« 『ベルベット・レイン』をみた | トップページ | 『ボーイ・ミーツ・ガール』をみた »

『吉例顔見世大歌舞伎(昼の部)』をみた

kaomise-kabukiza今年も顔見世の季節になってしまった。

昼の部は楽日に再度観劇予定なので、簡単に感想など。

「息子」初めてみる演目。登場人物三人のみの台詞劇。染五郎、信二郎、歌六と役者も十分だけど、もう一つオチがきいていないような。父親が何時「息子」と気づくのか、が見せ場だと思うんだが、今ひとつわからない。

「熊谷陣屋」襲名以来なので本当に楽しみにしていたが、それ以上の素晴らしさだった。義太夫狂言は、ともすれば退屈に感じることもあるけれど、仁左衛門の熊谷直実はハラがよ〜くわかるので、話しの流れにのりやすい。そして、とても豪快でスケールが大きい。三階から観ていて、舞台いっぱいに体が広がっているように感じられた。
そして、雀右衛門の相模。もう素晴らしいの一言。格調高くそして情にあふれてて、泣かされてしまった。
梅玉の義経、秀太郎の藤の方、左團次の弥陀六も、手堅く。
歌舞伎を観る幸せを感じる一幕だった。

「文七元結」幸四郎の世話物ということで何となく不安があったけど、普通に面白い芝居になっていた。秀太郎の角海老女房。やわらかくって大好き。

夜の部で初代鷹之資披露狂言があるので、二階ロビーにお祝い品の展示があった。

« 『ベルベット・レイン』をみた | トップページ | 『ボーイ・ミーツ・ガール』をみた »

コメント

こんばんは、昼の部ご覧になられたんですね。
いいなぁ、私は今月は夜の部のみなんですよ。
今週の日曜日に見てきます。

仁左衛門の「熊谷」やっぱり見たかったなあ(涙)。
これだけは見たいので、どうしようか最後まで迷ったのよねぇ(ため息)。

楽日またご覧になったら、詳細教えて下さいませね。
楽しみにしております。

仁左衛門さまがお好きならば、必見ですわよ。(なんて)
わたしは、楽日まで待てないので、中日あたりで幕見を考えています。
幕見も良いかもですよ。

夜の部は月末に予定しています。
snowflower_001 さんの感想を楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/6972718

この記事へのトラックバック一覧です: 『吉例顔見世大歌舞伎(昼の部)』をみた:

« 『ベルベット・レイン』をみた | トップページ | 『ボーイ・ミーツ・ガール』をみた »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ