« 『吉例顔見世大歌舞伎(昼の部)』2回目 | トップページ | 『奇談』をみた »

『フリークス』をみた

1932年に全米公開され、英国では公開後すぐに上映禁止処分を受けた呪われた映画。『魔人ドラキュラ』(ベラ・ルゴシ主演)のトッド・ブラウニング監督作品が、デジタル・リマスター版として公開された。

舞台はサーカス団。小人のハンスは同じ小人の婚約者フリーダがありながら、空中ブランコ乗りのクレオパトラに夢中。クレオパトラは美しいけれども邪悪な性格の持ち主で、ハンスに貢がせている。そして、ハンスが莫大な遺産を相続したことを知ると、彼と結婚してから毒殺する計画をたてる。結婚を祝うパーティの席で、ハンスに毒を盛るクレオパトラ。病の床に伏せったハンスと仲間たちは、彼女の陰謀に気づき壮絶な復讐を果たす、という結構わかりやすいお話し。

本物のフリークスが出演している。その迫力が凄まじい。
ハンスとフリーダを演じたのは実の兄妹。その他、両腕のない少女、両手両足がない(乱歩の「芋虫」のような)男、腰から下がない男。腰のところで結合したシャム双生児の美人姉妹。とにかく、当時の見世物小屋のスター・フリークばかりだったそうだ。
清楚にハンスを愛するフリーダに比べて、あまりにも邪悪なクレオパトラ。それに気づいたハンスが、クレオパトラのことを怪物(フリーク)と言ったように、いつしかみている方もクレオパトラへの復讐を待つ気分にさせられてしまう。
その復讐シーンは想像以上に恐ろしかった。
そして、映画の冒頭で予告されているモノ。ふぅ。
1時間ちょっとの作品だが、中身がみっしり詰まっていた。

ライズXにて。(公式サイト

« 『吉例顔見世大歌舞伎(昼の部)』2回目 | トップページ | 『奇談』をみた »

コメント

いわいさん、こんにちは!
TBありがとうございました。こちらからもお返ししようとしたのですが、どうもうまく行きませんでした。最近niftyにTBしにくくなっているようなのですが、これはこちらのgooのせいなのかな??
この映画、大昔の作品とは思えないリアルな質感の映画でしたよね。すごく説得力があった。今回観て、なぜ裏クラシックとして残ることができたのかが理解できました。

Kenさん、こんにちは。
面白いと大きい声で言いにくいとは思うんですが、
確かに説得力があって、残っている意味がわかる映画でしたよね。

TBできないのは、Niftyのせいかもしれません。
夜の時間はとても反応が重いみたいです。
申し訳ありません。

こんにちわ!『カリスマ映画論』管理人の睦月です。
いくつかTBさせていただきました。
この作品は古いだけあってフィルムや音響状態があまりよくはなかったですが、リアルなフリークス達の演技と存在感には大変圧倒されました。
なんてことのないストーリーの中に重たいメッセージがあるような気がしてなりません。
これからもよろしくお願いします!

睦月さん、こんにちは。
コメントとTBありがとうございました。
短い映画なのに、中身がたっぷりありました。
いろいろと考えることができるのは、名作の証だと思います。

こちらこそよろしくお願いします。

こんにちは♪
TB、コメントをありがとうございました。

ホント、短いながらも濃い内容でしたね。
フリークスへの偏見、差別、嫌悪感、そして復讐・・・
何だか人間の本質を見せ付けられた、そんな気がします。
昔はキワモノ映画だったかも知れませんが
今はアートな作品ですね。

ではでは、こちらこそよろしくお願い致します~♪

Puffさん、こんにちは。
この映画をスクリーンでみられて良かったと思っています。
多分、今では作ることのできない作品でしょうね。

いわいさん、始めまして。隣の評論家と申します。幾つかTB貼らせて頂きました。
この映画、今年観た中では結構好きな方です。インパクトありましたよね。今回「ライズX」に初めて足を運びましたが、この劇場もなかなか印象に残りますね。
それでは、また遊びにきますのでヨロシクです!

隣の評論家さん、初めまして。
ずーっとみたいと思っていて、やっとみることができた映画です。
わたしもライズXは、これが初めてでした。

こちらこそ、これからもよろしくお願いします〜。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/7329847

この記事へのトラックバック一覧です: 『フリークス』をみた:

» フリークス [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★☆     まさにフリークスたちの恐演 ↓作中の画像などどうぞ。 ↓さらに素敵な出演フリークスたちをどうぞ ... [続きを読む]

» 「フリークス 」 [Puff's Cinema Cafe Diary]
公式サイト ライズX、公開3週間目初回です。 今日は映画サービスデー1000円ですからね、、 用心して1時間前に着いて1番をゲーット! でも、結局数人でしたですよ・・・フ・・・ 映画界において「史上最高」ほど安売りされる言葉はない。 だが、これだ....... [続きを読む]

» 「フリークス<デジタルリマスター版>」 [映画通の部屋]
「フリークスデジタルリマスター版」FREAKS / 製作:1932年、アメリ [続きを読む]

» フリークス [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
題名になっている「フリークス」とは、「畸形、異形」のこと。 今から70年以上前、1932年に公開されたものの、激しい批判を浴び、長く、映画史から抹殺されていたものの、1962年のヴェネチア映画祭で再評価された「幻の映画」を、デジタルリマスターした作品です。 ここに登... [続きを読む]

» DVD「フリークス」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
1932年の作品。 アメリカでの公開時に、失神者が続出し、あるいは妊婦が流産したといったスキャンダラスな話題が続出、全米各州で上映禁止となるなど世界中で一大センセーションを巻き起こした映画史上に残る問題作としてあまりにも有名なこの作品。 以前から、存在は...... [続きを読む]

» オレの精神もフリーク? [何て不敵にオタLIFE]
ようやくフリークス見ました。64分と短い映画ではありましたが、映像的にはかなり貴 [続きを読む]

» 第20回【フリークス】 [A級<C級<Z級]
失神者続出・公開禁止運動・妊婦の流産・フィルムの抹消など、一大センセーショナルを起こした問題作。でも本当に恐ろしいのはフリークス達の姿形ではなく、偏見と欲に目の眩んだ醜い [続きを読む]

« 『吉例顔見世大歌舞伎(昼の部)』2回目 | トップページ | 『奇談』をみた »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ