« 『吉例顔見世大歌舞伎(夜の部)』をみた | トップページ | 『吉例顔見世大歌舞伎(昼の部)』2回目 »

『乱歩地獄』をみた

昨年だったか、新文芸坐の"江戸川乱歩映画特集"にトークショウがついていて、乱歩の孫である平井憲太郎がゲストだった。その時に、この映画の企画について話しがあり、浅野忠信が出るということで大変楽しみにしていた。

短編4作、それぞれ監督が違うオムニバス。

「火星の運河」(監督:竹内スグル)
アバンギャルドな仕上がりで、映画の導入としてとても良い。
音の使い方、フラッシュバックする映像。幻想世界に引き込まれる。
どこかと思っていたが、アイスランド。この世のものではないような風景が美しい。
「鏡地獄」(監督:実相寺昭雄)
ストーリィがわかりやすく、映像のケレンも面白い。このくらいやってもらえると、突っ込みがいがあって、笑えるのでマル。浅野忠信のダンディな明智小五郎。小林少年や、鏡に取り付かれている男・透との眼差しの交換もなんだか妖しげである。(考え過ぎ??)透の成宮寛貴の美青年ぶりもなかなかの熱演。
謎解き時、浅野忠信の棒読み具合も絶妙!
「芋虫」(監督:佐藤寿保)
この作品を映画化しようという気持ちがスゴい。エピソードとかキャラクタを加えているので、オリジナルのグロテスクさは薄まっているかも。
大森南朋の顔がわかりません。この役を受けるなんて、エラい!
「蟲」(監督:カネコアツシ)
浅野忠信が、厭人病者の柾木愛造を怪演。
緒川たまきも冒頭のヘンな踊りから、ヘンな髪型、最後の××まで、みせてくれる。
ユーモアさえ漂うチープな空間で展開される残虐。

エンディングテーマが、妙なかんじの余韻を拡大してくれた。

シネセゾン渋谷にて。(公式サイト

« 『吉例顔見世大歌舞伎(夜の部)』をみた | トップページ | 『吉例顔見世大歌舞伎(昼の部)』2回目 »

コメント

コメント&トラックバックありがとうございました。それぞれ独立した作品でありながらも統一されたトーンであった点に好感が持てました。昨今のオムニバスはそれぞれが主張しすぎて「映画特集上映会」みたいな趣になっているだけに、だと思いますが。
それにしても「蟲」の浅野忠信は絶品です!

まつさん、コメントありがとうございます。
確かに、統一されたトーンを感じました。
プロデューサの手腕でしょうか?

浅野忠信は、ホントに素晴らしかったです。
わたしも、「蟲」がお気に入りです。

またどうも、Kenです!
僕は『鏡地獄』がお気に入りです。鎌倉の風景とか海辺の鏡とかいちいち気が効いているんですよね。
全体に、いつの時代か(おそらく故意に)わからなくしてるのも夢の世界のようで良かったです。
グロいんだけどギリギリスタイリッシュな映画でありました。

Kenさん、コメントとトラックバックありがとうございます。
「鏡地獄」は、さすが実相寺監督ってかんじでした。
夢の世界のような妙な軽さを感じていてそこが好きなところです。
そうですね、グロい映画なんですね。
あまりグロいと思っていませんでした。(にっこり)
最近、グロさに麻痺してしまっているようです。イケナイ、イケナイ。

こんにちは♪
乱歩の世界はクセになりそうなアブなさがありますよね。
私は「鏡地獄」と「蟲」が好みでした。
浅野さんの演じ分けがサイコー!

ミチさん、こんにちは♪
乱歩には一時はまりました。
本棚に並んでいるのは、異なる3社の文庫たち。実家にも分散しているし。。
最近、「浅野忠信ってよいなぁ」と素直に思えるようになりました。
以前は、何だか抵抗があったのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/7298280

この記事へのトラックバック一覧です: 『乱歩地獄』をみた:

» 乱歩地獄 [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  不快感の美学。 [続きを読む]

» 「乱歩地獄」135分の地獄もしくは天国 [soramove]
「乱歩地獄」★★☆ 浅野忠信主、成宮寛貴主演、2005年 竹内スグル、実相寺昭雄、佐藤寿保、カネコアツシ監督 浅野忠信の映画だ。 オダギリジョーが NHKのトップランナーで 役者を目指していた頃 憧れていたと 答えていた。 2人は同じような、ちょっと 変...... [続きを読む]

» 乱歩地獄 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
江戸川乱歩の作品、「火星の運河」「鏡地獄」「芋虫」「蟲」の4話をオムニバス形式でまとめた作品です。 江戸川乱歩の小説世界の魅力は、何と言っても、妖しさ、夢とも現とも思える現実と非現実を彷徨うような不思議さ、人間の心理の奥底に隠されたドロドロした薄暗い欲望、深... [続きを読む]

» 「乱歩地獄」 [映画通の部屋]
「乱歩地獄」製作:2005年、日本 2005.11.23 映画サービスデイ¥1, [続きを読む]

» 【映画】乱歩地獄 [セルロイドの英雄]
2005年日本監督)竹内スグル(『火星の運河』)/実相寺昭雄(『鏡地獄』)/佐藤寿保(『芋虫』)/カネコアツシ(『蟲』)出演)浅野忠信 成宮寛貴 松田龍平 大森南朋 岡元夕紀子 緒川たまき満足度)★★★★ (満点は★5つです)テアトル新宿にて 江戸川乱歩の短編4作品を映画化したオムニバス映画。『火星の運河』 荒野をさ迷う青年(浅野忠信)。彼は、湖の辺で過去の情事を幻覚に見る。『鏡地獄』 次々と変死する、鎌倉のお茶会に参... [続きを読む]

« 『吉例顔見世大歌舞伎(夜の部)』をみた | トップページ | 『吉例顔見世大歌舞伎(昼の部)』2回目 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ