« 『ドミノ』をみた | トップページ | 『吉例顔見世大歌舞伎(昼の部)』をみた »

『ベルベット・レイン』をみた

今年は香港映画を積極的に見る年になっているみたい。実際に面白い作品が多いし。
ということで、またまた終映間際のモーニングショウへ。案外混んでいた。

黒社会の大ボス、ホン(アンディ・ラウ)の暗殺計画が流れた夜、彼の片腕レフティ(ジャッキー・チュン)は、配下のボスたちの粛正を指示する。
一方、黒社会でのしあがるために、二人の若者イック(ショーン・ユー)とターボ(エディソン・チャン)は、ある暗殺計画の実行犯となり、夜の街を走る。

メジャー映画デビューとなるウォン・ジンポー監督。
三人のボスが携帯で話しながら歩いていて、レフティが登場するまでの冒頭のシークェンスは格好良いと思ったけど、その後はそれほどでも。少々あざとい印象。
ホンのバストショットがピント甘いのは、何か指示でもあったんだろうか。アップの時は気にならないから、何か意図でもあるのか?よくわからないけど気になった。
ホンとレフティの会話中、舟にでものっているように背景が動くのも、ちょっとやり過ぎかと。笑ってしまった。

それなりには楽しむことができたけど、なんだか消化不良なような。
素材がとてもおいしいだけに、なんだかおしい気がしてしまう。

二組が交わるラストについては、それほど感心できなかった。
過去と現在>ではなくて、<歴史は繰り返す>というオチだったら良かったかもしれないが、そういう流れではなかったからムリだし。

レフティがレストランを出る時に電話でいったセリフが謎。

でも、ホンとレフティがレストランで語るシーンは好き。特に、ホンが「俺を殺せるのはお前だけだ」って言うところ。レフティと一緒にわたしも動揺してしまった。今まで見たアンディのなかで、一番格好良いと思ったよ。

新宿武蔵野館にて。(公式サイト

« 『ドミノ』をみた | トップページ | 『吉例顔見世大歌舞伎(昼の部)』をみた »

コメント

TB&コメントありがとうございました。
そうなんですよねぇ。
素材がいいだけに、ホントに構成・演出の甘さが惜しまれました。
この監督さん、ポスト・ウォン・カーウァイって期待されてるそうだけど、
映像センスは、カーウァイには遠く及ばないと思います。
悪くはないけど、ありきたりなんですよね。
でも、役者4人は好演でした。

コメントありがとうございます。

85分と最近にしては、短い映画だったんですが、
もう少し長くしていれば謎も少なかったのかも。(ダメですかね)

TBが反映されないのはどうしてなんでしょうか??
ブログ間の相性が悪いの?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/6955655

この記事へのトラックバック一覧です: 『ベルベット・レイン』をみた:

» ベルベット・レイン 試写会(九段会館) [MIHOのたわごと]
9月29日(木)19時開演 九段会館大ホール 写真はチラシのものです。 ベルベット・レイン 監督 ウォン・ジンポー 出演 アンディ・ラウ ジャッキー・チュン ショーン・ユー エディソン・チャン 他 香港マフィアのボス(アンディ)に息子が生まれた日に、ボスを暗殺するという噂が流れ 弟分(ジャッキー)は、黒幕を暴くと暗躍する。 一方で、若者二人(ショーンとエディソン)は 上にのし上がっていく為生死をかけた決断と�... [続きを読む]

» インファナル・アフェアのメンバーが出演する「ベルベット・レイン」 [西沢千晶のシネマ日記]
香港映画「ベルベット・レイン」を観た。 映画「ベルベット・レイン」は、アンディー・ラウ、ジャッキー・チュン、ショーン・ユー、エディソン・チャンが出演する香港を舞台にしたマフィア映画で、トニー・レオンがジャッキー・チュンに替わった以外は「インファナル・アフ....... [続きを読む]

« 『ドミノ』をみた | トップページ | 『吉例顔見世大歌舞伎(昼の部)』をみた »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ