« ユーロスペース | トップページ | 『ミリオンダラー・ベイビー』をみた »

『天保十二年のシェイクスピア』2回目をみた

1回目は2階後方センタ席から、今回は1階右手バルコニィ席。(1回目の感想

全体の印象は変わらないが、観る位置が違うせいなのか、こちらの体制が整っているせいなのか、細かいところを楽しむことができた気がする。

役者たちが楽しそうに演じる様が最初っからびんびんに伝わってくる。
「もしもシェイクスピアがいなかったら(プロローグ)」も、耳に残ってステキ。

で、前回も素晴らしいと感じた木場勝己。パンフレットに書いてある「舞台の進行中に、空気のようにいる方法」を見つけてる。
ふと見ると、「あ、ここでもいる」ってかんじ。

あとは、関八州親分衆。吉田鋼太郎のヘンなメイクと百面相にプルプルと笑ってしまった。黙っている時でも、ヘンな表情をずーっとしているから目が釘付け。

前回は好演だと思った篠原涼子。疲れていたのか、力がはいりすぎているかんじがしてしまってあまり感心できなかった。前で見ると、ドスドス歩いているのが気になったし。でも、ソロで歌うバラード曲では、アイドルコンサートに来たような気持ちにさせてくれたので良しとする。

唐沢寿明に萌えなかったことに気づいた。細くて神経質そうだからかなぁ。"おさち"を好き好きでそれゆえに破滅してしまう、というのがちょっと腑に落ちないかんじだった。

細かいことをいってしまうと、「チャンバラの時の音はなによ」とか、「プロローグの歌以外は、単調で退屈かも」とかあるのだった。
それでもエピローグで、墓場からぞろぞろと死人たちがでてきて、再度「もしもシェイクスピアがいなかったら」を歌い踊られてしまったら、もうそんなことはどうでもよくなってしまう、そんな幸せな舞台だった。

« ユーロスペース | トップページ | 『ミリオンダラー・ベイビー』をみた »

コメント

初めまして!TBさせていただきます。
2回もご覧になられたなんて、羨ましい。
よくチケットが取れましたねぇ。

最初と最後にあの歌をもってくるって、確かに効果的ですよねぇ。
とくに最後は、役者たちも本当に楽しそうに歌っているので、こちらまで幸せな気持ちになりますもんね。

コメントありがとうございます。

長いんだけど、あっという間に終わってしまう舞台でしたよね。
あとでぐったりしてしまうんですけどね。

気づくと あの歌を口ずさんでいる今日この頃です。

昨日、大阪公演見に行って来ました!!!
もの凄く良かったです♪
正直、あんまり物語わからなかったけど唐沢寿明が大好きだったから、初めて生を見れたことに感動でした♪
これをきっかけに原作を読んでみようと思います♪

コメントありがとうございます。

物語がそれほどわからなくても感動することができる、というのは
生の舞台ならでは、ですよね。

この舞台は、理屈抜きで楽しめるものだったと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137003/6372776

この記事へのトラックバック一覧です: 『天保十二年のシェイクスピア』2回目をみた:

» 天保十二年のシェイクスピア・大阪公演 [風知草]
10月30日日曜日,OBPのシアターBRAVA!。井上ひさし氏の戯曲「天保十二年 [続きを読む]

« ユーロスペース | トップページ | 『ミリオンダラー・ベイビー』をみた »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

つぶやき


2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

天気ブログパーツ