« 『Jの悲劇』 | トップページ | 『イントゥ・ザ・サン』 »

『12人の優しい日本人』

チケットをゲットできただけでも本当にラッキィだった超人気公演。
少し後ろの席だけれど、PARCO劇場はそれほど大きくないので問題なし。左手ブロック中央通路寄りだったので、かえって見やすかったかも。

yasasiiもしも日本に陪審員制度があったら?という設定で、ある事件の審議に選ばれた陪審員たちの話し合いを描いている。
「無罪」で決着がついてしまいそうなところからはじまり、「無罪」「有罪」どちらなのか、みているほうも考えさせられてしまい、そして納得のエンディングを迎える。

最初から舞台上に12人全員がいるので、それぞれの人物設定を紹介しながら話しがすすんでいくことになる。ちょっとしたエピソードでそれぞれの性格を表現していくのは、さすが三谷幸喜、うまいです。それでも、どうしても流れが拡散してしまっているようなのは、群像劇の宿命か。
話しに求心力がでてきたのは、決定的証拠と思えることが言及され、ほとんどの意見がぐらりと転換してしまった時。このあたりからのたたみかけるような展開には手に汗握ってしまう。
オチもこれしか有り得ないという気持ちのよいもの。

最初のうち一人でがんばって流れを引っ張る生瀬勝久。案外格好良いのね、山寺宏一。小日向文世、理性的でニヒルな役がなにげにおいしい。江口洋介は、格好良いけどちょっと中途半端だったかと。まっすぐキャラの筒井道隆はいっつも同じだけど、こういうのができるのは彼ならでは。

1991年の映画版はみているけど、大筋しか覚えていなかった。
当時「やっぱり日本人は議論にむかないよね」と軽ーく思った気がする。

会場に置いてあった「裁判員制度」のブックレットをお土産にもらってきた。

PARCO劇場にて (公演情報

作・演出:三谷幸喜
美術:堀尾幸男
照明:服部基
衣裳:黒須はな子
出演:浅野和之、生瀬和久、伊藤正之、筒井道隆、石田ゆり子、堀部圭亮、温水洋一、鈴木砂羽、小日向文世、堀内敬子、江口洋介、山寺宏一 (陪審員番号順)

« 『Jの悲劇』 | トップページ | 『イントゥ・ザ・サン』 »

コメント

映画のほうは見ました。
正確に言うとビデオなんですけど。
舞台は普段見ないのですがこれはそそりました。
かなりの倍率だったと思われて羨ましいです。
最初から諦めてしまいました。
舞台にしろ映画にしろ、
登場人物の名前とそのキャラクターの説明って難しいですね。
説明的になりすぎると興ざめしますし。
三谷氏はそういうの長けてそうですね。

現象さん、こんにちは〜。
周りでも取れなかった人の話しばかり聞くので、
本当にラッキィだったと思います。

確かに三谷さんって「あざといまでにうまい」と思います。
「有頂天ホテル」も楽しみです。

やっと、劇場中継@録画をみました。映画@DVDもみましたが、劇場中継の方が面白かった。今回も、「ジンジャエール!!」には笑えました。
映画では、筒井さんの役だれがされたのか忘れてます(^^)

悠さん、こんばんは。
ご覧になったのですね。
我家は、WOWOWに加入していないので未見ですが、
カメラアングルとか気になります。
一発撮りな分、映画よりも臨場感あるかもしれませんね。
わたしは、映画のなかでは豊川悦司しか覚えていません。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/7583239

この記事へのトラックバック一覧です: 『12人の優しい日本人』:

« 『Jの悲劇』 | トップページ | 『イントゥ・ザ・サン』 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ