« 『無米楽』をみた | トップページ | 『芸術祭十月大歌舞伎(夜の部)』をみた »

『芸術祭十月大歌舞伎(昼の部)』をみた

oct_kabuki本日は、歌舞伎座で昼夜通し。

「廓三番叟」華やかで、朝一には良い演目かも。芝雀、亀治郎、翫雀、三人の踊り。傾城よりも新造のほうが色っぽいというのはいかがなものか。亀治郎のお色気に目をうばわれてしまった。太鼓持ちは楽しそうで良いかんじ。

「加賀見山旧錦絵」大姫から信頼されている尾上に言いがかりをつける岩藤。大姫の隼人は、声がひっくり返っちゃうあたりも可愛らしくて、岩藤のことはそりゃあコワいだろうという風になっていた。
でも、岩藤は女形もできちゃう菊五郎なので、あんまりコワくない。上司に可愛がられているキレイな後輩をいじめる先輩OLの"お局さま"といったかんじ。お家転覆を企んでるような大胆さが感じられない。
玉三郎はホントに耐えて耐える尾上。
主思いの元気なお初は菊之助。岩藤に勝利して尾上にたしなめられたり、言動が幼いせいなのか、中性的なかんじ。キレイな女装の男の子みたいなのは、役のせい?
「草履打ち」では、岩藤がそれほどコワくないせいで、その後の「尾上部屋」に続く 死を覚悟するほどの屈辱感が伝わらない。
今回の話しでは、お家転覆の証拠をつかみその信憑性を高めるために死んだように思えた。

この話しって、お初が主役なんだと思った。
松也が求女をやっていて、すっきりした若衆ぶり。立役もどんどんやってほしい。

三階席だったので、尾上の引っ込みをしっかり見ることができなかったのは失敗だった。見ていたら、感想が変わっていたかもしれない。

« 『無米楽』をみた | トップページ | 『芸術祭十月大歌舞伎(夜の部)』をみた »

コメント

昼夜通しですか、お疲れ様でした。
私も先日の土曜日に昼夜通しで見てきたんですよ(笑)。

『廓三番叟』は私も、いわいさんと全く同じ感想です。
傾城よりも亀ちゃんの踊りに魅入っちゃいましたねぇ。
動きにキレがあるし、色っぽいし、
亀ちゃんは、芝居も踊りも上手ですよね。

『加賀見山』の岩藤は何だかコミカルで、確かに怖さはあまり感じませんでしたね。
菊之助のお初は明るく元気いっぱいで、よかったんだか悪かったんだか…正直、判断に迷いました(笑)。
でも、自害を決意した尾上と、何も知らずに無邪気に主人を労わるお初のやり取りは
見事なコントラストで、グッときましたけど。

コメントありがとうございます。

確かに、尾上部屋はよかったです。
お初は、ある程度気づいていて、「忠臣蔵」の話しをしたり、それでも、尾上に促されてお使いに出されてしまうあたりの幼さ、難しい役だと思いました。
わたしも、お初を見送る尾上にグッときました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/6583864

この記事へのトラックバック一覧です: 『芸術祭十月大歌舞伎(昼の部)』をみた:

« 『無米楽』をみた | トップページ | 『芸術祭十月大歌舞伎(夜の部)』をみた »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ