« 『十二月大歌舞伎』夜の部 | トップページ | 春峯堂のご主人 »

買っちゃったDVD『皇帝ペンギン』

8月のロードショウ公開時にみた『皇帝ペンギン』。
南極の過酷な自然をおさめた映像が素晴らしかったのはもちろんのこと。
そして、撮影時間8880時間というなかから選び抜いただろう、子ペンギンの姿に魅了された。

そもそも我が家は、自然ドキュメンタリィものに弱いんである。
でも、ナレーションや音楽などで過剰にドラマティックに演出するものは大嫌い。
この映画は、親子愛をうたっているので感情的なナレーションでドラマを作っていることを警戒していたが、フランス語でみたのでそれほど気にならなかった。

kouteiというわけで、プレミアム・エディションのDVDを購入。
特典ディスクに収録されている「撮影日誌」(メイキング・ドキュメンタリー)「南極の春」(リュック・ジャケ監督作品 TV用ドキュメンタリー)が、楽しみ。
実は、本編よりこっちのほうに興味あったりする。

この作品は、アメリカでも好評だったと聞いた。アメリカ版はモーガン・フリーマンだけがナレーションをつけているらしい。このDVDにはアメリカ版音声の収録はないので、ちょっと残念。

ちなみに、ギンレイホールで『大いなる休暇』とともに12月30日まで上映中なので、見逃した人は是非。わたしももう1回行きます。(吹替版らしいけど)
全国各地でも続々上映されるのだった。(公式サイト内の劇場情報参照)

常々、猛獣の子供の愛らしさは格別なものだと思っている。ライオン、チーター、ヒョウ、虎、白熊などなど。子ペンギンは猛獣ではないけどモコモコしていて可愛らしい。
ケニアやインドには行ったし、また行きたいけど、南極や北極はムリだと思うので、こういう映画で行った気になろう。

« 『十二月大歌舞伎』夜の部 | トップページ | 春峯堂のご主人 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/7693493

この記事へのトラックバック一覧です: 買っちゃったDVD『皇帝ペンギン』:

« 『十二月大歌舞伎』夜の部 | トップページ | 春峯堂のご主人 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ