« 『電車男』 | トップページ | 『白夜行』第2部 »

『ロバと王女』

peauシャルル・ペローの童話「ろばの皮」を映画化した、カトリーヌ・ドヌーブ主演の豪華絢爛なミュージカル。
1970年の作品をデジタル修復して、公開している。

童話の世界って、美しいけれど奇妙で残酷でインモラルなもの。カトリーヌ・ドヌーブは、完璧な美しさでその世界を体現している。

宝石を生むロバのおかげで裕福な王国。この国のテーマ・カラーは青。召使いの顔は青く塗られていて、服も青。馬だって青く塗られている。ジャン・マレーが王様。衣装はちょうちんブルマに銀のタイツ、玉座(?)は真っ白な猫型。
お妃が亡くなる時「わたしより美しい女性と再婚して欲しい」という遺言を残したからさぁ大変。そんな女性は、王女ただ一人なのだった。
執事も王室付きの学者も、実の娘である王女との結婚を強力に勧めるのも歪んでいる。
父親である王様から求婚されて困った王女は、リラの妖精に相談する。この妖精が、デルフィーヌ・セイリグ。言動も服装もぶっ飛んでいてステキ。
妖精のアドバイスにより、ロバの皮に身を包んで姿を消す王女。
赤の国の王子と出会って…、とハッピィエンドまっしぐら。

求婚を断るために難題を出すも、次々とクリアされてしまって、王様の愛を受け入れそうになる危うさ。王子と出会って、巧妙に恋を仕掛ける大胆さ。カトリーヌ・ドヌーブは素晴らしいです。
そして、ミシェル・ルグランによる不思議なフレンチポップス。

学者の実験室では赤や青など色とりどりの液体のはいったフラスコから、ボコボコと煙が出てたり、お城の装飾はかなりキッチュ。
王妃の葬式は、一面の雪。そして、球形のガラスが棺で、敷き詰められた赤い花の上に王妃が横たえられている。幻想的に美しい場面。

軽やかに楽しい映画でした。

Bunkamuraル・シネマにて。(公式サイト

監督/脚本:ジャック・ドゥミ
音楽:ミシェル・ルグラン
撮影:ギラン・クロケ
出演:カトリーヌ・ドヌーブ、ジャン・マレー、ジャック・ペラン、デルフィーヌ・セイリグ、ミシュリーヌ・プレール

Peau d'Ane  1970->2004  フランス

« 『電車男』 | トップページ | 『白夜行』第2部 »

コメント

うっとりわくわく素晴らしく楽しい映画でしたねぇ。
もうホント、リラの精にはやられました。
王女からは女の在り方を学び、リラの精からは
女の生き方を学んだような気がしますー

かえるさん、こんにちは。
妖精って 我がままで自分勝手な性格なものだったな、
と思い出させてもらいました。
妖精ルックも超お似合いなところがステキでしたね。
デジタルリマスターに感謝です。

みたびこんにちは!Kenです。
この映画、公開当時以来いちどもビデオ化されていなかったとのことで、あまり期待してなかったんですよ。それがかなり良くてビックリしました。全てがとてもチャーミングなんですよね。このサントラ早速買ってしまいました。
これもなかなか良い!

Kenさん、コメントありがとうございました。

サントラお買いになったんですね。
王女のうたう愛の歌をテキトーな歌詞で口ずさむわたしであります。
わたしも買ってしまいそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/7483998

この記事へのトラックバック一覧です: 『ロバと王女』:

» 『ロバと王女』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
ワンダフル、メルヘンワールド。たのしや、うつくしやー。 デジタルニューマスターよ、鮮やかな色彩をありがとう。めるしー。 宝石を生むロバのおかげで繁栄する青の国で、「私よりも美しい人と再婚を」と王様に言い残して妃が亡くなった。美女探しの末、残ったのは娘の王女で、王は王女に求婚する。 「シンデレラ」「眠れる森の美女」のフランスの童話作家シャルル・ペローの「ロバの皮」が原作。 童話の世界の映像化はファンタジックで大好き。 『ブラザーズ・グリム』のような世界観もおもしろいけど こんな... [続きを読む]

» 【映画】ロバと王女(デジタルニューマスター版) [セルロイドの英雄]
"Peau d'Âne" 1970年フランス監督)ジャック・ドゥミ出演)カトリーヌ・ドヌーヴ ジャン・マレー ジャック・ペラン デルフィーヌ・セイリグ音楽)ミシェル・ルグラン満足度)★★★★☆ (満点は★5つです)ル・シネマにて 美しい王妃を亡くした青の国の王様(ジャン・マレー)は、彼女よりも美しい女性が現れない限り再婚しない、と誓う。家臣達は世界中を探しまわるが、王妃より美しい女性はなか... [続きを読む]

» 「ロバと王女」〜’愛のケーキ’は指輪入り! [お茶の間オレンジシート]
1970年フランス監督/ジャック・ドミー音楽/ミシェル・ルグラン 出演/カトリーヌ・ドヌーブ ジャック・ペラン ジャン・マレー   ミシュリーヌ・プレーヌ デルフィーヌ・セイルグ”青の国”の王(ジャン・マレー)は金銀財宝を生むロバのおかげで大変裕福で、美し...... [続きを読む]

« 『電車男』 | トップページ | 『白夜行』第2部 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ