっていくストーリーは本当に見事でした。
リッチー・レンは、これまでとは全然違う役柄でしたが、すごくクールでカッコよかったです。
殺し屋と心通わしていく様子がすごく好きだったります。

anyさん、こんにちは♪ コメントとトラックバックありがとうございます。
殺し屋さんは、渋かったですよね。
殺し屋との交流は、スパイスとしてよく効いていたと思います。
リッチー・レンははじめてだったんですが、とっても格好良いと思いました。
なるほど、これまでとは全然違うんですね。
要チェックです〜。

こんばんわ!TBありがとうございました。
冒頭のワンシーンワンカットの銃撃戦も素晴らしいくて嬉しくなって
しまうのですが、建物内の緊迫感とそこに挿入される料理を作ることに
よって犯罪者ふたりの友情のようなものができてくるところは絶妙と
しかいえませんよね!
欠点はあるもののツボは外しません!好きな映画です!

rabiovskyさん、コメントありがとうござます。
料理を作る場面。
大げさに言葉をかわすことなく、二人の心が通っていくのがわかる心憎いシーンでしたね。
そう、ツボを外さないところが素晴らしいと思います。

こんばんは!
ジョニー・トーにハマられたのですね???
香港アリ地獄をご堪能くださいませ♪
大陸からの出稼ぎ→犯罪者増加・・・
という背景ももちろんあるんですが、
「ちょっと人情味のある人間」は、香港人より
大陸人にした方がいい・・・
という風潮もあるような気がします。

RINさん、こんばんは♪
昨年は、ジョニー・トゥにハマりましたよ!!
最初のオールナイト4本にはじまり、これと『イエスタディ、ワンスモア』の計6本!
元々、中国映画(大陸ですね)は好きだったのですが、香港映画もみはじめたといったところです。
なるほどぉ。そういう風潮もあるんですね。
参考になります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/8005199

この記事へのトラックバック一覧です: 『ブレイキング・ニュース』:

» 大事件「ブレイキング・ニュース」、テレビでニュースでも見る? [cococo]
渋谷の「ユーロスペース」移転の後、「シアターN渋谷」として再出発した劇場へ。 ユ [続きを読む]

» 【ブレイキング・ニュース】ジャッキー(?)最高! [Fun is ;]
東京では今週末から公開のジョニー・トー監督【ブレイキング・ニュース】を実は少し前に九段会館で観てきました。 私の記事で試写会と言えばこの人! ブラピやチャン・ツィイのジャパンプレミアムを逃し「デキる後輩」の名が廃ると反省していた後輩ちゃんと一緒です。 公式HP 面白かったです! 香港映画独特のふざけてんのか真面目なのか分からない絶妙なさじ加減の映画でした。 香港映画好きの皆さん、師走の慌しさやクリスマスの�... [続きを読む]

» リッチ−・レンNIGHT [宵越しの銭は持たない]
本日はレディースデーにつき、新宿武蔵野館でDJチェン監督『僕の恋、彼の秘密』とジョニー・トゥ監督『ブレイキング・ニュース』を観ようと思っていたンだけど、ジングル・マ監督『シルバーホーク』が今週で終わりだと知り、急遽、『シルバーホーク』と『ブ... [続きを読む]

» 『ブレイキング・ニュース』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
スリリングでクールで息つく間もなくおもしろい。 香港の市街地と高層アパート内での強盗団VS警察の攻防戦。 そして、警察のメディア戦略。冒頭から、緊迫感に包まれる。そして、凄まじい銃撃戦。 それは、7分間のワンカットで展開するから圧巻。 一体何が起こっているのか事情が全然わからないのに 釘付けになってしまうのがジョニー・トー作品の魅力。 浅野忠信風の男に、リーダーは永瀬正敏風。 ミッションには金子賢風や宍戸譲風が出ていたよね。 ケリー・チャンにはちょっと違和感があったけれど、 ... [続きを読む]

» ブレイキング・ニュース [any's cinediary]
メディアを操作せよ 人質は視聴者 <ストーリー>ある朝、香港の市街地で、銀行強 [続きを読む]

» 『ブレイキング・ニュース』(’04 香港) [よんふぁ広場2〜HONDOのつぶやき〜]
f:id:hondo-lee24:20060115145800j:image 本日は、某劇場の業務試写会で観たこの香港アクション作品を。 ある日、香港警察のチョン警部補(ニック・チョン)は、大陸からやってきたユアン(リッチー・レン)率いる強盗団のアジトを発見するが、激しい銃撃戦の末、彼らを取り逃がしてしまう。警察に対する信用失墜の声が叫ばれる中、組織犯罪課の新任指揮官であるレベッカ(ケリー・チャン)は、犯人逮捕までの全てをマスコミを通じてテレビで流すという大胆な作戦に出るのであった。犯人逮捕に執... [続きを読む]

» オトコの条件?「ブレイキング・ニュース」 [凛大姐&小姐的極楽日記!]
みほ副会長が、 「リッチー・レン、一重まぶたライブラリーに追加{/face_zzz/}」 と書かれていましたが、副会長、ストライクゾーンがひろいですしね。 (ヒドイじゃありません、・・・広いです。{/face_ase2/}) 私とは、滅多に趣味がかぶりませんしね。 (レオン・ライが一重か二重か思い出せませんよ{/namida/}) その点は全然期待せずに行きました。 でも・・・。 リッチー・レン・・・カ�... [続きを読む]

» ブレイキング・ニュース [Diarydiary! ]
《ブレイキング・ニュース》 2004年 香港映画 - 原題 - 大事件 - 英 [続きを読む]

« 新しいユーロスペース | トップページ | 『壽 初春大歌舞伎』昼の部 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ