« 『ナイト・ウォッチ』をみた | トップページ | 『御園座 吉例顔見世(昼の部)』をみた »

『夢の仲蔵千本桜』をみた

幕が開くといきなり「義経千本桜」の舞台。「鳥居前」「大物浦」「吉野山」のダイジェストが次々と入れ替わり、楽屋がセリ上がってくる、そこまでのスピーディな舞台転換には ぐっと引きつけられるものがあった。
そして、続く楽屋でのやり取り。敵役の中村大吉を演じる市川高麗蔵が、暗い凄みをみせている。大谷友右衛門の河竹新七もなかなか良いかんじ。

松本幸四郎演じる初代中村仲蔵が、森田座の座頭を初めて勤めることになった興行中に、次々と思いがけない事件が起こり、市川染五郎演じる仲蔵の愛弟子の此蔵が謎をといていくが、、とミステリィ仕立て。
「板の上で狂えるのが役者」という、演じることへの執念が伝わってくる仲蔵と此蔵のやり取りが凄かった。

仲蔵が主役かと思っていたら、此蔵だった。(カーテンコールでも最後に出てきてた)
この二人の関係が現実の二人にダブるのはもちろんだが、大部屋俳優が看板役者へとのぼりつめていくという、現実とは逆の設定というのもなかなかスリリング。

冒頭以外にも、劇中劇として「義経千本桜」の場面が何回も出てくるのは、少々疑問。場面の選び方も「どうしてそこなの?」と思ってしまった。「歌舞伎の醍醐味と華やかさ」をねらっているにしても 本筋を中断しているようにしか思えなかった。
「四の切」の染五郎は、多分初役だろうか?狐言葉だということがあまりよくわからないし、狐の仕草も今ひとつだと思ってしまった。
宗之助は、すっきりと情がある静御前になっていると思った。
最後の「碇知盛」は流石の立派さで、舞台を締めている。

(おまけ)
終演後の通路で、幸四郎夫人と染五郎夫人、そして染五郎Jr.が、ご贔屓に挨拶しているのに遭遇。
染五郎Jr.は、まだ赤ちゃんだけど、目鼻立ちがきりりとしていて可愛らしかった。

« 『ナイト・ウォッチ』をみた | トップページ | 『御園座 吉例顔見世(昼の部)』をみた »

コメント

TB&コメントどうもありがとうございました!

>仲蔵が主役かと思っていたら、此蔵だった。

私は初演・再演を見ていないのですけど、
回を追うごとに、幸四郎さんが引き気味になって、染ちゃんを立てるような演出に変化しているようですね。
それだけ、染ちゃんが成長してきていることなんでしょうか。

劇中劇の引用は、私も無駄に多い気がしてギモンだったのですけど、
最後の「すし屋」と「碇知盛」が効果的だったから、まあいいか~という気持ちです(笑)。

TB&コメント、どうもありがとうございます。

わたしも、「すし屋」は良かったと思います。染五郎の権太がみたくなりました。

でも、「碇知盛」については、微妙です。「板の上で狂った」歌舞伎を、実際に見せるのはかなり難しいことだと思うんです。
あそこまで盛り上げられると、もっとすごいものを見せてほしくなってしまうけど、でも、あそこの場面だけでそれを表現するのはムリなのではないか、と。
最後の「碇知盛」は、締めとして悪くなかったとは思いますが、なしですますことはできなかったのか、と考えてしまいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/6463529

この記事へのトラックバック一覧です: 『夢の仲蔵千本桜』をみた:

» 夢の仲蔵千本桜 [まったりインドア系]
「(役者は)狂え、狂え。狂って現(うつつ)を忘れてこそ、嘘が真に変わる」これは冒頭、主人公の初代・中村仲蔵が弟子にダメ出しをするときの台詞で、物語全体を貫くキーワードである。そして、それを松本幸四郎と市川染五郎の二人が見事に体現して見せてくれた。このお話はいわゆる「バックステージ」もの。華やかな表舞台の『義経千本桜』と、楽屋裏で繰り広げられる嫉妬や怨念が渦巻く人間ドラマの対比が見どころである。... [続きを読む]

« 『ナイト・ウォッチ』をみた | トップページ | 『御園座 吉例顔見世(昼の部)』をみた »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ